206 :名無しさん@おーぷん 2016/03/31(木) 20:03:12 ID:dZA
引っ越しと言えば、ウチの会社に入社予定で会社近くに転居してた新卒の奴が3月に内定取り消しになってたw
既に懇談会や研修もやってて多少なりとも顔見知りができてるから会社の人間とすれ違う事もあるかもね~
そんときどんな顔するんだろうなww



1 :風吹けば名無し 2018/05/23(水) 22:55:55 ID:IquxYQet0.net
10人ぐらいがなんか踊っててたんで「ガンダム!!ガンダム!!!!キエエエエエエエエエエエエ!!!!」って奇声発しながら台無しにしてやったw
クソキモダンスを踊ってたやつら何人かがキレて「おいテメェ!!!」って全力走りにきたんで逃げてやったwwwww
動画撮ってたやついるからどっかで動画あがってるかも
クソざまああいつらwwwwwww


390 :名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月) 18:43:36 ID:ZVE
うちは二人兄弟。何かにつけ長男の兄と差をつけられて育った。
ランドセルも靴も教科書も、服はパンツ以外全部おさがり。お年玉やプレゼントは兄の分のみ。
目が悪くなってもメガネも買ってもらえなくて、友達に頼んで中古のをもらってた。
もちろん度は合わないけどないよりマシだったから。
大学は新聞配達しながら奨学金でなんとか通って、就職してからは一度も実家に帰ってなかった。
でも6年つきあった彼女と婚約することになり、さすがに親に完全に無断はまずいかと
実家に彼女を連れて帰り、両親と兄と俺らとで出前の寿司食った。
両親は終始興味なさそうで、兄の自慢話ばっかしてた。彼女の下の名前すら聞こうとしなかった。
兄は地元の企業に就職し、同じく婚約間近の彼女がいるらしかった。へーへーと聞いて帰宅。
彼女の希望で、式も披露宴もせず半年後に入籍した。
さらに1年後、彼女っていうか嫁が妊娠。親には電話だけしといた。
数日後、兄から電話が来た。


66 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/13(金) 01:16:28 ID:R33LScX9.net
カーチャンの話
数年前、スポ根の箱入り娘が大学時代にスポーツに挫折して初めてのアルバイトを始めました
そこでハゲデブチビのアラフォー店長に目をつけられ、大学まで運動しかしてこなかった娘は甘い囁きにコロッと舞い上がってしまいました
アラフォー店長には障碍を持つ弟、母親がおり、早々に紹介され、結婚しても苦労はさせない、娘には好きな事をして人生を楽しんで欲しいと言われ、なんていい人達だろうとお目目キラキラ
勿論親は反対しましたが娘は頭にお花が咲いていたので聞く耳持たず
するとカーチャンが一度会わせてと言いました
4人でのお食事会を開催しましたが、カーチャンはあんなに反対してたにも関わらず、店長一家を激しくage
素敵なご兄弟をお育てになったお母様素晴らしいですと店長母ageまくりお酒もすすめすすめ
「うちの娘なんか家政婦程度にしか役に立たないんで好きに使ってやって下さい」とかビックリ発言まで飛び出しました
すると店長母、結婚したら同居して家事から障碍弟の介護から全部やって欲しいとか、嫁にもらってやるんだから義実家の為に奉仕するのが当然だとかまさにこれが本音なんでしょうね…酔いも回ってペラペラと
カーチャンは文句どころか、よく言った!とかその通り!とか合いの手入れてノリノリ
帰って放心状態の娘に一言
「結婚、地面にしっかり足付けてもっかいよく考えな」
その後娘はサッサとアルバイトをやめ、店長ともお別れしましたとさ
めでたしめでたし


837 :おさかなくわえた名無しさん 2013/09/15(日) 09:13:40 ID:627n55yb
まとめを見ていて思い出した事を投下。

夜景を見に友人と山まで来て、トイレに行ってる隙に置き去りにされた事があった。
トイレから出たら車が無いからびっくり。
携帯も繋がらなかったし。
舗装された道路と街灯があったのが救いで、2時間程掛けて山を降りた。
家に辿り着くまで、さらに2時間程掛かったけど…
家に着いた時に「つまらなかったから置いてきちゃった」とメールが来た。
「つまらないからと言って置き去りにするなゴラァ」と返したら「ごめんね」ってメール来た。
着拒にしてそれっきり。

野生動物が出なくて良かったと思った(´・ω・`)たまに熊や猿が出没する地域らしいし。昔ばあちゃんに「家の裏手に熊が出て、飼い犬をかっさらっていった」と聞かされて以来熊が怖い。ホント出なくて良かった。


801 :名無しさん@HOME 2016/03/25(金) 10:02:07 0.net
先ほど、長男から嫁の無事の出産の知らせが来た
初孫の誕生に幸せな気分でいっぱい
なんだけど、出産というシビアな事象にクソトメにならぬよう細心の注意を払うところ。ここで恨まれたら大変
本当なら今からでも駆けつけたいところだが…(病院まで車で30分もかからない)
とりあえず、「嫁ちゃんにおめでとうお疲れ様と伝えてね。嫁ちゃんと赤ちゃんの状態が落ち着いたら少しだけ顔を見に行きたいのだけど、嫁ちゃんとちょっと話してみてくれる?疲れてるから無理というならそれでもいい」
と電話で言ったけれど、変な地雷踏んでないか心配だ
自分の時は近居のトメが、今産まれたよーの連絡から30分もせずに飛んできて、さらに入院中もほぼ毎日勝手に来て、なかなか大変だったから、同じことはするまい…


102 :名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金) 19:22:50 ID:Z6x
うちの母方の叔母はニートの長男を飼っていた。
35年飼育したうち20年は学校も行かず働かず、自分の部屋でゲームしてA/V見て
PC買ってもらってからはネットしてネトゲして、なんかいろいろ課金して生きてた。
叔母はそんな長男を口では愚痴るものの、いっさい叱らなかった。
叩きだせと言われても「でもかわいそう」
働かせろと言われても「無理したら長続きしないし」
寮つきの工場にぶち込めと言われても「あの子は温室育ちだから。病気になっちゃう」
とグダグダ。
叔父がけっこう稼ぎがあったのが災いして、ずっと家で飼育し続けてきた。


23 :おさかなくわえた名無しさん 2018/03/09(金) 22:16:50 ID:g2JxG5B4.net
娘達(当時中2と小6)が俺を嫌うようになった時。反抗期か~父親が嫌われるのって本当だったのか‥と、軽くしょげてた。ある日晩飯のときに「パパの隣嫌~、あっちで食べてよ~」とリビングの端っこ指さされた。
さすがに泣きそうになって、押し黙ってたら、
ガッシャーーン!!!とキッチンから嫁が食器をシンクに叩き落とした。

そっから嫁の怒号からの説教アンド説教。
普段ツンデレな嫁が熱く俺の良さを大演説。
その娘であることに感謝しろ!!と締めくくり、娘たち大号泣。俺への冷たい態度はその日でピッタリ止んだ。
あんな衝撃的な日は生まれて初めてだった。
思い出して涙出てきた。文章下手でごめん。
とにかく嬉しかった思い出。嫁ありがとう。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。 2009/09/30(水) 15:42:43
新車を契約した
まぁ俺も買うか今の車を乗り続けるか迷っていたのは事実だが
営業マンが9月決算で破格の条件を提示してきてぐらっと心が揺れた。
俺が決めたことにはいちいち不満を言う妻の性格は知っているので営業マンを妻の3人で話をして
どうするかしつこいくらいに妻に聞く、”わたし解らないから好きにすれば”
この言葉で契約した。
翌日、
もったいない。
そんなに特別気に入ってるわけでもない。
あなたは相談もなく勝手に決めた。
そんな大事なこと何でもっと早く話さないの。
解約出来ないの?。
あなたが電話して断って。と仕事中にメールががんがん入る

確かに俺も迷っていて急に決めたのも事実だがなんだかね・・・
気楽な独身時代に戻りたいよ
ちなみに妻の買い物返品率は50%、子供用品に限っては80%以上
せっかく買い物しても後からグチグチ言うから(俺に対してより商品にケチを付ける)それ以降気持ちよく使うことが出来なくなる。
誕生日プレゼントすら返品させられた事がある。
空気というか人の気持ちをまったく気にしない妻にはうんざり


460 :おさかなくわえた名無しさん 2009/04/22(水) 20:19:04 ID:9t0d+wtU
子供を自転車の後ろに乗せて走っていた。
ぷっぷーとクラクションを鳴らして近づいてくる車があり
「?」と思っていると、若いお兄さんが
「結構手前で、お子さんの帽子飛びましたよ!」と教えてくれた。
自転車に乗る時はヘルメットをさせて、
帽子はゴムを手首にかけて持たせていたのだけれど、
うとうとしていたのと風が強かったのとで飛んでしまったらしい。
「すいません、ありがとうございます!」というと、
「なんも、知らせただけさ~おばちゃんが拾ってくれてたから
お礼はおばちゃんに言って~」と言って去っていった。

急いで来た道を戻ると、50代くらいのおばさまが
帽子を持ってえっちらおっちら走ってくれていた
「すみません、ありがとうございます!
私、車に乗った方から知らせてもらうまで全然気づかなくて…」というと、
「私はいいのよ~どうせこっちに用があって歩いてたんだから~
教えてくれたの○○に乗ったお兄さんだったでしょ?
あの人が知らせてくれなかったら、私は追いつけなかったと思うから
あのお兄さんにありがとうだね~」っと言って去っていった。

幼稚園の帽子でなくしてたら大変だったのですごく助かりました。
二人とも、もう一人に感謝してって同じ事言っていたのが、
さらに心があったかくなりました。

このページのトップヘ