499: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/04(木) 10:54:49.75 ID:D9P+Sr+YK
義父が孫らの為に買ったようだw 

no title



500: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/04(木) 10:56:01.64 ID:qRZZlKoj0
>>499
プラレール的なやつかと思ったら違ったw

501: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/04(木) 11:00:50.18 ID:D9P+Sr+YK
これこれ

流しそうめんマシンが売行き好調につき、巨大化させ......過ぎました!?――玩具メーカーのタカラトミーアーツ(東京・葛飾区)が、
走麺(そうめん)距離(麺が走る距離)5.0メートルにも及ぶ新製品を発売した。
その名も、ウォータースライダー型流しそうめんマシン「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」。
走麺距離3.6メートルの前作マシンが売行き好調だったため、より巨大化させた。社内でも「いくら何でもデカ過ぎるか?」との声も出たそうだが、
「SNS映え」などを考慮し、結果的に「迫力ある自信作」(同社広報)となったと胸を張っている。
麺をワープさせる仕掛けも

今回の新マシンは、本体が高さ76センチ(最高高低差73センチ)、長さ(幅)は最長1.2メートルにも及ぶ。1番上の「頂上水路」から流れ落ちるそうめんは、
すぐにクルクルクルと3回転しながら下降し、一気に直線コースを流れ落ちる。その先では、さらに1回転したうえで、最後の直線へ。
そうめんは、最初の直線コースの下を逆方向に戻ってくる形となる。これで走麺距離は5メートルに達する。
前作の「ビッグストリーム そうめんスライダー」は、2016年6月に発売。走麺距離3.6メートルで、高さ58センチ(最高高低差56センチ)、長さ75センチの本格派だった。発売後ほどなくして売り切れたため、急きょ追加生産したが、それもお盆前には完売してしまった。
そして今年、2017年。より大型化させ、4月27日に発売した。前作より「一回り」大きくしようと開発に着手したが、「一回り以上」大きくなり、社内では、「いくら何でもデカ過ぎるか?」との声も出たという。
しかし、同社広報によると、SNS用の写真に使われる場合の「SNS映え」も追求したり、パーティーなどでの盛り上がりに「よりインパクトを与えられるように」と工夫したりした結果、この大きさに落ち着いたとして「迫力ある自信作」になったという。

世界流しそうめん協会「大人からも『初めてやった』と喜ばれる」

希望小売価格は1万6800円(税別)。部品は25種(約40パーツ)に分かれており、持ち運びできる。購入時の箱は、縦横いずれも44センチ、幅27センチ。プラスチック製のため「重くない」そうだ。
遊び心と実用性を兼ね備えているとして、「世界流しそうめん協会」(京都府井手町)の「公認」も受けている。

引用元: http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1491797363/