875 :1/2 2014/01/19(日) 12:16:03 0
文才ないので簡単に。

俺と兄貴は4歳違いの兄弟。
父親は中小ガテン企業のワンマン社長で、超支配型。
母親はモラハラでヒステリーの猛毒親。

父親に殴られ、母親にモラハラで抑えつけられ、中学生になっても素っ裸で外に立たされる、
裕福なのにわざと修学旅行等の積立金を滞納して恥をかかせられる等々のしつけ?を受けつつ
大学卒業とともに兄貴がトンズラ。
俺も高校卒業とともにトンズラ。

「お互いタヒぬまで親から逃げおおせよう!」と祝杯をあげ、
携帯番号のみを交換して兄弟散り散りに別れた。
それ以後一度も兄貴から連絡はなかったが、便りがないのは元気な印だと思っていた。


876 :2/2 2014/01/19(日) 12:17:19 0
それから8年。

人づてに、兄貴が猛毒両親のもとへ戻り次期社長としてブイブイ言わせていることを知った。
俺と兄貴共通の幼馴染の女の子と結婚し
俺のことを「遺産相続レースに自分からおりるなんて馬鹿なやつ」と嘲笑っているらしい。

そして嫁さんを両親の生贄に差し出して親孝行。
嫁さんと俺を、両親と兄貴共通の敵にして団結し、兄貴はいまや
欲しかった両親の愛と称賛を一手に受けてわが世の春状態だそうだ。


俺が嘲笑われるのはべつにいいんだけど(遠方に住んでるし痛くも痒くもない)
兄貴の嫁さんが犠牲になってるのを知りなんとも言えない心境 ←今ココ。

ちなみに兄貴の嫁さん=おれたち兄弟の幼馴染は
昔から兄貴のことが好きだったので結婚すること自体は妥当。
彼女にとっちゃ好きな男と結婚できたわけだから、たかが弟の俺が口出す筋合いじゃないのかもしれん。
しかし近所でも評判になるくらいのやつれっぷりだそうで、
なんともモヤモヤ…
しかしもう毒親にかかわりあいたくもないし、今となっては兄貴のツラも見たくない。

嫁さんにコンタクトをとってみようかどうか悩むが結論は出ないままだ。
おわり。
877 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:23:44 0
>>876
関わらない方がいいかもね。

関わると、ずるずる関係が濃くなることもあるから。
878 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:25:24 0
うん
かかわらないに一票

兄貴はクソだが、糞の相手しても疲れるだけだよ
879 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:31:05 0
こういうケースもはっちゃけって言うの?
計画的出し抜きはっちゃけ?
883 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:53:58 0
>>879
計画的かどうかは後付けでなんとでも言えるから、結局逃げられなかった自分への言い訳かもしれないよ。
880 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:42:18 0
俺の兄貴みたいな兄貴だな。
882 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:43:44 0
なぜだろう
>>880がすごくホモっぽい
884 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:55:03 0
>>882
アッー
885 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:56:20 0
>>882
ww
>>876
あなたはわずか18歳で逃げた
幼なじみは成人
逃げたきゃ自分で逃げるでしょうよ
881 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 12:43:25 0
幼馴染なら、幼馴染の両親がどんな人かなんてなんとなくわかるものものかと思うけど、
時間と憧れの人とのフィルターがかかって、地獄に飛び込んだんかな。
子供いなきゃいいけどね。
886 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 13:05:29 0
どうしても幼馴染が気になるなら
居場所がバレないようにして家庭板的使用方法を添えた
ICレコーダーでもこっそり贈ればいいと思う

それで幼馴染が動かなければその境遇が幼馴染の選択なんだよ
887 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 13:51:53 0
>>876
連絡取らない方がいいと思う。
全力で頼られるか、全力で敵にされるか
どっちかな気がする。
幼なじみってことは、
その女性の両親が近所に住んでいるだろうし、
女性が小さい頃から見知ってる人々が
手出しできないなら、あなたが何かできる
可能性は少ないと思う。
889 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 16:10:38 0
兄貴大学の学費ちゃっかり取ってる段階でアレ?だよな
894 :名無しさん@HOME 2014/01/19(日) 16:58:00 0
>>875
遺産は縁を切っていてももらえるから、気にしない方が良いよ
親がタヒんだ時に、遺留分をもらったら良いだけの話