衝撃


314 :おさかなくわえた名無しさん 2019/01/25(金) 12:16:20 ID:teKgy+9Q.net
2年前、別居してる親父(定年退職済)が一度コンビニで万引きをやらかして捕まったと母から電話で聞いた。
母がその時は迎えに行って、店に弁償したので、お説教されて終わったという話を聞いた。
そういや高齢者の万引き多いってニュースは聞いたことあったから、親父もそんな年なら気をつけなきゃな、と思った。

その後俺の方から意識的に電話したりするようにはしたけど、その後は別にトラブルもないみたいで、結局電話をかけなくなった。


かけなくなってしばらくしてから、事態が急展開した。
親父がまた別の店で万引きやって、今度は警察に逮捕されたという連絡が入った。連絡したのは国選弁護士で母親じゃなかった。
何とか予定つけて会いに行って、国選弁護士も俺と会ってくれることになった。



187 :名無しさん@おーぷん 2015/09/11(金) 20:12:31 ID:Oc3
伯母が嫁を杀殳したときが修羅場だった。
嫁イビリしてたみたいなんだけど、2人きりでイビってたときに嫁さんが喘息発作起きて、
吸入器を渡して下さいって言われたのに取り上げてそのまま帰ったらしい。
息子を奪って息子に寄生してる嫁が気に入らなかった、って言ってたけど見杀殳しにするって……
っていうか吸入器取って帰ったらほとんど杀殳しだよな……
今まで普通の人だと思ってたけどそれがあってからは宇宙人にしか見えなくなったわ


861 :名無しさん@おーぷん 2015/02/03(火) 18:13:35 ID:9qm
じゃあ私も埋めがてら


神経わからんけど3段構えでむしろ爆笑させてもらった
私は麦茶が好きで、かつカフェインがちょっとだめで
緑茶紅茶コーヒーよりも麦茶をよく飲む

先日魔法瓶が破損してしまい、今日は保温でない水筒に麦茶を詰めて職場に持って行った
保温じゃないので飲む頃には冷えてしまってるので、給湯室にて片手鍋で温めていると
バイトのAさんがやってきて…

A「何作ってんの?」
私「麦茶あっためてんの」
A「麦茶!今真冬だよ!」
私「はあ」

Aさんによると、「麦茶は夏に冷やして飲むもの」であり
「冬に麦茶を飲むなんて非常識極まりない」んだそう
そんなの好みの問題だろうと「(´・ω・`)?」みたいな顔で聞いてるとなぜか段々ヒートアップしてきて
「非常識!」「有り得ない!」「頭おかしい!」と大騒ぎ
なんだか家庭板を思い出して噴きそうになった

なんだなんだと給湯室にやってきたバイトリーダーのBさんに経緯を説明すると

B「Aさんもこう言ってることだしここは謝って……」

とこれまたなぜか私のほうを説得にかかり出した
ここで耐えられなくなりついに噴き出した
頭のなかのビジョンで私が真顔で「冬に麦茶を飲んで申し訳ございません」と深々と頭を下げる記者会見の模様が再生されるのが止まらなくなり、笑い転げた
バカにされてると思ったらしいAさんが顔を真っ赤に膨らませて

「この件は課長に報告するから!」

と言ったので、Aさんから「私さんが真冬に麦茶を飲んでてけしからん!」という報告を受けた課長の表情を想像したら完全にツボに入った
一人でアハハホホホと笑う私の姿はちょっと危ない人だったかも知れない
休暇明けで課長が出勤してくるであろう明日が楽しみです


なお、麦茶は沸騰した


491 :彼氏いない歴774年 2013/10/08(火) 09:51:24 ID:RuJtuuFE
18、9歳くらいの頃、バイト先の気になる男性.Aさんに学園祭に行こうって誘われて
ドキドキしつつも一緒にあちこち見て回ってたんだけど、Aさんが突然

「あそこの受付の子、俺の友達でN子ちゃんっていうんだけど、ちょっと話しかけてみて」
って言ってきて、こちらが戸惑ったら「いいから早く」というので、恐る恐る声をかけたら
その人はN子さんという名前じゃなくて、どういうことなんだろう?って思ってたら

そこにはもうAさんの姿がなかった。もうわけがわかんなくて慌ててAさんを追いかけて
問い詰めたら、「俺さ、最初から学園祭なんて行く気なかったんだよね。」と吐き捨てたように言い、
すたすたと去って行った。何がしたかったのかわからないけど、浮かれてた自分が恥ずかしくなって泣いた。

Aさんの事はちょっと素敵だなくらいにしか思ってなくて、別に付きまとったり声かけたり
ガン見した覚えもないし、付き合いたいなんて考えも全くなかったんだけど、ブスに少しでも好意を持たれたのが
そこまで不愉快だったのかなと。私に嫌われたいがためにここまでするか?と哀しくなった。


513 :彼氏いない歴774年 2013/10/09(水) 20:06:09 ID:IwX63MjT
高校生の頃
長期休暇の国語の宿題で、『一般人の応募作品で作る本』みたいなのに応募することに
当時高校の先生が好きだったデブスな私は、長期休暇で会えない寂しさが爆発してた
国語教師にしか見られないのをいいことに、応募作品にその想いをぶつけて提出

そしたら採用されて、掲載本は全国の書店へ
だけでなく、賞状が学校に届き、全校生徒の前で表彰&校長が作品朗読

あのデブスがあんなの書いたのかwwwとpgrされたのがスレタイ
ちなみに家に掲載本が届き、両親は苦笑いしてた…


18 :おさかなくわえた名無しさん 2018/06/12(火) 11:29:18 ID:7DEmnZml.net
5席くらいの小さなヘアサロンで、となりにぽっちゃりとした50代くらいの、昔は美人だったんだろうな、って山村紅葉風な人が座ってた
担当の若いお兄ちゃん相手に会話も弾んでいたようなんだけど、ある時いきなりキレ始めた

どうやら、髪型だか髪質だかの話で「僕の彼女も◯◯なんですけど」みたいなのが地雷だったらしい
「こういうね、スキンシップを大切にしなきゃならない接客業ではね、お客さんも疑似恋愛を楽しみに来てるって面もあるわけ!」
とか説教してんの
彼目当ての常連ってわけでもなく、初めて来て気に入ったのに、とか、こんなことなら指名料がもったいなかった、とか言ってる
ホットペッパーかなんかで写真でも見て指名したってことなの?
いろいろ怖いわ
ってか、みんなスキンシップも疑似恋愛も求めてないから


882 :1/2 2008/09/20(土) 00:01:37 0
盆前に職場で宿泊券が当たった
有名な行楽地近くのいい旅館

うちで夫に、
「妹はこれからしばらく海外だって。餞別代わりに行ってきていい?」
と相談したら、翌日コトメから電話がかかってきた
「旅行に連れてってくれるってホント?
でもアタシ、義姉ちゃんにつれっててもらうのちょっと気詰まりかな・・・
友達と一緒に行っちゃだめ?」
夫がコトメに言ったらしい
妹って言うのは「私の」妹だ。「連れてってもらう」立場で気詰まりとは何だ(そんな気ないけど)
しかも私のもらった券でコトメとコトメ友達二人で遊びに行くつもりとかありえない
いくらなんでもずうずうしすぎる。そもそもそんなに仲良くないのに。
コトメには、姪のバースデーケーキ横取りしようとしたときも、結婚式準備でもプチDQN返ししたので
さんざん陰口叩いたくせに、今更何を言っているのか、
その面の皮の厚さがわからない
夫に言っても「仕方ないだろーあいつ言い出したら聞かないし」・・・

でもまあコトメも旅行くらい行きたいだろうから、
「コトメちゃん、タダ券じゃなくて、3,000円くらいかかるみたいだよ?
それにちょっと遠いし、古いと思う。それでもいいの?
それじゃ券はお盆前に郵送するね」
とあらかじめ断っておいた


497 :名無しさん@HOME 2019/01/24(木) 23:16:32 0.net
旦那の会社で家族参加OKのイベントがあって行った時
イベントを楽しんでる途中で一人の女子社員が旦那にこそっと手紙のようなものを渡して
「これ誰にも見られないように読んでください」って言ってた
え?何?浮気?何でわざわざ妻がいる今?って動揺して頭ぐるぐるして
「今の何!?」って旦那に手紙見せてもらったら
「奥様のスカートのファスナーが開いています」
ぎゃあああああああ


877 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 18:25:00 ID:x71oOjYO0.net
うちの前は私道なんだけど隣の家の来客が度々駐車してて車が出られない
その都度迷惑だからやめてくださいっていってたんだけど今日隣の人が怒鳴り込んできた
近所は助け合うものだろう、そんな苦情言ってくるのはあんたんとこだけや!だって
正しいこと言ってるのはうちなのに一方的に悪者にされて泣けたわ
私道だから警察は不介入だよね
80オーバーのジジイだから半分ボケてるのかもしれないけど、近所にも悪口バラまかれてメンタルやられそう


493 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/02/19(日) 08:14:26 0.net
子供は渡さないって言ってもめてるんだけど
今までろくすっぽ面倒見てこなくて、子の生年月日やアレルギーも知らない奴が
どうやって面倒見るのよって言ったら「お袋もいるし」だって
は?義母は2つ隣の県にいて高速飛ばしたって3時間はかかるじゃない、
通ってもらうつもりなの?と言ったら「実家なら姉貴もいるし」って
ハァア?さっきっから会話がおかしいんだけど何言ってんだお前と思ったら
子供だけ自分の実家に返すつもりだったらしい。で母ちゃんと姉ちゃんに見てもらうと。
「だってそうしないと無理じゃんw」…

だめだ本当にダメだこいつ。もう本当に何にも分かってない
あまりのアホぶりに目の前が一瞬真っ暗になったよ、泣けてくる

このページのトップヘ