冷めた話・瞬間


210 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/30(月) 22:37:58 ID:H+ohumqw
流れ切ってごめん

とある趣味の集まりで知り合った5歳以上年上の男性.
みんなで集まってる時や、ふたりで会うようになって最初の数回は普通だった
それが、何回目かのデートから、いきなり赤ちゃん言葉(幼児言葉?)を使い始めた

・自分のことを「ぼくちゃん」
・語尾が「でちゅよ」とか「でちゅか」とか
・車を「ぶーぶー」、馬を「おんまさん」とか

最初は冗談かと思って(あんまり面白くないなと思いつつ)愛想笑いしてたけど、
その後何回会ってもふたりだけの時にはその言葉使いを続ける
メールでも使う
段々おかしいと思って、「普通にしゃべってくれませんか」と思い切って言った
そしたら「これがぼくちゃんのふつうでちゅよ~」とニヤニヤ
流石に腹が立って「ふざけないで、真面目に嫌なんですけど」と怒った
それでも「ちょんな~、おこんないでくだちゃい~」
30近い男の行動とは思えなくて、怒りを通り越して気持ち悪くなり、「もう付き合いたくない」と言って帰った

その後、趣味の会にも顔を出さないでいたら、彼から謝罪メール
「貴女が優しい人だったのでつい甘えてしまいました」とか、まともな文で書いてあった
けど「すいません、幼児語を使う貴方を生理的に無理だと感じてしまいました」と返したら
「不快な思いをさせてすいませんでした。もう連絡はしません」と来て、以来連絡はない
そんな感じで、付き合うまでと別れの後は常識的で礼儀正しい人だった
なんで赤ちゃん語だけにこだわったのか良くわからない



514 :恋人は名無しさん 2018/07/06(金) 21:16:54 ID:emR3PDAR0.net
駅前の交差点の信号待ちをしている時に対面の歩道の端っこで警察官相手に叫んでいる人がいた。
警察官は、はいはいみたいな感じで10メートルほど先にある交番に連れて行こうとしていて、信号が青になりみんな普通に渡っていたのに彼氏が怖いから遠回りしようって本気で怖そうな顔で言ったのは少し引いた。
急いでなかったし数分の遠回りしても大したことないんだけど、別に怖くはないだろう


387 :名無しさん@HOME 2010/02/22(月) 23:58:52 0
私が結婚して1年目にウトが急タヒした。
揃って超優良だったウトメはおしどり夫婦。
一人になったトメを心配して、小梨2馬力の我が家で引き取ることになった。
同居してもトメの優良ぶりは変わらず、家事をして、ウトが十分なお金を残してくれていたので月々の生活費まで入れてくれてた。
でも、やっぱり連れ合いを亡くしたトメはショックが大きかったみたい。
1年もたたないうちに体にがたがきて、主に歩行が困難になってきた。
それで近距離にすんでた良コトメ(専業子持ち)が手伝いに来てくれて、二人でトメの介助をしていた。
夫はなにもしなかった。
ある日コトメが急用で、私の帰宅前に自宅に帰ってしまい、私もいつもより帰宅が遅れてしまった。
帰ったら、トメが真っ暗なリビングでうずくまって泣いてた。
周りにはティッシュがいっぱい散らばってた。
トメはお手洗いに行くのに間に合わずリビングで粗相してしまい、慌ててティッシュでふき取ったものの、
動けばリビングを汚してしまうと思って、その場から動けなくなってしまったようだった。
そんなトメを見て私も泣いた。
後始末をして冷たくなった服を着替えをさせる私に、トメは「ごめんねごめんね」といいながら泣いていた。
その夜夫は日付が変わる頃に大トラになって帰宅した。



461 :名無しさん@おーぷん 2017/03/05(日) 12:13:28 ID:wDe
夫が浮気した。相手は娘と3歳しか変わらない10代少女。
発覚する朝まで大好きだったのに、それを知った途端スーっと覚めた。
家出中の女の子と出会うサイトみたいなものがあって、
出張した夜に女の子拾ってホテルに泊まらせて
その日をきっかけにズルズル付き合ってたらしい。
共働きで経済的に困窮してないし離婚はすぐ決意できたんだけど
私の父も義両親も夫を責めず
「若い女!でかした!」な態度だったのが衝撃だった。
怒ってくれたのは実母と夫の姉だけ。
娘は怒るというかひたすら気持ち悪がってた。

夫はすっかり浮気相手の少女にのぼせちゃって
自慢のつもりなのか義実家に連れてきた。
私も娘もいる席に。
(※以下差別的です、すみません)
相手の少女、明らかに知能が正常範囲じゃなかった。
一目見てわかるほど重度じゃないけど、少ししゃべったらすぐわかる。
幼稚園児くらいの子が「あのねーあのねーあのねー…」
って延々たどたどしくしゃべってる、あのしゃべり方。
私もショックだったけどそれ以上に娘がショックを受けてしまったので逃げ帰った。

その後義実家がてのひら返して「戻ってきて」と私にロミオってきたが
夫が離婚する気なこともあり、つっぱねてそのまま別れた。
娘のためにも復縁なんて有り得なかった。
結局なんだかんだで夫とその子は結婚しなかったらしいんだけれど
もう関係ないのでシャットアウトして詳細は耳に入れてない。
余計な余波としては、うちの両親の仲まで悪くなった。
母は私のせいじゃないと言ってくれるが、やはり少し申しわけない。


616 :名無しさん@おーぷん 2014/12/06(土) 23:01:44 ID:aTD
昨日の夜は会社の取引先の接待だった
とっても重要な接待で、先方の部長さんがクセモノ
誰がどんなに努力しても会話が弾まない
怒っているわけではないんだろうけど、
ずっと起こった表情で、一生懸命話しかけても「うむ」と返すだけ

男ばかりの営業部で、課長と部長に助けてくれと頼まれて
事務の私も参加した
ちなみにみんなには内緒だけど、同じ部内に彼氏がいる
部長+課長+営業マン全員(含む彼氏)+私で
社運を賭けた接待に挑んだ

上品な居酒屋と言うか、カジュアルな料亭のような場所で会食
私は先方の部長さんの横でお酌して接待
キャバ嬢のようにニコニコと一生懸命話しかける

過去の接待はずっと仏頂面で、
発する言葉は「うむ」「まあ」「別に」だったらしいけど
横に女が座ってるということで、昨日は少し機嫌がよさそうだったようだ


489 :おさかなくわえた名無しさん 2008/08/17(日) 02:40:10 ID:pvAd022D
彼女が一人暮らししている俺の家に遊びに来たときのこと。

俺は料理が趣味だから彼女が遊びに来たときは料理を作ってご馳走する。
その時はてんぷらを作ってあげて、俺は塩派だから抹茶塩を用意したんだ。
そして抹茶塩を出したら彼女が突然
「ちょっと!なにこれ!カビはえてるよ!」と。
いやいやそれ抹茶塩だから。そんなきれいにカビはえないだろ塩に。
あまりにもな発言だったので最初冗談かと思って
「またまた~wどこにカビが・・ペロッ・・・うおっ!ポクリ」みたいなボケをしてしまったw
そしたら冷えた目で見られたので本気だと気づき、普通の塩もあるからと見せても彼女は信じてくれない。
その後ネットで調べて見せたらやっと納得した(それでも不服そうだった)。

幻滅した。彼女は年上で憧れの人だったから、その教養の無さにがっかり。
ほんと尊敬できる人なのに・・・。あんだけ頭の切れる人なのに・・・。
また理不尽な理由で、俺は不潔だ!みたいに勝手に思われてしまったのも嫌というか。

自分の中のイメージが崩れたのかなんだか冷めてしまいました。長文すいません。


998 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 06:57:56 ID:4/5Z2YwR.net
高校の頃の文化祭の打ち上げでカラオケに行った
普段超大人しい地味な女子、途中まで何も喋らず歌わず、ドリンクを飲んでるだけだったんだけど
「(地味子)さんも歌いなよー!」とマイク渡されて歌い始めたら、知らない曲だったけど超うまい!!
俺的には上手いし、いい曲だったので、知らない曲でも聞いてたかったんだけど
その時、当時付き合ってた彼女が
「この曲なにー?しらなーいw」
「みんな知ってるー?知らないよねぇ?」
「はいっ、じゃあしゅーりょーw」
と言い、サビの途中くらいで演奏停止ボタン押してしまった
地味子はマイクを起き、再び喋らず歌わず…

その当時は、ちょっとワガママで気の強い所もあるけどこんな可愛くていい女他にいない、俺はこの子とずっと付き合っていって
大学卒業して、就職したら結婚するんだと思ってたんだけど
その瞬間スーッと音を立てて冷めた、冷静になると彼女そこまで可愛くなかった

帰りに「あれはちょっとイジワルだったんじゃない?あれはないよ」と注意したら
逆ギレされて口論になった
「だってそんなん、みんなが知らないマイナーな曲歌うのが悪いんじゃん!」
「有名じゃない曲歌いたいならヒトカラでも行けよ!」
「文化祭の打ち上げでみんな楽しんでるのに、空気読めない歌歌うあいつが悪い!」
最終的には「は?お前(地味子)さんの事好きなの!?ブス専かよ!キッメェw」と罵られて終了w
別れた後は彼女に俺が地味子の事好きと言いふらされた


78 :名無しさん@おーぷん 2017/09/11(月) 23:58:24 ID:k6c
就職直後から9年間、「嫁とは何年もレスだし家庭内別居中。離婚秒読み状態。必ず君を幸せにする」
というありがちなセリフを鵜呑みにして妻子持ちの上司と付き合っていた。

上司はすごくモテていたにも関わらず、二人きりの時には「君が一番だ。いい女だ。離さない」と私にぞっこんなのでアホな私は鼻高々。
デートはわざわざ県外へ行き、折半して部屋も借りた。とにかく全てが彼色。
周りが結婚しだしても全く焦らなかった。なんてったって真実の愛(笑)がこの手にあるから。

そうこうしている間に私はアラサー、上司は45歳。深くなったシワも上がらない肩も頻尿ぎみな所も全部愛してた。
愛してたんだけど、ある時白髪の増えた頭を撫でながら ふと
「この髪も皮膚も、何だかんだで帰りを待ってる奥様の手料理で出来ているのよね」
「こいつの唾液も汗もその他もろもろ色んなものも、知らない女の作った飯から出た老廃物なんだよなぁ」
「うわ汚ったね」
そう思い出したらもう止まらない。元々私はそんなに優しくない。幸せそうに私の膝枕にうずまる中年男性.の頭部をゴン!と床に落とし、
「お前さぁ、なんでそんなに年老いてんの?」
って聞いてみた。何かを察した中年男性.、服を着て荷物をまとめて合鍵を置いて出て行った。

その後すぐ退職し、色々どうでもよくなって別の上司と交際0日でスピード婚。
今年で45歳になった夫も、いつかの誰かさんよろしくシワも白髪もあればYシャツも黄ばむ。肩も腰も痛い。
でも可愛くてたまらない。あの頃は若かったなーとしみじみ思う。


681 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/22(金) 23:14:41 ID:ums5fpte.net
当時付き合っていた彼と同棲していた時の事。
当時私が連れてきた猫も一緒だったのだが、その猫がガンに罹った。
猫好きだった彼は最初「治療費は出す」と言ってくれたのだが、実際に半分負担してくれたのは最初だけ、
徐々に症状が重くなり病院へ通う回数が増えると知らんふりするようになった。
元々は自分の飼い猫なので当てにはしていなかったのだが、自分で言い出した事を実行できないのなら
最初から口にしないか一言謝れ、と思った。
一度だけ「治療費出すって言ったのはどうなったのか」と尋ねた事があるが、
「自分は出した!」の一点張り。出来もしない高速無料化をちょっとだけ実行して「実行した!」とほざくどっかの政党と同じ理屈だ。

結局その猫は半年の闘病生活の末、私の腕の中で息を引き取った。
その瞬間彼が「なんにもしてやれなかったぁぁぁぁああああ」と大泣きしていたのだが、
こういう言葉は散々尽力した人が言う事だと思うのだが、本当になんにもしていなかったので完全に冷めた。

このページのトップヘ