嫁との馴れ初め


828 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/14(月) 01:11:21
でき婚させられた。当時、リストラに会い無職の27歳。入籍のみを条件に結婚したけど、疲れた。
元カノからは、結婚式もしない男と幸せに暮らせる訳がないと嫁を擁護する意見。
私なら絶対にあなたと結婚しないとまで言われ、嫁でガマンすべきか悩み中。



145 :素敵な旦那様 2004/07/29(木) 12:55:00
詳細。
嫁は当時学生
おしゃれもせず、でもこぎれいな清潔感のある格好をしていた優等生。
見合いすれば、相手の男より親に気に入られそうなタイプ。
色気全然なーしというか女性だけれど女ではない、みたいな。
いつも本を持ち歩いていて、今時携帯すら持たない、試験はオールA
白と紺を基調とした、しかも膝丈より上のスカートははかない、
オマイは教育実習かよ?若草物語かよ?と思うような
当然男の影はなし、ってか普通声かけられない罠

が、ある時、「今時黒髪もめずらしいな、でも却って新鮮でかわいいよな」
って言ったら目をぱちくりさせて動揺してやがんの
普段成績や素行を評価されてはいても、
男にほめられたり女として評価されることに慣れていないからとまどったんだろうな
いつも通りのはきはきとした受け答えも返ってこず、
化粧もしてない色白な顔真っ赤にして…

あ、こいつかわいいところあるなーと思って見たら、
普段服にばっちり覆われていて気がつかなかったけどいい体してんな、
禁欲的な女も色っぽいな、と、まああれだ、喪服やシスターに萌えるような…ってちがうか
当時俺はセクースに不自由はしてなかったが量ばかりで質か無いなーと思ってたから
こういう男の「お」の字も知らないようなお嬢ちゃん可愛がってやりたいな、と

しかしまあそんな女だから普通に誘ってもダメ、
とにかく二人きりというシチュエーションが全然作れない
大勢で飲み会行っても一滴も飲まない。ウーロン茶飲んでんじゃねえよ(泣)
隣に座ろうにも動き回って皿配ったりゴミ片づけたり。おまえは仲居さんかよ!
しかしお酌して回るようなほかの女を、それまでは気が利くねえと思っていたのが
なんだかあからさまに媚び売ってやんの、と冷めた目でみるようになった


431 :名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金) 13:28:00 ID:Nxp
俺の母親と婚約者が同級生で友人だったこと
母親は継母で俺の一回り上の36歳
親子関係16年目で実母には虐待されてたのに優しくしてくれて姉みたいに思ってた。
後から生まれた妹と同じように親父が他界してからも実子のごとくよくしてくれた良い人

先日職場のお局状態だった婚約者と趣味が合ってお付き合いし婚約ってことで家に挨拶で連れて来たら二人は高校の時からの友人で今でもたまに外で会ってたらしく二人とも固まってた

母「若いの捕まえたって、うちの息子かよ!俺君、もっと若いのにしな!」
婚約者「いや知らなかったんだって!洒落にならないから!私これ逃したらもうアウトだから!」
俺「大丈夫や。何でも腐りかけが美味いんやで」

二人と妹にフルボッコされたけどなんか同居になりそうな勢いで話が進んでる


278 :名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金) 00:34:08 ID:hpn
元嫁との婚姻中に元カノであった今嫁と再会、恋に落ちた。
元嫁と俺は仕事の分野も違うし、共通点など少なかったが、今嫁は同業者&同学部同学歴なので会話も弾み、知的交流の楽しさも味わえた。
元嫁がただのアホに見え煩わしくなり性格の不一致で離婚後、再婚。不倫はさけたかったのでそこは筋を通した。
財産分与のみで慰謝料はなし。今嫁と肉体的な関係は無かったので当然といえば当然だが。

今、元嫁との生活を懐かしく感じてしまう。

同業者との生活は、家に帰っても仕事してるみたいで息が詰まる。
仕事の話をすれば意見の違いでよくもめる。適当な距離を保てない。
共通点が多すぎて同族嫌悪に近い感情も生まれる。

元嫁は俺より収入も低く、教育レベルも少々劣り、仕事レベルも世間的には低いものだったので無意識に見下していたが、
能天気な嫁に助けられていたことが多かったのだと今更気づいた。
勤務時間も短かったので俺より早く帰宅し、家の事を良くやってくれていた。
飯も本当にうまかった。食に関心が低かった俺に食の楽しみを教えてくれた。

今嫁は高収入で才女だが、勤務時間も長く、俺も忙しいので家の中はぐちゃぐちゃ。ほぼ外食。
世帯収入は元嫁といるときの倍に増えたが、貯金はなかなか増えない。

正直、子供に高水準の教育を受けさせたいので、今嫁との子供が欲しいと思い離婚に踏み切ったのだが、
この家庭状況で子供をもったところで、さらに多忙になるだけのような気がする。
俺の選択が正しかったのか分からない。


314 :名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/25(土) 13:09:25
俺「あのー、嫁さんって彼氏いるんですか?」
嫁(ポカーン)
俺「…もし居ないのなら、今度どっか二人で遊びに行きません?」
嫁「あのー、俺さん、私が来春に結婚するって話、知りませんでしたか?」

大卒新人社員の俺、部の忘年会で隣の課の美人のOL(=嫁、2歳上)に
近付いて始めて声を掛けた時の事、

その後嫁は結婚退社した。が、旦那の精子が少ないので妊娠しなかったのに
同居の舅、姑に責められる。旦那一緒になって責める。
これに小姑が加わり、日常生活全般でいびられる毎日。旦那浮気。
ついに切れた嫁は手間はかかったが慰謝料もらって離婚、実家に戻る。
その3ヵ月後、まだ独身だった俺と運命の再会(?)、
嫁から猛アタック、男女の関係になり、知らぬ間に妊娠、責任とって出既婚。

まぁ、良い嫁さんであるが釈然としないものはあるwww


903 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/22(土) 21:51:35
俺「今日はおじさんといっぱい遊ぼうね!」
嫁「嫁ちゃん、ママに捨てられたの?( ;∀;)」

当時、俺27歳、嫁5歳。
俺に預けられる前日、嫁母に怒られて、言う事を聞かない自分は、俺にもらわれたと勘違いしたらしい。
嫁母は当時離婚したばかりで就活中。面接行くのに、どうしても嫁を預ける人がいなくて、ばったり会った同級生の俺に嫁を預けた。
嫁母とは同じ地元だったので、それまでもちょくちょく話したりしてた。
そして、当時の俺は新婚だったし、嫁母に職場もしられていたので、安心して預けれたらしい。


396 :名無しさん@おーぷん 2016/09/10(土) 11:55:32 ID:Bqg
煽られるかもしれないがお互い40代のくせして新婚夫婦。
嫁に初めて会った時「え、なんでこんな人が売れ残って(失礼)たんだ?」と思った。
容姿も性格も平均以上だったし、ちょいオドオドしてる所を除けば常識ある優しい女性だったからね。
言っちゃ悪いが婚活市場で40代は、男女とも難あり物件ばかりだから。
しかし嫁と親しく話すようになって納得した。
嫁は5歳上の兄のお世話をずっとさせられていた。
素人判断でこういうこと言うのはいかんが、多分今なら発達障害の診断が下りてたんじゃないだろうか
忘れ物が多く、片付けられず、落ち着きがなく、知的には正常範囲なんだが
日常生活を支障なく送るのが困難な兄だった。
嫁親は毒じゃないんだが要介護の祖父母がいて、子供たちに手が回らなかった。
自然と嫁が兄の尻拭いをするようになり、兄が交通事故で亡くなるまで続いた。
当時兄40代、嫁30代。
嫁は今でもこの事故に対し「自分が兄から目を離したから」と自責の念を持っている。
目を離したも何も、その時嫁は自宅にいて、兄は十数キロ離れた所で飛び出ししたんだから
俺から見たらまったく責任ないんだがな。

それから数年後、嫁は俺と結婚。
俺は独身歴が長いので身の回りのことはできる。独男スキルだから雑ではあるが、ほっといても生きていける。
嫁はそれを物凄く素晴らしいことのように誉めちぎる。
事あるごとに「あなたは凄い」「何でもできる」「自立してる」「大人だ」「結婚して良かった」
俺が土曜昼にレトルトカレーをあっためてるだけで驚愕する。
だがその反面「本当に私、何もしなくていいの?」と連発する。
俺が明日持って行くものを揃えたり、脱ぎ散らした服を拾ったりしなくていいんでたまに不安になると言う。
どうも嫁父も、兄ほどひどくないが同じタイプだったらしい。
そんな父と兄を30年間見てきたせいで、一人でそこそこやれる俺が聖人に見えると言う。
そして「兄に責められる夢をよく見る」と嫁。
「俺(兄)にしたように、どうして旦那にしてやれないんだ!」と兄が夢で責めるらしい。
だからあまり眠りたくないと嫁は言う。
「お前はもうお世話係しなくていいんだ」となんとかうまい言葉で言って安心させてやりたい。


400 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/21(火) 18:55:25 ID:B0Y7JISrp.net
友達同士の飲み会で知り合った。
帰りの方面がほんのり一緒だったからラーメン行こーってなってライン交換した。
ギャル軍団の一味だったし喫煙者だったしハイボールガンガン飲んでたし
正直あまり興味がなかったけどその日から1ヶ月に2回くらい
飲みに行ったりラーメン食べに行くようになった。

2人で遊ぶ時はいつも雨が降ってたから雨男扱いされてた。
居酒屋で飲んででたら雨が降ってて、濡れて帰るかーwと言ったら、
嫁のバッグから花柄の折り畳み傘が出てきた。
「降ると思ったから持ってきてたんだー」って、俺はその傘を借りて帰った。
(嫁は車で来てて、代行で帰るから雨には当たらなかった)

また別な日に飲んだ時、俺は居酒屋にipodを置き忘れてしまった。
あいにく次の日から福島に出張だったから嫁に頼んだら、宅配便でホテルまで送ってくれた。
その時の宛名の文字がとてもきれいだったのと、ipodと段ボールの隙間にチョコとかのお菓子が入ってた。
今まで気づかなかったけど丁寧な人なんだなって思ったら好きになってた。
出張中頭から離れなくて福島から電話で告白した。


972: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/16(水) 22:02:10.85 ID:aki5b8rQd
よく行く取引先のビルの違うフロアにいた子が嫁 
取引先に行ったときに、急いでいて閉まりかけのエレベーターのボタンを押したらいっぱいだった 
お先にどうぞ。すぐなので階段使います。と譲ってくれた 
申し訳なかったけど急いでいたので、替わってもらった(汗だくで息切らしていたので見ただけで分かったらしい) 

別の日に、偶然エレベーターで一緒になったんだけどその子は6階で降りていった 
階段を使ったら結構な労力だったと思う 
声を掛けて、お礼を言いたかったが、そんな勇気はなかった 
その後も何度かエレベーターで一緒になったりしてたんだけど、勿論声なんか掛けられない



937: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/12(土) 07:47:12.04 ID:qNsDhyMb0
兄の元嫁 
兄がバイク事故で亡くなったあとも実家にいて、親が女っ気が全くない俺との再婚を勧めたのがきっかけ 
兄の元嫁という点を除けば容姿性格ともに完璧なんだけど、流石に実家にいると世間の目があるのでじょうきょうして11年ほど楽しく暮らしている



911: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/09(水) 13:33:08.94 ID:De2zYHHW0
新人研修初日、嫁にいきなりひっぱたかれたのがなれそめ。俺は新人で嫁は教官助手。当然初対面。 
嫁、はきはきして仕事できていつも笑顔で誰に対しても腰が低くて、上司も同期も誰も悪く言わない模範的な社会人 
しかも父親が会社の取締役っていうどこにも文句のつけようのない人だったけど 
あれ、なんかこの人変じゃね?って説明できない違和感感じたのが俺の第一印象だった。 
初日の打ち上げの飲み会で席が対面になって、適当に世間話を振ってみたけどなんか反応が悪い。 
他の人とは普通に話してるのに、俺の時だけ顔が強張って言葉がつっかえる。 
「よくわからんけどそういうこともあるわな」って空のコップにビール注ごうと身を乗り出したら、いきなりビンタされた。 
一瞬空気が凍ってからもう大騒ぎ。同期も上司も何があった?何があった?て凄い勢いで聴いてくるけど、 
何もしてないのにいきなり叩かれた以外に言いようがない。 
嫁は反射的に手が出てしまった、自分でもわからないって泣きながら土下座せんばかりの勢いで謝ってきて 
俺は「女の腕力だから痛くないし痣にもならなかったから別にいいですよ」て言って 
まあ酒が入ってたし色々ストレスもあるんだろうって上司の仲裁が入って、その場で簡単な注意だけで終わった。 
でも以来嫁からはあからさまに避けられるようになり、必要最低限の事務的なやりとりしかしない、 
タイミングによってはそれすらもうまくいかない妙な関係になってしまい 
俺は何も悪くない嫁が一方的に避けてるだけだって嫁本人が公言してくれたおかげで孤立はしなかったけど 
入って早々面倒な人間関係になったなーってちょっとうんざりしてた。



879: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/19(水) 00:18:23.76 ID:myrbUi2j0
自分のことを書いてみる 

嫁さんと出会ったのは会社。男ばかりの職場に面接に来た日に会ったのが初対面。 
現場仕事のうちの会社の求人に、若い女の人が来たのでびっくりした。 
それも普通の体型の、美人の部類に入る人だった。 
第一印象は『気が強そう。生意気そう』だった。 
後々嫁さんに聞いたのだが俺の第一印象は『笑顔が嘘臭い。笑ってるのに目は笑ってない』だった。 
当たってた。 
そんな感じでお互いの第一印象は最悪だった。 

その後入社が決まり嫁さんとは会社のみんなと色んな現場へ行った。 
ある日一緒に作業していた。俺は上で、嫁さんは俺の斜め下で作業していた。 
作業中、俺は材料の破片を下に落としてしまった。その直後に聞こえた『痛っ!』っという嫁さんの声。 
何事かと思って下を見ると落とした材料が嫁さんの腕の上に落ちてしまったらしい。 
真下に落ちたのではなく斜めに落ち、嫁さんに当たってしまったのだ。 
嫁さんはアザが出来やすい体質らしく、すぐに青くなってた。 
下に降りて、ゴメン!と謝ると嫁さんは『もーお嫁に行けなくなったらどーしてくれるんですかー』と笑ってた。 
周りの皆は『女の子傷物にしてからにー』と冷やかしてきた。 
俺は『その時は俺が責任もって貰うわ』と返してた。 

あれから6年、今俺の横で子供二人と嫁さんが寝てます。



870: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/15(土) 12:24:53.21 ID:ASONMsIv0
嫁が友達と出掛けたら、初めて2人で行った喫茶店なくなってた!って連絡が来た。 
あの喫茶店のお姉さんが写真撮ってくれなかったら付き合えてなかったかもしれないので悲しい。 
その話を聞いて、初めて2人で行った店はそこの喫茶店だという認識だったことが凄く嬉しかった。 
最近いろいろあったし、当時のことを思い出したので書いてみる。 

俺の大学の友達で彼女の高校の友達という共通の男友達がいて、俺と友達が一緒に映画を観に行ったところに彼女が一人で来ていた。 
声を掛けられて少し話した。ほぼ地元なので地元着薄化粧だったけどかっこよかったし、20代前半で映画に一人で来るっていうのがかっこいいと思ったのが第一印象。 
別の映画見たんだけど、そのあとに飲みに行ったら、その時彼女がDV男と付き合っていて、別れなきゃと思ってるけど、 
もうなんかこれから先に私のことを好きになってくれる人とかいないかもしれないし、彼のことを嫌いではない、でもこんな風に悩んでる時点で別れるべきで、別れられない自分が嫌いだと言ってた。 
もともと友達から写真見せられたり、話を聞いてていい子だなと思ってたけど、話をしていて本当にいい子だった。 
でも友達が好きなんだろうと思っていたので、友達が幸せにすればいいと思ってた。



862: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/06(木) 13:52:19.25 ID:su7kP502M
常日頃結婚したいって言ってたら知人に紹介されたのが馴れ初め 
会う前、嫁はランチだけでその場でキッチリ断ろうと思っていたらしい 
理由は俺が常日頃から知人に甥や姪がかわいいって話してて子供大好きなのが伝わっていたから 
実は妻は妊娠出産にリスクのある病気と体質で子供は諦めていたらしい 
二人で待ち合わせてランチで話が弾んでその流れでドライブして更に話が盛り上がったその帰り道に 
妻がポツリポツリと病気の事を話しはじめて終る頃には涙で顔がボロボロだった 
淡々と話してたし運転中であまり助手席を見れてなかったからビックリしてしまった 
あとで聞いたら 
実際会ったら俺の事を好きになってしまったからこそ嘘をつけないと思って話したら涙が溢れてきたらしい 
そんな嫁に俺も惚れて子供は要らないから結婚しようって言って結婚したんだが 
昔なかった良い薬が出来てたり 
手術も済ませたりで 
嫁は妊娠出産して今に至る



853: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/05(水) 18:23:03.96 ID:i3Fehs8j0
ウォシュレットが壊れたので書いてみる。 

俺は痔だった。 
痔のせいで両親と妹から絶縁を言い渡された。 

大学に入るのと同時に家を出て、そこで出会ったのが嫁だった。 

夏の暑い日に、コンクリの上で友人と数人で涼んでいた俺達に、誰可が声をかけた。 

「コンクリの上に座っていると痔になるよ」 

その時の俺のリアクションで、嫁はピンと来たらしい。 

それから、何かと俺との距離を詰めてくる嫁。 
二人の距離は縮まるが、男女の関係にはならなかった。 

俺には痔によるトラウマがあって、ある種の人間不信になっていたからだ。 

そんな関係を一年以上続けて、嫁の誕生日に、嫁の部屋に招待された。 

俺は他の友達も呼ばれていると思っていたんだが、部屋に入って初めて嫁と二人きりだとわかった。 

微妙な空気が流れる中、ケーキを前に嫁のカミングアウトが始まった。 

嫁「笑わないで聞いて欲しいんだけど、私、痔なんだ」 

嫁は涙を溜めながら、今まで誰にも相談できなかった事、苦しんでいる事、もしかして俺も痔なのかと思って近づいた事を告白した。 

そして、痔は関係なく俺に好意をもったと、近づいた目的が痔の仲間と言う不純な動機だったのでフラレてもしょうがないと涙を流した。 

俺も泣いていた。 

俺も痔の出血を止める目的で妹のナプキンを無断に使用した事を始め、全てを嫁に話した。 

二人で抱き合いながら号泣した。 

そして、俺と嫁二人の痔との戦いが始まった。 
二人で病院を探し、春休みを目標に手術をする事にした。 
お互いの通院には付き添った。 
お互いの病状も確認し合った。 

お互いの手術が終わった後に、二人で暮らし始めた。 

大学を卒業して、一年近くたった嫁の誕生日に入籍した。 

子供はまだ作っていない。 
嫁の痔と、その原因の便秘が完全に治るまで待とうと話し合っている。



848: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/03(月) 12:49:48.76 ID:UqhPC1kD0
留学先で「アナタの国で大きな地震があったみたいだよ!」と声をかけてくれたのが馴れ初め。 
向こうは自分が日本人だと知っていて、広島だかどこかで割りと大きな地震があったらしく 
その事を心配そうにしてくれた。東京の近くに広島があると思ったらしい。 

ヨーロッパに人には地面が揺れるという感覚はとても恐ろしいみたいで、昔は震度2くらいの 
地震でもキャーキャー言ってたが、2011年以降は少々の地震では驚かなくなった。 
日本食のお陰で全然太らないで、体系をキープ出来ているから国に帰って友達に会うと 
かなり優越感があるらしい。思い出すと、出会いの思い出って甘酸っぱいな。



791: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/06/20(火) 17:42:32.60 ID:D24SVtkn0
学生の頃朝起きたら知らない女が全裸で寝ていた 
俺の部屋でも無いので早々に退散しようと服を探したが俺の服はゲロまみれ 
女が起きてきて話したんだが、一切覚えてないようだったが 
互いにすさまじい二日酔いで、状況から見て多分そう言うことになったんでしょうとなった 
これで俺の童貞喪失の思い出は記憶なしになった



775: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/06/15(木) 18:21:22.89 ID:FCRzMb4Mx
合コンで知り合った 
みんなみたいにドラマチックじゃないけど、思い出したら懐かしくてな 

その合コンっていうのが街コンサイト経由でセッティングされたもので、しかも指定時間が昼間 
2対2の合コンで、企画した同僚が色んな人を誘ってたけど、サイト経由ってなんか怪しいって断ってた 
かく言う俺も一番初めに声をかけられたけどなんだかなーとおもって、誰も行く人がいなかったらまた声かけてって言っといた 
しばらくしたら同僚が、ちょっと申し訳無さそうに宜しくって声かけてきて察した 
そして当日、特に期待もせずに待ち合わせ場所に行ったら、女の子をみてびっくり、可愛い 
なんか騙されてる?って思って合コン中ちょっと慎重にみてたら彼女は恥ずかしがり屋なのかすぐに耳が赤くなる 
自分が喋る時はもう顔まで真っ赤にして一生懸命喋っていてすごく可愛らしかった 
そしてあっという間に時間が過ぎて、二次会でもあるのかと思いきや彼女たちはサッサと帰ってしまった 
脈なしか…と思ったけど一応連絡先は交換しておいたから彼女に速攻で連絡した 
一日にメールを2、3通くらい、それを一日置きだからやはりあまり脈がなかったかなーとがっかりしていた 
けど、ゆっくり話を進めていって、話題が食の方へいった時に思い切って食事に誘ってみた 
いつもはだいぶ経ってからの返事なのに、その時は「是非!」という短い文章で5分後には返ってきたw
嬉しくて、もう飛び跳ねて喜んで日程をその週末に決めたんだけど 
その週末まで彼女とメールは一度もやりとりすることはなかった



759: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/06/14(水) 18:08:37.24 ID:yTKznxGbp
あかん、せっかくコピーして貼り付けようとしたのに間違ってペーストおしてまた書き直しだわ。 

まず俺と嫁の家族構成 

俺家 

母 
シングルマザーで、俺と姉を育てた。平日は割と居ないことが多かった 

姉 
仕事で居ない母の代わりに俺の面倒を見てくれてた。顔は割といいと我が姉ながら思う 

俺 
頭は普通より少し秀でてるかな?くらいであとは平凡 

嫁家 

嫁母 
あったりしてて、天然なのを自覚してないがかなりの天然。母の古い友人 

嫁父 
イケメン。大手企業所属で頭もいい。結構お世話になってる。 

嫁 
姉の同級生。小学校は校区がギリギリ違って別だったが、中学は同じ。頭が悪く、バレーが好き 

嫁妹 
現在15歳。小さい頃の嫁に似てて笑う。 

嫁弟 
父親に似てか知らんけど、かなりのイケメン妬ましい。現在14歳 


俺の両親は物心つく前に離婚してた。そのせいで産まれた福岡から母の実家のある広島に移った。そこから小学2年生まで暮らしたが、色々あって再び福岡に戻ることになった。その時に引越しの手伝いとかしてくれたのが、嫁家だ。 

引っ越しが終わった日に、嫁家と俺家でご飯を食べに行った。その時は嫁家も3人しか居なかった。wお義母さん、お義父さん、元気っすね…ww 
その後姉と嫁が仲良くなり、俺家に遊びに来るようになり俺も普通に遊ぶようになった。俺が中学に入ってすぐは、嫁が見つけるたび駆け寄って挨拶してきたので、 
「おはよう、嫁ちゃん」 
とか言った日には近くにいた友達に揶揄われた。w 
その後嫁はバレーが強いスポーツ校、姉は県内で指折りの公立校に入って、翌年に俺も姉程ではないが、割と頭のいい公立校に入ることが出来た。そして1年生の7月のこと。電車で家路に着いていたら横に誰かが座る。すると横に座った人は、 
「俺くんじゃん。w」 
「嫁ちゃんじゃん。w」 
同じく下校中の嫁がいた



718: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/06/06(火) 23:28:02.74 ID:TWK8QQy3r
新卒で入った会社で上手くいかず、23歳。中途採用で今の会社に入った。 
肩身の狭い思いをするかもしれないが、心機一転 頑張ろうと決めた初日。 
俺の指導係として二人の先輩がついた。一人はサポートでメインは25歳の女性社員。 
「はじめまして。指導担当になりました○○亜美(仮名)です。」 
大きなキラキラした瞳を細めて、にっこりと優しく微笑む美女。 
醸し出す雰囲気はとても柔らかで、本当に天使のよう 
一目見て心を奪われた 新たな職場への緊張が別のものに変わっていった 
正直別に俺は面食いという訳ではなかった。 
それなりに恋愛経験もあったがなんの取り柄もないフツメン(もしかしたらブサ入ってるかも)だし、あまり大きい事は考えないタイプ 
今の女の子って俺からしたらだいたい割と可愛いと感じていたし 
でも亜美は明らかに違って見えた。メイクも最低限。髪型も似たような女は沢山いるのに亜美は一般人の中に女優を混ぜたような整った顔立ち 
それでいてとても優しい亜美は男からはもちろんの事女からも好かれていた。 
俺は亜美に一目惚れしたが、相手にされるなんて思ってはいなかったが接する機会が多く、一通り教わった後も亜美は何かと俺を気にかけてくれて俺としてはそれだけでも嬉しかった。 
会社にも少しなれてきたある日、俺は前日遅くまでゲームしていたのが響き、会社に遅刻しそうになった。 
ギリギリ間に合ったのだが、気の緩みが出たんだろう 
すると亜美が「危なかったねー朝弱いの?」と話しかけてきた。 
こんな少しの事でも、亜美から話しかけられたら喜んでしまう俺はこの失敗すらありがたいことに思えた。 
そんな翌日の朝 スマホを見るとメールが来ていて差出人を見ると「○○ 亜美」 
目を疑ってメールを開くと 
「おはようーちゃんと起きれたかなぁ?」 
まさかの亜美からのおはようメールに俺歓喜 
亜美と電話番号とメアドは交換していたものの、もちろん自分から送ることなどできずにいたがこれをきっかけに亜美と毎日メールをするようになった


このページのトップヘ