仕事


636: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/03(金) 08:25:21.73 ID:/K1kAqqj0
職場の若い子(既婚)と仲が良いんです
と言ってもプライベートで会うとかは無いです
飲み会の時に調子に乗ってハグしたのをきっかけに
社内ですれ違う時に「ねぇまたハグして」と言って来ます
「飲み会の時の事だから」と言っても「何で?」と言われ困ってます

僕はどうすれば良いですか?






180: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/03(土) 11:04:16.79
俺は社畜やめるために独立したけど 
今度はサボると家族を養えないという恐怖で馬車馬になっている 
収入は5倍近くになったけど過労死するかもしれん



776: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/31(土) 19:00:10.09 ID:FispdKeka
30半ばの男なのですが、仕事での疲労が多いのかたまにの休みも眠りっぱなし、ちょっと油断すると家族といても直ぐ寝てしまいます。
妻から仕事、変わったらどうかな?と提案されました
子どももいるし、こんな風に言われるのが情けないです。
皆さん辛いなかでも頑張って働いてますよね?



964: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/17(木) 14:16:01.92
俺は死ぬとき、ほぼほぼ良かったかな。
と、思えた人生ならそれは勝ち組だと
昔から思っている。

けど、現実は成りたくなかった人生を
歩んでいる。
1ヶ月、毎日毎日 社内外に
ペコペコ頭を下げて給料を
もらっている。

家に帰ったら、真っ暗で。
布団に入れば冷たくて。

こんな人生が後20数年。

泣きたいけど、泣けない。



871: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/11(金) 00:39:14.54
いよいよ寒いけど
真っ暗な部屋に帰宅するのと
1人で冷たい布団に入るの慣れた?
寂しさ感じない?

いつ頃慣れるかなー



412: セミリタイアしたい。 2016/10/03(月) 18:49:09.59
単身赴任2年目。
自宅は大阪で赴任先が富山。
交通の便悪く、酷いときは5時間以上掛かって自宅に帰る。

富山、水合わないし大阪に帰りたい。



674: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/06(日) 16:55:01.33
仕事のストレスがマッハ過ぎると全裸になりたくなったりしない?
あまりに耐えられなくなったので、さっきトイレの個室で全裸になってた。
思った以上に気持ちよくて防犯カメラが無きゃ全裸で仕事したい。

ネクタイ締め直すのがクソめんどくさかった。



210: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/17(土) 07:20:28.17
単身赴任終了の内示が出た
経費の掛かる単身者はどんどん返していく方針なんだそうだ

帰りたくないってずっと主張してたのに、部長よりも上からのオーダーなんだそうだ



166: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/10(土) 13:54:19.92
4月より東京で単身赴任しとるが、家族のもとに帰る時以外の土日は
いつもすることがなく、暇なんやけど、

他の単身赴任しとる方、土日は何して、過ごしてますか?

40歳中盤になったら、なかなか友達に会えないし(ほとんどが家族持ち)
寂しい思いをしとります。



169: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/29(木) 12:42:49.98
最近女が羨ましくて仕方ない。愚痴じゃなくて本気よ。

男は住宅ローンに生活費子供の教育資金
どんなに苦痛でも正社員はそんなに簡単に辞められない。
簡単に休むことも出来ない。

女は自分の小遣い分だけ稼げばいいし
夫に把握されない可処分所得で子供の衣服なんかも買ってやれる。
パートなんで子供の行事に合わせていくらでも休める。
「ママだけはいつでも私のことを優先させてくれる。」(はあと)
「でしょ?やっぱ愛情の強さ?種類?誰と比べてくれてんの?ww」

これが自営の旦那だと少しは違うのかな、あたしはわりと本気で女が羨ましい。
ルックスはそこそこだから、左団扇で暮らせた自信がある。



646: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/16(木) 13:16:50.26
長年の単身赴任になると家には余り帰らなくなりますか?
隣の県くらいの距離でも単身が長期になると帰らなくなるものでしょうか?



547: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/03(金) 22:59:14.04
福島原発に単身赴任、夜の金曜日に安いMACやコンビニコーヒー
を口に入れながら6国を南下、千代田石岡インターで大体のる
今週は帰らない。
今夜はお茶を飲みながら放射線の教科書でも読む
娘の養育費考えるとこのまま単身赴任のほうがよいのか


このページのトップヘ