ぎっくり腰


56 :おさかなくわえた名無しさん 2020/06/10(水) 22:04:32 ID:NQwNiCNT.net
ぎっくり腰になった
コロナ感染怖くてリハビリ行かないで家で寝たきり状態になっていた
しばらく連絡取ってなかった夫の妹からたまたま連絡がきて
事情を話したら家事の手伝いに来てくれた
何でもやってくれてご飯も美味してくて
レンチンで食べられるよう冷凍で作り置きもしてくれて
マスク作ろうとしてミシン出しておいたのを発見して
「古着とかあったら作るよ」と言ってパッパッと作り上げちゃう
何でも出来て気が利いて手先も器用で感激していた
「お陰様で良くなりました。コロナ収まったら何かお礼をさせて貰いたい」と
妹さんの旦那さんに電話をしたら
「えっ!そっち行ってたの?色々やって貰ったってどういうこと?!
実は体調崩してこの前まで精神科に入院していたんだよね
今、仮退院中でうちでは色々と大変で…
迷惑かけなかった?おかしな所なかった?」と言われ衝撃
とてもそんなふうに見えなかったし
夫も「昔からできるやつなんだ」と誇らしげに言っていたのに



844 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 17:49:44 ID:RCv6YodP.net
ギックリ腰でたまらない思いをしてたとき、夫と義母が「いい整体がある、一発で治るから一緒に行こうと」誘われついて行くことに。
着いたところは普通の小さな民家。
中に入ると坂田利夫みたいなオッチャンがいて、マットにうつ伏せになるだけ。
まずは夫がうつ伏せになると、坂田利夫はおもむろに「木槌」で腰を殴り始めた。
日曜大工の音と歯を食いしばりながらの夫の悲鳴。
骨を殴る音というのを初めて聞いた。
どう見ても拷問だが、1~2分で終わり、その後はスッと立ってスッキリしてる。
次に義母がやってもらったが「ギエェェェ!!」と呻きながら、それでも終わると「ああ楽になったありがとうございました」と礼を言う。
私は逃げようとしたがギックリ腰でうまく逃げられず横になるしかなかった。
想像以上だった。
骨を木槌で殴られる痛みは他に例えられない。
「ぎゃああぁぁ!」と叫びながら這いつくばって逃げようとするも引っつかまれてゴンゴンやられた。
それでも不思議なことに終わるとほぼ治ってる。
口コミで評判になってて行列もできてる。
でもいくらすぐ治るからといって、あの拷問はないわと思い、2度と行かないと誓った。
なのに数ヵ月後またギックリ腰になって、夫に連れていかれそうになったから
「あんな、木槌で骨をぶっ叩くとこなんて行きたくない!」とごねたら夫が「もう木槌は使ってない!」と言ったので、それならとついて行ったら
金槌にクラスアップしてた。


65: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2015/03/03(火) 23:32:20.19
つい最近だけど 
友人の結婚式の余興で、ちょっと前に流行ったゴリエのチアガールのダンスをおっさん等でやった 
最後の最後のポージングで盛大にぎっくりやってしまい動けなくなった 
学生時代ずっとアメフトやってて体力体系共にそんじょそこらの若造には負けないと思ったのに 
ポージングから動けず皆まだふざけてると思って笑ってるし 
痛くてさめざめと泣いていたら仲間がが感動して泣いてると思ったのか肩やら背中やら叩いて痛いしでタヒにかけた 
もう無理はできない歳だと痛感したのと同時に、この歳で人の迷惑になることをしてしまった事が許せなくって今猛烈に消えたい 
思い出して ッアーーーー!って叫んだら嫁にウッセー近所迷惑とか言われるし… 
ここに愚痴かいて発散させて貰うわ…


このページのトップヘ