そっくり


127 :名無しさん@おーぷん 2016/10/20(木) 22:47:16 ID:Vx2
うちは上の兄が取り違えだったよ。
うちは大家族で8にん兄弟なんだけど
いわゆる貧乏一家で障子ビリビリがデフォな感じ。
父親はトラックの運転手でおふくろは親の自営手伝いで私が物事つく頃には大姉が家の家事回してた。
大兄はすでに家計を助けていた。
服は基本親戚や親の友達とかお下がり着る感じで、新品の服とか下着ぐらいで制服すらないレベル…ここまできけばどんな感じかイメージつくと思う。
ある日病院から電話があって取り違いだったと説明されて呼ばれたらしい。
相手は普通よりかなり裕福な家庭で一人っ子だった。
一緒に会いにいったけど「親戚?」って感じですぐ血縁者って分かった。
相手の父親はかなり高圧的でそんだけガキがいんだからいままで育てた子も実の子も両方よこせって態度…というか実際会食中にいわれてた。
しかも子供から見てもかなり小馬鹿にした対応だと感じたから両親は辛かったと思う。
子供くれたらいままでかかった養育費もやるよーって言われてた。
父親は切れて「金の問題じゃねー」とか「子供は物じゃない」ってキレていたけど、母には7人目と8人目がお腹にいてタダでさえカツカツなのに母親の稼ぎが無くなって久しい。
そのせいで優秀な成績なのに大学諦めろって
圧力かけられピリピリしてる中兄もいて家はかなり荒れた。
いままで一人っ子育ちだった本当の兄も玄関みただけで「こういう古くて汚い家は無理、部屋が無いとか人の生活じゃない」と言ってお試しの宿泊すら拒否されて母親が泣いた。
結局「子供本人の意向」って事で本当の兄もいままで兄だった方も向こうに言った。
同じく優秀だったが気が弱くて、中兄に気を使ってお金に負担がかからない道を選んだんだと思う。
父親は念仏のように「上の子も働いてるんだから今更2人増えても変わらない」
「子供なんて中卒高卒ぐらいでいいんだ」って言ってた。
引き取りたいオーラだしてたけど、多分引きとられてたら私や中兄は大学無理だったわ。
下に限っては中卒だったかもしれん。

相手のお母さんすげー嬉しそうにしてホクホクして帰っていった。
本当は子供2人ほしかったんだって。

感情論としてはお互いの子供を引き取るか両方引き取りたかったんだろうか
大家族で中出汁婚の親に「計画的に子作りしろ」なんて不粋な事は言わないであげてくれw



739 :名無しさん@おーぷん 2018/01/15(月) 16:11:43 ID:4GH
今では笑い話になったネタみたいな修羅場

自分はハーフなんだが、女優さん(同じくハーフ)に似た顔立ちをしている
その女優さんが現役時代にテレビや舞台に出ていた頃はしょっちゅう
「○○さんですよね!サインください!」と声をかけられた

それが噂になったみたいで、週刊誌の記者に付きまとわれた
あんなに似てるなんて実は血縁があるんじゃないか~とか
女優父の不義の子じゃないか~とかそんな感じで家族や親戚や
果ては職場、昔の同級生にまでしつこく取材したみたい
もちろんそんな話はないわけで、私の父が週刊誌の発行元に
訴えるぞ!と弁護士通じて警告して、ちょっと慰謝料もらって和解

が、その女優さん本人にもそっくりさんがいるって話がいったみたいで
ラジオで「そっくりさんがいるんだって~会いたいな~」とか余計なことを
言ってくれたせいで、彼女の熱狂的なファンに
「彼女の願いを叶えてあげてくださいよ」と付きまとわれるようになった
断ったけど職場まで押しかけてきた
当時はストーカーという言葉が出回る前で、警察に相談しても
「女優さんに似てるなんてよかったね」とトンチンカンな回答
週刊誌の件で世話になった弁護士も「個人相手だと・・・」と歯切れが悪い
そうこうしてるうちに職場で「あなたが悪いんじゃないのは
十分にわかってるんだけど、客商売だからこういうトラブルは困る」と
退職勧告されたので思い切って辞めた
さらに思い切って、似てる人のいない国に行こう!と思い立ち
ヨーロッパ某国へ移住することに決めた

移住でお世話になったコーディネータさんがやけに熱心に
「(有名な教会)に行こう!」と言うので一緒に観光に行ったら
そこのマリア像が私にそっくりだった
「初めて会ったときから似てると思ってたんだ」とニコニコされた
周辺にいた観光客からも似てる似てると騒がれた
家は教会から100kmくらい離れてたんだけどタブロイド誌が取材に来た
なんのために移住してきたんだとガックリきたw

さすがにもうおばちゃんなので誰にも似てるとは言われなくなったし
例の女優さんも引退して久しいので、去年日本に帰ってきた
日本のご飯サイコー!

345: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/20(日) 21:14:53.15
娘(嫁連子)が今日嫁にいった。新郎は優しそうだし、誠実そうだ。 
幸せになってほしい。 
家に帰って嫁に報告し、今も愛してるよって言ったよ。 
「カカッ」って笑ってる嫁と、そっくりな顔して笑ってる新一年生の娘。 
悲しくて泣けた訳じゃない。嬉しくて泣けたんだよ。 
嫁と娘の本当の父親には悪いが、孫と沢山遊んで力幸せを満喫してから二人に会いに行こうと思う。 

しわしわ爺を28歳のままの嫁が気づいてくれるか心配だけどな。


このページのトップヘ