ない


596: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/24(金) 08:13:45.37 ID:5W+5JcFS0
物事の大小に関係なく都合の悪いことは黙ってたり、平気で嘘をつく。アスペ嫁本人がそれをちっとも悪いことだと認識していないところがダメだよな。




846: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/05(金) 17:25:04.38 ID:+VXG/hZe00505
自分が台所に立つと「私ばっかり!少しは手伝おうとか思わないわけ?」 
家族が台所に立つと「なにそれ私へのあてつけ?」 
自分が食器洗い「使ったらその都度自分で洗え!非常識!」 
 家族が食器洗い「いちいち洗うな水と洗剤がムダ!うるさい!」 
自分が買い出し「私ばっかり!家族が食べるものなのに全部私任せってなんなの!」 
家族が買い出し「私の選んだものじゃ気に入らないっていうの?もういい!」 
自分だけが食べる菓子を買って「体が求めてるものを買ってるのよ」 
家族が菓子を買うと「無駄遣い!体に悪い!そんなことに使うなら小遣い減らす!」 
土産を受け取って「お返しめんどくさい!迷惑!こんなの好きじゃない!」 
土産がなかったら「セコい。非常識!」



217: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/27(月) 06:22:23.95 ID:SB091LfH0
ヒステリーを抑える薬ってないもんなの?社会を停滞させる諸悪の根源だろ



701: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/28(火) 12:16:52.59 ID:d5QQwqwzd
真横の区画で引越の挨拶来ないって今どきは良くあることなの? 
ちなみに、着工挨拶もなく、足場立てた時はうちの境界線ギリギリどころか、わずかにこっちに入ってたくらい。 

でも、道で会ったら元気に「こんにちはー!」とか言ってくるんだよ。 
なんか良く分かんない奴だなと思いつつ、こっちが名乗ったら向こうも名乗った感じ。



528: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/26(月) 00:59:21.19
うちのヒス嫁は絶対に俺に「お願いします」や「ありがとう」を言わない。

物事を頼むのも常に上から目線だったり、嫁がしたいことだけを述べて「お前がやるべき事を察しろ!でも私は頼んでないし、お前が自発的にやったことだから礼は言わない」的な態度をとる。


嫁「今から、子ども連れて実家遊びに帰るから。」
俺「ん。」
嫁「…。」
嫁「あのさぁ、やることあるでしょ。荷物を車まで運んだり、あとはチャイルドシート調節しなくて良いの!?」
俺「はあ?お前ペーパードライバーだろ?電車で行けって」
嫁「お前が運転するに決まってるだろ!車なら一時間で済むのに、電車で一時間半掛けて行けって言うの!?もう嫌!信じらんない!何で私ばっかり我慢しなきゃいけないの!」


こんなの、「疲れてるとこ悪いんだけど、車の運転お願いできる?ごめんね。ありがとう。」って言えばお互い気持ちよく事が進むのに…。



87: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/05(月) 02:14:53.84
高校卒業してからまともに就職せず、バイトで過ごしてきたから
自分には全くと言っていいほど生活力なんざありゃしないくせしやがって
グチャグチャグチャグチャ中学生のガキみたいな理屈ばっかこねやがる


こっちが仕事の重圧でイライラしてるのに、出張でいろんな所にいけていいね、だの
飲んでばっかりでいいねだの、現地妻がいるんでしょ、だの
本当にぶちギレそうになる


いつかグーで顔面ボコボコにしそうでマジで自分のストレスの溜まり方が怖い



264: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/23(日) 12:02:04.25
俺 30代半ば サラリーマン 年収800
嫁 20代半ば 専業主婦、子どもなし

嫁からやめろと言われたもの

・バイク …危ないから。10年以上趣味だったがこれは仕方ないので手放した。

・接待だろうがなんだろうがキャバクラ…まあわかるし金がないしそんな興味ないので行ってない。

・飲み会で女性の正面、隣に座ること…自分ではどうしようもないことがある。
「嫌だって何回も伝えてるよね、しないよね」としつこいから「うん大丈夫」と伝えていたが、宴会の記念撮影写真を見られ「しないと言っておいて嘘をついた。あんたは息をするように嘘をつく」とボロクソ言われた。


432: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/27(火) 07:41:11.55
世帯年収1200万だが余裕なんてない
もちろんハウスメーカーなんて手が届かず、安い工務店
車無いと生活できない田舎で、軽自動車だし、お金のかかる趣味もない



20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/13(金) 23:43:21.52
嫁が俺と義理母の前で「ウチお金無いもん」って言うんだよね
俺一応働いてるし、俺がいるところでそれ言っちゃうの!?って感じでマジ嫌だ



823: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/09(火) 10:08:01.80
盆休み中、嫁が両親実家に行くため俺はその間お留守番。
何年も一人の時間がなかったため何をして過ごしたら良いものか分からない。
小梨だしペットもいない、趣味もない。



443: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/18(月) 23:40:46.47
外でカラスが寝てるらしく、ネコが凄く反応してるんだが、それが嫁には気にさわるらしくネコ外に一晩中出せとか言ってきてマジウザい。

優しさってものが無い。
こんなんだから他の女にいくんだわ。



548: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/02(月) 13:15:59.02
今日は朝から嫁の機嫌が悪い。
朝食後の食器を俺が洗っていたら
「食器洗はいい。旅行の荷造りするから1時間半子供と遊んできてくれ。」と。

長めに2時間遊んで帰ったら嫁寝てたわ。
昼だから「何か食べさせなくていいの?」と言えば睨まれた。

何をしても感謝されないし、
仕事に行くときも「行ってらっしゃい」と言わない。
子供の前で俺のことをパパとも言わない。
育児が大変なのは分かるけど、
子供に舌打ちしたり、「面倒な子だ」と言う。
まだ
1歳半だけど子供に失礼だろ。



343: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/15(水) 21:25:59.28
誕生日にケーキもおめでとうすらない…
挙げ句のはてに洗濯干して畳んでいてもありがとうの一言すらない。
もう嫌。



395: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/23(月) 22:17:08.69
地区組織のトップ都市で単身赴任した。
今までも単身赴任経験があるが上司がいる立場だったので余りプレッシャーなど感じた事も無かった。
今夏の職場は部下が担当の職務を責任持って対応してくれるので自分の出番はあまり無い。
部下は俺の立場の事をちゃんと理解して仕事をしてくれている。
よく出来る部下ばかりなので俺の出る幕は殆ど無い。
俺のする事は殆ど無い。
せいぜい部下からの相談に判断を下すだけが俺の仕事。
その判断もたまにあるだけ。
実務は全て部下が行い責任を取るのが俺の仕事(役責)とわかっているが、実務が無いのか寂しい。
1日が長すぎ。
世間では勝ち組と言われる立場にいるが家族あってこそ。



117: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/24(火) 07:14:06.02
他の人に比べると、取るに足りないレベルの愚痴ですまん。

嫁も俺も犬猫好きで、特に俺は動物がなついてくれると嬉しくてたまらない。

嫁さんの友人(若干口は悪いが悪意はない)から「猫おじさん」と呼ばれるようになり、
猫好きだしおっさんだから特に否定もしてない。
で、嫁も会社なんかで俺の話題になると猫おじさんと呼び、知らないとこでその呼び方が定着してるらしい。
ちょっと変質者的な響きを感じるけど、まあ、それは別にいいんだ。猫好きだしね。

昨夜 嫁はふざけて俺のことを「猫爺さん」と呼んだ。
全く気にせずスルーしてたら「反応しないんだ?」とわざわざコメントしてきた。

どうでもいい戯れ言だし、その瞬間までは本当に全く気にもしなかったけど、
直後に「ああ、嫁は俺のことを冗談でもそんな風に呼ぶのか。会社の知人達にも変なあだ名で自分の夫のことを平気で呼んでるのか・・・」と思ったらちょっと冷めた。
俺の雰囲気が冷めたものに変わったのを感じて、
「自分だって会社であたしのことを猫おばさんとか呼んでるんでしょう?」と言われたが、
そんな風に言いやしないよと冷淡に答えた。

軽い冗談なのは分かってる。「え~、爺さんとかひど~い(泣)」とでも返して済ませば良かったのも分かってる。
悪気が無いのも分かってる。
でも、自分の夫を外でも他人が付けたへんなあだ名で呼んで、更にふざけて劣化させることについて
根っこの部分で配慮というか優しさというか、無意識レベルで軽く見られてんのかなぁと思うと悲しくなった。
特に俺が打たれ弱いってことは無いつもりで、
例えばち○こ小さいとか加齢臭がきついとか言われても、事実なら気にはならない。
なんだかモヤモヤする。



601: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/06(月) 11:06:56.98
皆さんは家を買おうと思って、すぐに買えました?
狙ってる場所に全然土地、もしくは建売がなく、ここ一年くらいは新興開発地域みたいなとこにしか募集がないんですよね
そういうとこは安いから金額面では良いんですが、微妙に便利じゃなかったり学区の評判があまりよくなかったりで。
妥協せずに狙ってると何年かかるかわかりません…
そんなもんですかね


このページのトップヘ