ウト


573 :名無しさん@HOME 2007/11/17(土) 10:38:04 0
数年前、ウトの誕生祝いを贈るとき
私「何にしよう?予算はいくらにする?」
夫「面倒臭いからなくていいんじゃない」
私「そういうわけにいかないよ…」
夫「じゃあ適当にやれば?全部任せるよ」
仕方ないから一万円前後のマッサージ器をいくつか選び、夫に決めてもらった。
夫はもったいないとブツブツ言いつつ一番安いのをセレクト。

その年の年末、帰省するとウトがそのマッサージ器を持って出てきた。
ウト「嫁子!これすぐ壊れたぞ!安物を買いやがって!」
夫「あーあwだから安物はダメって言ったのにw」(私のことをチラリ)
私( ゚Д゚)ポカーン

翌年、私はウトの誕生日をスルー。旦那もまったく何も言わず。
年末帰省時
ウト「今年は何もしてくれなかったな。本当にケチな嫁だブツブツ…」
夫「あーあ、だから何か送れって言ったのにw」

それから年末の帰省もやめた。夫も〆上げた。
それでもウトから嫌味電話がかかると夫は「嫁子が嫌がってるから」
と私のせいにする。
まー、無視してるから平気だけど。



353 :名無しさん@HOME 2010/01/18(月) 11:39:19 0
うちのウトは、食事中に「もう腹いっぱい。」を繰り返す。
「いやいや、そんなこと言わずにもっと食べてください。」って言わないとダメだったらしい。
「あー。そうなんですか。」って言って、最後に残ったから揚げ3つとも食べたら、
食事が終わるまで無言になっていた。

知らんがな。


402 :名無しさん@HOME 2009/07/10(金) 12:38:43 0
プチ。読みにくかったらごめん。
ウトさんは機嫌が悪いとすぐに文句を言う。
最初はハイハイワロスでスルーしてたけど育児にも過干渉だし
旦那は鳩だからどんどん耐え切れなくなっていった。

ウト、昨日のおかずを見て「なんだこれは。食えるのか?」
私「嫌なら食べなきゃいいんですよ」
食べ物にまでケチつけられて頭にきた。
まわりの空気が固まったけど、ずっと我慢してきた。もう知らん!


382 :名無しさん@HOME 2011/04/02(土) 20:42:28 0
一日におやつとしてパン2斤近くをぺロッとたべる同居のウト
ほかにもバナナとかお菓子も食いまくってるのに明らかに食いすぎ
しかも、どうせピーナッツクリームとかチョコクリームでべったべたにするのに
ゼッタイ超○醇じゃないとダメ!ほかのは認めないって文句言う
買い物に行ってるスーパーはの品とか安くなるのがいつも他のメーカーで、○芳醇は倍以上するし
一ヶ月に一人で50斤以上食われるから財布にやさしくなさ過ぎる
自営だけど、旦那が跡継いで今は気ままな隠居生活だから当然食費は入れてない
食費が厳しいので、安くなってる他のを買うと食べないでカビさせるか、
子供にこっそり食べさせて(これやられると夕飯食べない)
「なくなったから買ってこい、パン切らすな。メーカー間違えるな、覚えが悪すぎる。俺はこの家の主だぞ」とか言ってくる
無視してそのまま他のパン買ったりパン買わなかったりすると、トメに文句言って今度はトメから私に嫌味攻撃
さらに嫁のしつけがなってないとかなんとかって旦那も説教されて
「年寄りなんだから好きなものくらい食わせてやれよ」って今度は旦那から怒られる
近所に住んでる親戚が家にきた時も、
「うちの馬鹿嫁は俺に好きなものも食べさせてくれない鬼嫁だ。嫁に迎えるんじゃなかった」
ってパンくらいでいちいち周りにまで愚痴る。


274 :名無しさん@HOME 2011/03/16(水) 14:31:01 0
たいしたことじゃないけど。

ウトが、駒の動かし方もわかっていない息子(6歳)相手に
将棋指して「じいちゃんは凄いだろ」と悦に入っていた。
横から「弱いひとに勝っても凄くありませんよ」と口出したら
ドヤ顔で「じゃあ嫁子さんがやってみるか?」と言うので、
飛車角金2枚落としで完勝してやった。
「母ちゃんすげー!」とはしゃぐ息子を
「だから、弱いひとに勝っても凄くないの」とたしなめたら、
ウト無言で部屋にひっこんだ。


277 :名無しさん@HOME 2007/11/19(月) 10:28:01 O
ぷち投下。
トメの私への罵声を編集、携帯着信音にした。
『メールメール(これは子供の声)、嫁子早くしなさいーキーッ。』
『電話だよ(同じく子供の声)、嫁子なにやってんのーまったくー、』
昨日、ウトや義兄夫婦がいた時に携帯がなり出した。
焦るトメ、なかなか電話に出なかった私。
メールの着信音時間も最長にしてた私。

その晩はウトと義兄夫婦とうちら親子で、お寿司をカウンターで戴きました。
ウトの謝罪でウトおごりでした。
トメ留守番。
夫は10日程出張でいない間の出来事です。

このページのトップヘ