エアコン


196 :おさかなくわえた名無しさん 2018/05/18(金) 18:03:21 ID:+Mi4ihjg.net
2月から3月まで彼の友人の部屋で生活してたけれどそいつが金にうるさくていまだに取り立てに来るのがうざい!
光熱費を半分こっていう条件でマンションの工事期間中その人の家で暮らしてたけれど法外な料金を要求してきた
彼の友人もあたしの彼氏も昼間は仕事で家を空けて手渡しが一人で部屋にいたんだけど
その友人がすごいケチでエアコンの暖房温度を20度にキープしてたけれど留守中は
私が30度設定に変えてそれでも寒いから電気ファンヒーターで足元はドライヤーで温めてゆっくり過ごしてたんだけで
「光熱費が跳ね上がった半分じゃなくて増えた分全額払え!」とこっちに意味不明なことを要求してきた
月6000円の電気代が8万に跳ね上がったのはお前ら(私たち)のせいだとかひどすぎない?
ガス代と水道代も2万円近く跳ね上がったとか…

それでもめて翌月もさらに跳ね上がった分を要求されて計18万円を要求されている
2か月間話の折り合いがつかないから一緒に住んでた期間は1円も払わなかったんだけどね
金に意地汚い男って最低!



489 :名無しさん@おーぷん 2017/03/02(木) 12:53:06 ID:r8W
エアコンの修理業者呼んだら若い女性が来て、雨の日なせいか廊下で彼女のそばをすれ違った時、
髪から覚えのあるシャンプーの香りがした

あー○○社のシャンプーだなと思い出すより前に、
そのシャンプーを愛用していた親友の顔、よくアパートに泊まりに行って酒盛りした記憶、
彼女のアパートの外観や駅からの道のりにある商店街、彼女が結婚したオーストラリアの男性、
結婚して渡豪してからたまに来る他人行儀な手紙とか、
ブワーーっと大量の記憶がスパークして目眩がした

何となく調べてみたらプルースト効果って名前もあると知って驚いた
マルセル・プルーストなんて小説のタイトルくらいしか知らないが
あと翻訳家杀殳しとかそんなしか
知らないこともたくさんあるなと感心した

エアコンは無事直った


477 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 15:55:25 ID:KeS0Yauf.net
うちはモルモットがいるため、夏場はエアコンを入れっぱなしにしている。
もちろん、モルモットの熱中症対策の為。
しかも、便利なことに、電力会社に登録しておけば指定区域で停電が起こったら携帯にメールが届くように設定してある。
先日、仕事中に住居区の停電がメールで知らされたため、一時的に帰宅した。
なぜか玄関が開いており、部屋では知らない子供3人が床にシートを広げてお弁当を食べていた。
エアコンは再始動され、テレビもついてた。
だまって、立ちすくんでたら、3人ともお弁当放り出してバタバタと退出。
意味が分からず後を追うと、私の下駄箱から自分たちの靴を出して履いて帰った。
モルモットは、巣でひっくり返って爆睡してた。

続きます


571: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/24(金) 00:25:02.25 ID:Q9Qv/Mfr0
エアコン暖房とサーキュレーターを併用している人いる? 
どう配置すれば効果的なのか試行錯誤中なんだが



208: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/02/15(水) 18:21:33.03 ID:hTwOKc2B0
エアコンの性能表記って一般的にマンション10畳用なら木造戸建て8畳用とかだよね
今どきの家ならマンション基準でちょっと抑えめの性能を買っても大丈夫かな



856: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/19(木) 12:05:53.20 ID:U04V/Gp3d
ウチのエアコン喋るんだよね
「今日の電気代が昨日を超えました」とかいちいちうるさい

おそるおそるリモコン見ると「288円」とか出てて
ギャーって悲鳴上げるのが安普請の我が家テンプレ



115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/25(日) 09:32:24.85
今、賃貸だけど、夜中とかに底冷えするのって断熱性能が悪いからなの?
もしかして、例の外気温が下がりすぎるとエアコン止まる問題でエアコンが動いてないだけなのかわからん。



451: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/08(木) 00:17:52.54
いま、そとは雨、6畳でエアコン設定26度で室温も26度。湿度85%wで非常に不快
これって部屋が悪いの?エアコンがしょぼいの?



244: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/06(火) 12:41:40.14
書斎3畳を勝ち取ったから仕事場にしようと思ったんだが、エアコン設置してないことに気付いた
やっぱり夏はPCつけたら糞暑いから設置すべきだよな…


このページのトップヘ