オレオレ詐欺


355 :おさかなくわえた名無しさん 2014/01/08(水) 21:23:13 ID:MMSdiRWj
武勇伝と言うにはちょっとショボイんだけど俺の高校の頃の話
思い出だから色々誇張してたり間違ってたりするかも

平々凡々な地元公立高校に通ってた当時の俺と友達は、駅前のゲーセンにあるカードゲームにはまってた
交代でやればあんま金もかかんないから楽しく遊んでたんだけど、ある時からゲーセンにあからさまな不良グループが現れるようになった
近くにあるバカ校の奴らで、店から連れだされてカツアゲされたなんて噂も聞くもんだから、そいつらが来たらこっそり逃げてた
でも他のゲーセンにはそのカードゲームがないから困るし、いつ絡まれるかわかんないってのは怖いし、全然落ち着かない 
ってことで、俺はそのグループの情報を集め始めた
田舎だし俺は生まれも育ちも地元だし、誰か一人ぐらい知り合いがいるんじゃないかと思ってさ
残念ながらそんな不良と付き合いのある友人はいなかったけど、グループの一人でAってヤツが俺と同じ小学校だったってことはわかった
そっからあれこれ教えてもらって、かき集めたAの小学校時代の話を頭に入れておいた

んである日、ゲームプレイ中で逃げられなかった俺達は、ついに例の不良達に絡まれた
「なーなー、ちょっとお前ら、どこ校のヤツ?w」
みたいな定番の絡み方だったと思う
声をかけられた直後、かなりテンパりながらも、俺は適当に不良連中の方を向きながら、
「あれ? Aっち? Aっちだよな?」
って声をかけた
そしたら一人が 
「は? 誰だよお前」
って睨んできたから、こいつがAだ! と判断
「あれ、覚えてねえの? 俺だよ、俺! 〇〇小で一緒だった俺だよ!」(確かに同じ小学校)
「は? いや知らんし」
「うっそ! 朝休み一緒にサッカーしてたろ! 俺だって!」(Aは毎朝校庭でサッカーしてたらしい 小学生の遊びだから面子は適当)
「あー……」
「すっげえ気合入れて基地作ったじゃん! 俺もいたろ!」(Aは超本気で秘密基地作りに熱中してたらしい)
「いや……」
って感じで俺自身の名前を何度も言いながらガンガン畳み掛けた



18 :名無しさん@おーぷん 2017/10/31(火) 19:47:45 ID:TcY
ついに実家にオレオレ詐欺の電話が来た
たまたま帰っていて居間でのほほんとTV見てた
最初は全然気にしてなかったけど話が揉めてる?っぽい感じがして耳を傾けてたら詐欺だと確信した
うちの母はおそらく一番面倒なまともそうだけどボケてる状態
受け答えはちゃんとできるし会話も問題ないが記憶力が弱くて同じ話を何度もする
詐欺だと確信したものの電話の段階では母が騙されても騙されなくてもどっちでもいいと思ったのでどうなるか様子を見ていたというか聞いていた
(騙されて金の用意でもしようものなら警察に連絡すればいいしと考えてた)
相手は父のつもりで電話しているらしいが全然父とは違うらしくちょいちょい母が誰?だの声が違うだの言っていたもののやや流された形で内容は金額の話になった

母「・・・そんでいくら必要なの?」
詐「」
母「150万!?そんなお金ないよ!」
ガシャン!

・・・我が実家の経済状況は思ったよりもヤバイかもしれない
子供の世話にはならんと豪語してるが親の老人ホーム資金大丈夫か心配になったぜ


619 :名無しさん@おーぷん 2015/07/09(木) 16:06:26 ID:EE5
実に馬鹿馬鹿しいオレオレ詐欺にあったよ。
リアルでは言えないのでここに書き捨て。

学生の頃付き合っていた社会人の彼は、かっこ良くて
コミュ力高くて高学歴高収入の上に気前も良かった。
当然モテた。長いこと二股されていた。
私が二股を知ったのは、相手の女性の牽制が激しかったから。
でも彼は自分の二股がバレてないと思っていたらしく、
物凄い上から目線で、一方的に私の落ち度を責めた。そして
色々と辻褄の合わないおかしな嘘をついて去っていった。

彼は私にも向こうにもプロポーズしていて、
結婚式や新居の話も両方にしていた。正に両天秤をして、
最終的にどっちか良い方を選ぼうと思っていたんだろうね。
その後、相手の女性と、私と話していた結婚式場で式を挙げ、
私が好きな建築家でおされなデザイナーズハウスを建てた。

辛くて悔しくて、共通の知り合いから流れてくる情報で
発狂しそうにもなったけど、当時私は仕事がとても面白い&
忙しくなったところで、意外とあまり引きずらずに済んだ。
冷静になってくるとあんな人とは別れて良かったと思えた。
ストレスが無くなり平和な日々が訪れた。

それから10年。
私も結婚出産し、その彼のことも全く思い出さなくなった。
そんな頃彼からメールが来た。
アドレスが変わっていたなった。私も削除してなかった。
(他意はなく、単にそのままになっていただけ)
内容は、ざっと

彼)俺です。覚えてますか?元気ですか?

私)お久しぶりです、なんでしょうか

彼)今更だけど、いい加減貸した金返してくれないかな

私)借りてませんけど

彼)貸しただろ。お前にいくら使ったと思ってんの。
  俺の財布から抜いた金も返せ、わかってんだよ

私)身に覚えがありませんが。本当に俺さんですか

彼)俺だよ。お前が金を盗んだ証拠も借用書もある、
  警察に行ってもいいんだぞ

私)とりあえず明細と口座番号送って下さい

このページのトップヘ