キャバ嬢


19 :名無しさん@HOME 2007/08/30(木) 16:00:21 0
じゃあ軽く。

トメを顎で遣うウト。
結婚したばかりの頃、「嫁子ちゃん、水割り作ってー」とウトに言われ、
作り方とか知らないけど一応作った。
調子にのったのか、それ以降も「嫁子ちゃん、水割りー」
「お母さん(トメ)に作ってもらうよりも、やっぱり若い子に作ってもらった方が美味しいなw」
などと言いはじめたので、
「キャバ嬢とでもお思いですかぁ?」って言ってしまった。
それ以降、水割りを作らされることはなくなったのでスッキリ。

しかしその後、義実家にとって初めての女の子であるうちの娘が産まれると、
「女の子は『ビール持って来ようか?』とか言うようになるんだぞー」
「小学生くらいになったら水割りも作れるかな」と言い出したので、
「うちの子はそんな安っぽい女に育てるつもりありませんから。」と答えておいた。



326: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/06(木) 23:07:07.08 ID:BX9f+qi20
俺は人からみたら許容できんじゃねーのってことだから大手降って愚痴れない 
しかし、もう疲れた 
なんというか、ただただ疲れた 
はぁ



695: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/26(木) 17:20:20.14 .net
嫁と初めて会ったのはキャバクラ 
年始にノリで行ったキャバクラでたまたま嫁が隣に座った。 
もう可愛くて可愛くて、すげータイプ!可愛い!と連呼した。 
そこからは店にも行ったけど押しに押して何回か個人的に飲みに行った。 
店に行っても嫁はいつも指名被ってるし 
あまり喋れなくてモンモンとしてたから嬉しかった。 

俺んちは繁華街から22キロ離れてる。 
嫁んちは5キロくらい。 
飲んだらいつも代行で帰ってたんだけどたまたま代行が捕まらなくて 
何もしない!絶対に!って約束してラブホに止まった。 

嫁はすぐに化粧落として爆睡。 
俺は本当に何もしなかった。 

それで安心したのか俺と飲む時はラブホに泊まるようになった。 
ある時ホテルの部屋に入ってすぐ、 
嫁が後ろから抱きついてきた。 
これはチャンス!今日はやれる!ってウキウキしたら、 

彼女いるんでしょ? 

って言われてしまった。 
そん時中学から付き合ってる彼女がいた。 
ちなみに同棲してた。


このページのトップヘ