ショッピングセンター


373 :名無しさん@おーぷん 2015/07/29(水) 11:29:47 ID:???
SCで上品そうな奥様が「はめる~!はめる~!」と叫んでいて、なんのこっちゃと思っていたら
これまた上品そうな子供が現れて「はめる、勝手にお母さんから離れちゃだめよ」「ごめんなさい」と
微笑ましいやり取りをして、手をつないで去っていった。

はめるって名前は、いったいどういう漢字なんだろう。
ハーフには見えなかったが、どういう意味がこめられた名前なのか気になって仕方がない。
ぶっちゃけ「ハーメルン」ならまだなんとか理解できるけど、完全に動詞の「はめる」という発音で
「はめる~!」って言ってたからなぁ・・・



457 :1/3 2013/06/13(木) 18:15:06 O
先週の話。
夜勤明け、自宅に着いたら駐車場から私の車が消えていたので、すぐに警察に盗難届を出した。

昼過ぎに中近(微妙)距離別居のトメから電話。
仮免中のコトメが義実家近くのショッピングセンターで自損事故を起こしたとの事。
夫に内緒で(私の)免許を持ってすぐに来い、と言うので「なるべく早く伺います」と伝え
そのショッピングセンターに電話して駐車場の事故を伝えてから自転車で向かい(うちから30分くらいかかる所)、
現場近くの公衆電話から善意の第三者を装い24。
同じショッピングセンターの別店舗(そこから更に自転車で40分程度の距離)に移動しトメに電話
「駐車場に着きましたがどこにいらっしゃるんですか?」その頃には既に警察が現場に着いていたらしい。
「そっちの店じゃない」と電話口で火病るトメ。「すみません、今から向かいます」と告げると「もういい」とガチャ切り。


440 :おさかなくわえた名無しさん 2013/12/04(水) 16:51:43 ID:tzP6ynuB
SCのカフェレストランでバイトしてた時の話。

1人2000円くらいのコースに別料金のバースデーケーキをつけた予約が2名分入った。
当日来たのはプリン頭の男(以下彼氏)と顔は可愛いんだけど服装や髪型が地味でおとなしそうな女の子(以下彼女)。
料理とケーキを運んで、彼女がロウソクを吹き消して、写真を撮って…とした所で彼氏の携帯に電話。
彼氏突然「お母さんが呼んでるから。すぐ帰るから先に食べて待ってて。」と言い退店。
何で彼女1人になってるの?と不思議がってたからその席の隣で接客していた後輩がたまたま離しをきいてて教えてくれた。
えー!?プリン頭はマザコンなの!?とスタッフ全員が思った。

1時間経ち、2時間経ち、待てども待てども彼氏は帰ってこない。
彼女は料理を食べずにケーキを見詰めて待っていた。
そうこうしてる間に私の食事休憩時間になり、軽く食べれる物を買いに先輩とSC内を歩いていたら
顔は可愛くないけど服と化粧が派手な雰囲気美人なキャバ嬢みたいな女とプリン彼氏が腕くんでおちちやおけつをさわったり股間を軽くまさぐりあったり楽しそうに歩いていた。
そこら辺によくいるバカップルのようだった。
先輩が「あの子、あそばれてんのかね…」とボソッとつぶやいた。

休憩時間がおわって業務に戻ると彼女がまだケーキを見詰めて待っていたのを見たのが私の心の中で修羅場だった。
先輩も挙動不審だった。
それから1時間くらいして彼氏は帰ってきたが離席して5時間近く経っていた。(カフェなので時間制限がない)
彼女はすごく嬉しそうで自分の誕生日なのに料理やケーキをとり分けたり世話をやいてあげたりしていたが、キャバもどきと何か食べてきたのか彼氏は食が進まなかった。

更にレジの前で「ヤバい、ごめん、お母さんに金かして手持ちが足りない」と彼氏が言い、彼女がニコニコしながら全額(飲み物代入れて6000円くらいだけど)を支払った時も小さな修羅場だった。


153 :名無しさん@HOME 2011/12/25(日) 03:58:03 O
三ヶ月前にあった事だけど、もう今年終わるし厄落としに投下。


■私25歳(歯科衛生士)
■夫29歳(会社員)
■プリ27歳(フリーター)
■私達は結婚二年目、私は妊娠中。

仕事の帰りに、普段あまり行かない大型ショッピングセンターに寄った。
食料品を買い、夫に何か買ってこうかなと2階の専門店街に行こうとエスカレーターに乗ろうとした。
近くに色んな食べ物屋さんがあるエリアがあるんだけど、そこのイタリアレストランから見慣れたのが出てきた。
それはまさに夫で、ニコニコしながら若い女の子と手繋いで出て来たとこだった。
え?え?何してんの…?
本当に目が点になった。
夫は気付かず、そのままプリとオシャレな雑貨屋に入ってった。
傍から見たらまさにカップルって感じで、常にくっついて歩ってた。
プリは茶髪の今時の森ガールっぽいほっこり系で、可愛いって感じの子。
私とはまさに正反対のタイプで、まだあどけなさが残る感じ。

そんな子と手繋いで歩いてて、まさに血の気が引いたって感じだった。
今日仕事と言って普通に出て行ったのに、嘘ついて浮気かよ!!と頭真っ白になった。
呆然としたけど、次第に頭にきてぷっつん。
走り寄ってぶん殴ってやろうかと思ったけど、ここで暴れたら警備員に取り押さえられるのは私だ!と何故か冷静に判断。
何故あの時、あんなに瞬時に頭の中で色々考えられたのかは謎だけど、とりあえず冷静に行く事にした。


続きます。

このページのトップヘ