セキュリティ


25 :可愛い奥様 2019/06/17(月) 19:07:47 ID:yzN6lQ+i0.net
相談です
最近きた派遣社員が、会社コンセントで常に私用スマホを充電しており、注意すべきか迷っています
出勤してすぐ充電し帰宅まで充電したままです。派遣は仕事でスマホを一切使いません。
指摘を迷う理由は、私の職場は正社員は会社コンセントでスマホを充電する事があるからです。
正社員は社外仕事が多いため、仕事用アプリをダウンロードしていますし、絶対必須です。
ただ端末は私用と兼ねている人が多いため、完全な仕事用ではありません。
曖昧な使い方をしている人もいると思います。
派遣社員にだけ指摘すると差別的かもしれないと思ったのですが、、
絶対に仕事用ではスマホを使わない立場なのに朝から帰宅まで充電してるのってどうなんでしょう?



777 :恋人は名無しさん 2018/04/03(火) 18:29:22 ID:PqgyqWcr0.net
中国メーカーの安いスマホを4年使ってるんだけど、早く最新のに機種変しろって彼氏に言われててイラッとしてる
別に壊れてないし不便さ感じないしそもそもスマホに価値を求めてないから、まだ使い続けるつもり
そんなに言うなら買ってくれればいいのに、それはしないで口だけ出す辺りケチだなぁと思う

彼は馬鹿高い機種代払って最新機種にしてるけど、私からしたら無駄なお金だなぁとしか思えない
でも彼がそうしたいなら好きにしたらいいって思うだけ
私が古いスマホ使ってて彼にどんなデメリットがあるのかさっぱり分からない
会う度に「機種変しなよ」って言われるのを「ハイハイそーですねー」って流すのも疲れてきた


905 :名無しさん@おーぷん 2016/05/02(月) 19:23:15 ID:7Oj
先週婚姻届を出し、無事受理されたので今日は各種手続きに役所に行ってきた
GWの真ん中の平日だから人がたくさんいて、受付番号だけとって役所の食堂に行った
そこで嫁は定食を頼んだのだけど、ご飯を無料で大盛りにできるらしい
食堂のお姉さんが「ごはん大盛りにできますがどうしますか?」と俺を見て聞いてきた
俺は嫁を見て「大盛りにするよね?」
嫁は元気よく「うん!ご飯大好き!」と返事
するとお姉さんはご飯を大盛りにした丼茶碗を見せて「もう少し盛りますか?」
お茶碗でかいよ!普通の茶碗の2倍はあるよ!と衝撃だったのに、嫁は笑顔で「はい♪」と返事
お姉さんも快く大盛りご飯を山盛り大盛りご飯にしてくれた
多分茶碗三杯分
「ふりかけも好きなだけかけてってくださいね」
体重43キロのどこに入るのか、たっぷり時間をかけて食べ終えて戻ると丁度受付の番号が迫ってきていた

満腹でご機嫌な嫁と住民票を持ってそのまま警察署で手続き
俺と嫁の免許証を出したら、まさかの俺の免許証が偽造された免許証判定を受けて手続き出来なかった
俺の免許証が元本ではなく、偽造されて作られた偽物って扱いになるらしく、セキュリティが通らないそうだ
機械に通すとセキュリティがおかしいとエラーが出るそう
俺の免許証はゴールドで交付された際に裏に汚い俺の字で臓器提供の署名をし、保護シールを貼っていた
だから偽造されていたとしたら交付される前になるがそんなのあるわけ無い
警察署の人が免許センターや各種機関に何度も電話してくれたんだけど、そもそも偽造で引っかかる人なんか滅多にいないらしく、平日免許センターが空いてる日に免許センターで3500円払って再交付してくれという
お陰で今日やる予定だったクレカや銀行やその他諸々の手続きが何もできなかった
俺の免許証に一体何が起きてるのかわからないが、免許証だけ嫁と名前が違うまま次の更新まで放置することになった


829 :名無しさん@おーぷん 2015/08/24(月) 09:46:07 ID:MTH
×が付いたときの事情で田舎暮らしを始めた私

お盆明けから、毎日のように違う人からアドレスを渡されたり
待ち伏せされたりして、何が私に起こっているのか理解不能な状態になった。
言い方は悪いけれど田舎の農家とか絶対に無理だし
そのうち東京に戻るつもりだし。

何と言うか田舎の怖さが私に降りかかるなんて思ってなかったよ。
原因は、同じ場所で働いているオバチャンだった。
東京嫌いが原因で田舎の一人暮らしをしている若い女が
自分の職場に居るってお盆のときに触れ回った事だった。

確かに変な場所に住んでいるし、田舎では目立つクルマに乗っているから
特定はしやすいし、オバチャンに×1とも話していないけどorz
いつも外で遊ばないで、真っ直ぐ帰宅してネコと遊ぶだけだから
他に方法が無いのも理解できるけれど待ち伏せとかされたら怖いんですよ。
嫁不足なら、冬になればやってくるナンパ目的のスキー客とか狙ってください。

冬が来る前に、東京に帰ろうかと考え始めた。

このページのトップヘ