不幸な結婚式


602 :おさかなくわえた名無しさん 2017/12/09(土) 13:42:08 ID:HY3kh+e/.net
結婚式で新婦のウェディングドレスを汚そうとした元クラスメイトがスレタイ。
少し前、高校時代の友達の結婚式に出席した。
元クラスメイトは私より新婦と親しくて、3才の息子を連れて私の隣だったんだけど
「今日は面白い事があるから、楽しみにしてて」と話しかけてきた。
モブは嫌だなあと思いながら、何?と聞いたけど
「内緒。後のおたのしみw」と教えてもらえずに
式が始まり、特にサプライズ的な事もなく進んでいた。
新婦の祖父の民謡、手紙朗読で盛り上がり、キャンドルサービスが始まった時
元クラスメイトの息子が、タタタッと前に走って行くのが見えた。
元クラスメイトが私に「うちの子にアイツのドレスにジュースかけて来いって言ったの♪」と耳打ちしてきて
えっ?!と立ち上がったら、男の子が新婦に届く寸前で
式場のスタッフが、子供の手からジュースをシャッと取り、さくっと抱っこしてそのまま消えて行った。
別のスタッフが忍者のように、私の足下にきて「大丈夫です、おかけ下さい」と静かに私を座らせてくれた。
元クラスメイトは舌打ちしながら「チッ、ヘタクソが」と小さく言うのが聞こえた。
元クラスメイトは近くにいたスタッフに「お電話です」言われ、連れ出されてから戻らなかった。
式終わりにスタッフ経由で新婦に呼ばれて、控え室みたいな所で話したら
元クラスメイトはその為に「子供が好きだから」とトマトジュースを
頼んで
さらに怪しまれてマークされていたと聞いた。
後日聞いたら「昔から新婦が嫌いだった」と言う理由でさらにスレタイ。



171 :愛とタヒの名無しさん 2016/02/03(水) 15:35:11 ID:Ec++sX0G.net
じゃあわかりやすい話ひとつ(1/2)
不幸な「結婚式」かはわからないんだけど発端は結婚式なので

新婦A子は小学生の頃からずっと好きな人がいた
相手は同級生の年の離れた高校生のお兄さん
お兄さんが他県の大学に進学する時に告白したが「ありがとう。ごめんね」と優しく言われて玉砕
淡い恋が散ったかと思ったけれど、振り方がまた素敵で余計に惚れてしまったらしい
お兄さんの帰省の度に遊びに行っていた。A子が高校生のときお兄さんが結婚して、以来音信不通に

大学でA子はサークルの同期B男にアプローチをされて交際
「相手はもう結婚しているけれど、小学生の頃から好きな人がいる。これからも忘れられないと思う」と言っていたが
B男は「そんなA子が好きだ。忘れたきゃ俺が忘れさせてやるよ!」とはねのけた
同県出身の二人の交際は順調に進み、結婚へ
結婚式でB男が「せっかくの晴れ舞台だから、A子の綺麗な姿を憧れのお兄さんに見せてあげたい」とA子のためにサプライズを企画
A子の母親と一緒に企画を練った

結婚式当日、サプライズゲストとしてお兄さんが登場
A子は一瞬で顔を真っ赤にしていた
お兄さんはこのとき32歳、A子は26歳。約10年ぶりの再会だが一瞬でわかったようだった
お兄さんが昔を懐かしみながらお祝いの言葉を述べている間、A子はあわあわしていた
それを見てB男は満足げ
A子は式中、ちらちらとお兄さんを気にしていた


217 :愛とタヒの名無しさん 2011/03/09(水) 00:24:22
数年前のインフルエンザが暴れていた時期の式に招待されていた。
予防接種の経験が1度もなく、その時も予防接種の事なんてまったく頭になかったら
前日に突然の発熱。
人生初のインフルエンザに見舞われました。
当然だけど結婚式になって行けるはずもなく、直前で申し訳なかったけどキャンセルの
連絡を新婦にしたけど、携帯を何回ならしても出てくれない。
前日だし忙しいんだな、と新婦にはメールを。
一緒に招待されていた友人には電話で事情を説明した。

式当日・・・朝からずーーーーっと私の携帯を鳴らしまくりの怒れる新婦。
仕度の時間になったら友人達に「(私)につながるまで携帯鳴らし続けて!!」と。
事情をしってる友人が説明しようとしても聞き耳を持たずに、とにかく私と連絡をつけろ!と。
インフルだか何だか知らないがドタキャンなんて非常識!絶対許さない!!と、ものすごい
剣幕だったらしい・・・
新婦の怒りは披露宴が始まってもおさまらず、卓まわりの時に私に用意された空席のイスを
わざと蹴るなどひどかったらしい。
ちなみに私は、携帯をソファーの上にマナーモードのまま放置して爆睡してました。

事情を知らない出席者の皆様は大変不快な思いをして不幸だったと思う・・・


790 :愛とタヒの名無しさん 2008/05/08(木) 19:46:27
新婦が泣き腫らした顔で出てきた。
それも嬉し泣きじゃなくて悔し泣きの表情。
新婦の母親と妹は体調不良で欠席していたので、
そのせいなのかなと思ってたおめでたい私。


今日知ったが、新婦妹がとんでもない馬鹿で、
前夜に新婦が部屋に吊るしておいたお色直しのドレスに
「ちょっと着るだけ」とピザな体を突っ込んで破いたんだと。

新婦妹は「だってピンクは私の色なんだもん!」という
幼稚園児でも痛々しい理屈をこねて大暴れし、
とうとう新婦とつかみあいのキャットファイトに。

そこで母親がようやく叱りつけた。 新 婦 を 。

「お姉ちゃんなんだから最後にわがままを聞いてあげなさい」
という母親の理不尽な説教に新婦もキレて、
絶縁宣言して祖父母宅に逃亡、そこから式場に来てたらしい。

新婦さん幸せになれよと思った。

このページのトップヘ