予想外


678 :名無しさん@おーぷん 2015/07/29(水) 16:08:26 ID:0pT
フェイクありです。
昔、同じ職場の同僚に常に5股ぐらいで男性と付き合ってる人がいた。
その人(Aとする)は確かにきれいな人で、
芸能人で言うと脳天から叩き潰した奈々緒って感じ。
背は小さかったから。
5股の中には当り前のように不倫関係の人もいたりした。
一番年上だとアラカンみたいな人も。
とにかく色んなタイプの多くの男性と常に平行してつきあってて、
プレゼントのおねだりは必ず全員に同じものをねだるらしい。
そうすれば、1つ残してあとは全部質にいれて小遣いにできるし
それぞれに「大切に使ってるわよ」アピール出来るからだそうだ。
そんなことしてたらいつか痛い目に遭うんじゃないかと思い
Aを心配して忠告する人もいたけど
「モテない女の嫉妬」と切り捨てるタイプだった。
そのAが27歳だったか28歳だったかの時に寿退社した。
お相手は5股で付き合ってきた誰でもなく、
高収入男性限定婚活パーティで知り合った医師だった。
恋愛と結婚は別なんだそうだ。
(5股が恋愛ってのもちょっと違う気がするけどw)
それを聞いて、結局男の人って見た目重視なのかねーなんて、
ちょっとガッカリしたもんだったw

私はその後、社内恋愛中だった彼の異動を機に結婚して
会社を退職し地元を離れた。
先日帰省した折に、10数年ぶりに当時の同僚たちと飲みの機会があって
その時突然Aのことを思い出し
「A、ちゃんと奥さんしてるのかしらね」って言ったら
同僚たちが変な空気になって顔を見合わせてた。
ん?なに?って聞いたらA、頃されていた。
男女関係のもつれだってさ。
ワイドショーのニュースにもなったらしいのに全然知らなかった。



436 :名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火) 20:28:47 ID:XY3
修羅場スレに誤爆してしまったのでこちらに改めて投下


来週誕生日の姪っ子にに欲しいもの聞いたらびっくらこいた。
妖怪ウォッチとかプリキュアかと思ってたら、まさかの仲村トオルの写真集。何度聞いても仲村トオルの写真集。
その事を旦那に言ったら腹を抱えて笑ってた。姪っ子の父親である兄に何故仲村トオルなのか聞いてみたら、兄嫁が借りてきた医療ドラマにドはまりしたらしい。4歳だよ・・・5歳になるけど。
ネットで買えるかしら・・・


71 :名無しさん@おーぷん 2018/04/19(木) 13:40:34 ID:8oY
結婚して初めて旦那の実家に新年の挨拶に伺った時の話。
旦那の実家は飛行機の距離だったので結婚してからの訪問はこの時が初めてでした。
実家には、私達夫婦と義母、義父、義姉夫婦、義弟が集まった。
義母がお寿司を注文して下さっていて届いた時に配膳をお手伝いしようと思って一緒に玄関に行ったんだけど、お吸い物が1つ足りないなと思ってお店の人に言おうかと思ったら、お寿司自体が1つ足りなかった。
ハッとして、まさか、これが嫁いびりの始まりなのか。と思ってた完全に身体が硬直してしまった。
それでも気づかないふりをして台所に運んだんだけど、台所に運ぶと義母さんに後はするから座っててと言われたので恐る恐るみんなの所に戻って待ってた。
義母さんはお吸い物とお寿司を配膳しながら、手元に来た人からサッサと食べて!と言ってみんなに配ってた。
私には来ないかも知れない、と思ってたら予想外にも早い段階で私の元にもお寿司とお吸い物が届いた。
みんな言われた通りお寿司が手元に来た人は食べていたんだけど、なかなか台所から帰って来ない義母さんに早くおいでと声をかけた時に義父さんがようやくお寿司が1つ足りない事に気付いた。
義母さんは自分がお寿司を我慢して、みんなに足りない事を悟られない様にしようとしてくれていた。
そういう時は早く言いなさい。と義父さんが自分のお寿司を義母さんに取り分けていて、皆んなが「じゃあ自分のこのお寿司も義母さんにあげる」と義母さんに渡していた。
「こんなに食べれないー」と義母さんはニコニコしていてこの家の家族になれて良かったと本当に思った。
後で、「実は足りないのに気付いてたのに、ごめんなさい」と義母さんに言うと、「嫁いびりかと思ったでしょ?私がドジばっかりしちゃってビックリさせちゃって私の方こそごめんなさいね」と謝られた。
その後、義弟が私達が話している所にやって来て、「ゴメン、お寿司足りなかったのって自分が帰省するって連絡遅れたからだよね」と謝りに来て、皆んなで謝ってるねって三人で笑ってた。
家族みんな優しくて大好きです。
赤ちゃんを授かった事が分かったので、これから報告するのが楽しみ。


968 :名無しさん@おーぷん 2014/10/14(火) 13:40:19 ID:gZuCVtS3R
嫁と結婚して間もない頃まだ子供も居なかった。
休日の日に嫁の友達が飲まないか?と嫁を誘ってきた。
旦那君も一緒にと皆で飲むことに。
ついて行ったは良いがなんと飲み屋には嫁友達と嫁彼の他に
嫁の元彼が着ていた。
嫁が気まずそうな表情で下をうつむく。
嫁彼は俺と嫁に「どうしても付いてくるって聞かなくてさ…本当ごめん」と謝るが
なんか空気が濁った。
とりあえずもう来てしまったのはどうしようもないしって事で皆で乾杯して飲み始めた。
酒が入った勢いで空気を読まない嫁の元彼は嫁の隣に擦り寄り思いで話を俺の前で平気でし始めた
嫁はオロオロしつつも「あ、うんそうだね…あははなつかしいね…」
と俺の顔をたびたび申し訳なさそうに見ながら元彼と会話していた。
嫁友達や嫁友彼がやばいと思ったらしく話題を変えたり嫁の元彼に話を振ったりしたが
元彼は嫁にべったりで離れようとしない。
さすがに頭に来たので俺は嫁を連れて帰ろうとしたがいきなり嫁元彼が
「いやぁ、しかしお前の旦那さん可愛いわ…嫁ちゃんが惚れるのもわかる」
と酔ってるのもあってか頬を赤らめて今度は俺の隣に寄り始めた
「痩せてる割に筋肉ありますね…めっちゃ好みっすよ俺…」
と俺の手を握る嫁元彼。ただふざけてるだけだと回りはそう思い、俺は「こらこらw」
と窘めるが収まらず、しまいには「今度一緒にご飯食べにいきません?二人で…」
と言いにたにたしながら俺の肩に手を回し
「嫁ちゃんには勿体ないっすよ…えへへ」
と俺の股をさすって来くる始末。
俺、硬直して動けず。周りは凍りつき、嫁友彼が
「ほら離れろって!ふざけすぎだぞ!」
と引き離そうとしたら
「やきもち焼いてるの?」
直後に俺の頬に口を近づけてきた。
「うわああ!ちょ・・・!」と離れようとした直後
「いい加減にしろ!」とかばんで元嫁彼の頭を引っぱたいた嫁。
「ごめん、私、俺君と先に帰るわ…」
と俺の手を引っ張り急いで店をでる嫁


23 :名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木) 05:02:33 ID:LK0
結婚してから今まで旦那に殆ど料理を美味しいと言われたことがなかった。
だから今日思い切ってその話を振ったら
「まぁ、不味くはないけど美味しくはないし。お疲れ様みたいな労をねぎらう言葉はちゃんと口にしてるよ?」
と言われた。
悪意がないことは言い方で分かったけど「えぇ…」と思ったから試しに今日の夕食を旦那に作ってもらった。
そしたら、それはもうとても美味しかった。
メニューは今日私が作ろうと思ってたものだし、特別時間がかかったわけでもなければ、材料も私が買ってきてたやつ。
でも明らかに私が作ったらこうはならない美味しさ。
作ってる最中もニコニコ楽しそうに作業して、鼻歌交じりに味見して「ん、美味しい♪」と満足気。
そりゃこれを自炊して普段食べてたなら私の料理は料理とも言えないただのエサだわな、と妙に納得してしまった。
私が美味しそうに頬張るのを見てか
「料理は割と好きだから、食べたければ早く帰ってきたときは俺が作るよー」
と良い笑顔。
ちょっと文句言おうと思ったら、自分の能力が家事を含めて何一つ旦那を上回ってないことに気付かされたのがスレタイ。

このページのトップヘ