人でなし


1 :名無しさん@おーぷん 2018/05/02(水) 16:10:26 ID:hSn
両家親「人でなし」
親戚「サイテー」
会社「認めない」


何でだ



259 :1/3 2018/02/27(火) 09:36:09 ID:mPK
私は高卒で就職し、元夫以外の男忄生を知らずに19歳で結婚、翌年には男の子が生まれた
子が0歳のときに義実家の借金問題に巻き込まれて、ほぼ無一文の状態で放り出されるように離婚した
元夫からの養育費は途中で滞って、連絡も取れなくなった
私は実家がないので頼る当てもなく、恥ずかしながらえげつない夜の仕事もしたし、
過労で倒れてそれもだめになったときには、申し訳なくも生活保護のお世話になった時期もある
たまたま知った母子家庭支援のNPOの助けを得てなんとか生活を立て直した
私も子も栄養が足りなくてしょっちゅう病気になって、とても生きていけないと思ったけど
そのたびに誰かしらが手を差し伸べてくれて、本当に感謝しかない
立ち行かなくなったときに子を施設に預けたりして、ダメな母親だと自責の念でいっぱいだったけど
先生方やお友達がよくしてくださったおかげで子はまっすぐに育った

生活が落ち着いた頃に元夫への怒りがようやく出てきて、法テラスの助けを得て未払いの養育費を請求した
元夫からは「自分は無精子症なので自分の子ではない」と回答があった
元夫以外の男忄生を知らないのでありえないと身の潔白を主張して、なんならDNA鑑定をすると返した
元夫からは無精子症の診断書が届いたが、それでもDNA鑑定をさせたら、当然親子関係が認められた
元夫は何故!と怒っていたらしいけど、弁護士さんに、後天的に無精子症になることもあるけど、
心当たりはないの?と聞かれて無言になったらしい
弁護士さんからの又聞きだけど、元夫は私と離婚してすぐに従妹と再婚していて、
でも全然子供ができないから病院に行ったら無精子症だと判明した
私と離婚したあとに病気にでもなったんだろうけど、そのあたりはわからないまま


603 :名無しさん@おーぷん 2018/02/21(水) 22:11:38 ID:oxF
愚痴。嫁が妊娠五ヶ月です。
俺がポンコツで何をしても嫁を悲しませてしまう。
ツワリは今おさまってるんですが、真っ只中の時、俺が食ってる時でも席を立って吐きに行くから
「我慢できないの?人が食ってる時に気分悪い」と言ってしまった。
嫁がツワリで何も食えない時、「無理してでも食え。栄養失調になるだろ。お腹の子が可愛くないの?」と言った。

ここで実家に逃げられ、話し合った。もうしないと誓ってもどってもらった。
その後、嫁は変な物を食べたがるようになり、なぜかヨーグルトの凍らせたのばっか食ってた。
嫁にヨーグルトを買ってきてくれと頼まれ、俺としては気をきかしたつもりで高いハーゲンダッツを買って帰った
そしたら嫁が食わなかったので「ワガママばっかりだ!」と怒った。
翌日会社で愚痴ったら、女にフルボッコにされた。
帰宅して謝ったが、リアクションが薄い。
昨日は、腹がでかくなってきたから、風呂掃除を代わってくれと言われ、酔ってて覚えてないんだがキレてしまった。
何をしてもお前の気に入らないんだろ!みたいなことを言ったらしい。
なんで俺はこうなんだろう。
俺は標準くらいの夫だと思っていたが自信がなくなってきた。
標準の夫っていうのは何をしているんだろうか。


797 :名無しさん@おーぷん 2017/10/27(金) 18:46:18 ID:S4Y
私がこれまで生きてきて、初めて出会った<人でなし>の話。

結婚して5年目に夫が義妹に毎月5万円援助してることが発覚した。
うちは子供がいなくて共働きしてて、夫と私は同い年で年収も同じぐらい。
お互いに収入の中から定額を生活費用の口座に入れて、あとはそれぞれが管理することになってたので
その自己管理分の中から援助するなら私が口出しすることじゃないと思い、黙認していた。
援助の理由は単なる生活苦。
義妹の旦那さんは非正規雇用で結婚後何度か転職している。義妹は専業主婦。子供2人。
一時内職してたらしいけど、あまりに報酬が割に合わないと言ってすぐやめた模様。
夫の実家は子供に援助できるほど裕福ではなく、自分たちの老後の準備で精一杯だった。
それで夫が義妹に泣きつかれて援助してたようだが、私と義妹とはちょっとした確執があったので
できれば内緒にしておきたかったみたい。
確執の理由は、義妹の子供たちへの一方通行のお年玉やお祝い、プレゼント等に対し
それを当たり前のことのように徐々に礼すら言わなくなり、
一度クリスマスのプレゼントをスルーしたら「小梨の嫉妬乙」的なことを言われたから。
夫も結構怒っていたが、それでも妹は妹のようで兄として見捨てられなかった様子。

その夫が会社の健康診断で癌が見つかった。
見つかりにくい位置、進行も早くて余命宣告を受けてしまった。
夫自身が告知を受けて、私は夫からそれを知らされた。
夫は即入院、私は義父母と、何年振りかで義妹と会い、3人に夫の病気の話をした。
真っ青になった義父母と対照的に義妹は「そんな・・・困る」と。
まさかと思うけど、援助のことを心配してるのか?と思いながらもその言葉はスルーした。

このページのトップヘ