企画書


661 :名無しさん@おーぷん 2017/01/14(土) 04:46:49 ID:9YD
前にいた会社の話。
創業者の先代社長は一人で全国に顧客を開拓したやり手だったんだが
高齢で引退、一人息子に社長の座を譲った。
この二代目社長が、当時40代半ばで独身ネトゲ中毒。
ボクチンより頭のいい社員は全部クビ!(というか、逃げられた)
ボクチンは立派なパパンの息子!だからボクチンも立派!
だから得意先もどんどん発注してくれるべき!
ボクチンのお仕事はネトゲしながら「じゃ●りこ」を食べること!
(デスクの周りは空のカップが積んである)
ボクチンに尽くすため社員のサービス残業は当然!

これで利益の出る会社があったら教えてほしい。
ここまでが前提。

私は製作部のいくつかある班のうち、1つの班のチーフだったので
社長を引きずって得意先に商談に行った。
遠方の会社を複数回るので、泊りがけの出張になった。
ビジネスホテルのシングルを2部屋取った。
が、私が女なので、何か勘違いしたらしい。
夜、自分の部屋にいると、社長が内線電話で、
明日の商談のために企画書を書いたので見てくれと言う。
明日拝見しますと答えると、いやぜひ今夜のうちに、と。
その企画書とやらが本当なら、たしかに今夜のうちに見ておいた方がいい。
社長の部屋へ向かった。

案の定、ドアをノックすると、
ドアを開けた社長は、風呂から出たてのほやほやで、ホテルの浴衣一枚のお姿。
じゃ●りこで膨らんだ腹から湯気が立っている。
「じゃ入って。打ち合わせをしよう」
はいそうしましょうとなるわけないだろうが。
シロートドーテイのくせに。(←男性.社員の噂話による)
だいたい、私は社長と同い年だ。
陰で私をババアと呼んでるのも知っている。(←男性.社員の噂話による)
女ならババアでも何でもいいのかよ。
ドアの外側に立ったまま「企画書を見せてください」と言うと、
「いやまだできてなくて、話し合いながら書こうと…」
「じゃ、明日拝見します」さっくり早足で逃げた。
当時2ちゃんは知らなかったが、ポケットにICレコーダーは忍ばせていたけどね。
続く。



907 :名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日) 00:44:53 ID:M7e
会社の後輩(24歳女、以下T)の話。
新卒だった2年前からうちのチームに入ったんだけど、
チームリーダー(40歳男、以下Mさん)に気に入られて甘やかされてた。
・会社から近い取引先に直行直帰(10時~15時)許可。
・会社~自宅は、毎日Mさんの送り迎え(車通勤で、Tと自宅が近かったらしい)
・残業頼んでも「でもMさんもう帰るので私も帰らないと」と断られる
・Mさんが休みの日は「どうしよう~帰れない~」とこちらをチラチラ(Tのマンションは駅近なので余裕)
・Mさんに注意すると、まああの子は若いから勘弁してよと意味不明の返し。
・Tに注意すると、でも私がMさんにお願いしてるわけでは……ってスタンス。
売上が足りなければMさんからもらったり、その他もろもろ。

この間Mさんの奥さんが会社に乗り込んできた。
旦那と若い女が同じ車に乗ってるところを、親が見たんだって。
だから何度か自分で張り込んだらしく写メ見せてもらったら、当たり前だけどT。
Tは慌てて私たちに「送り迎えしてもらってただけですよね!?」と同意を求めた。
「送り迎えしてたのは本当。それ以上のことは分からない」って答えといた。
だって本当に分からないから。もしかしたら体の関係があったのかも知れないけど、それは分からない。
Tは何で分からないなんて言うのって泣いてた。
奥さんもそれ以上は証拠もないらしく部長と話して帰ってった。
それから三ヶ月の今、Mさんは離婚協議に入るらしい。
Tはチーム移動になって、5人のうち3人がお局で1人は出張しまくりというチームで毎日残業してる。
Mさんに守られてきたTは企画書一枚を一人で作ったことがない。
聞ける相手がいないからか、聞きたくないだろうに私のところまで来てる。

でもTのためには良かったと思ってる。
ずっとMさんに守ってもらえるわけではないし、ダメになる前にMさんと離れられたし。
元々利発な子なので、色んなこと教えればちゃんと改善してくる。
お局にしごかれるからか挨拶もきっちりする。
もちろん良かったねとか嫌みたらしいことTには言えないのでここで吐き出し。
でも本当にこれで良かったと思ってる。

このページのトップヘ