133 :名無しさん@おーぷん 2015/05/05(火) 15:22:06 ID:jyl
六歳上の兄貴と二歳下の妹がいて、兄が高校に入った頃から親父がおかしくなった。
出世して羽振りがよくなったからかパチ〇コにのめりこんで商売女に貢ぐようになって、ついにDVも始めた。
で、兄貴が高二になった頃にとうとうぶち切れて親父に反撃した。
親父は兄貴に散々殴られて肋骨にヒビ入れられて、ついでに片足を踏み折られた。ど田舎だったからか警察沙汰にはならなかった。
親父は泣き言言ってたけど「電車通勤なんだから足の一本くらい困らんだろ」って一蹴されてた。
これ以降親父は兄貴からゴミ扱い。ついでにめそめそしてばっかりだったお袋のずさんな金の管理を兄貴が知ることになって、兄貴は家計簿付け始めてバイトも始めた。
親父は小遣いは兄貴に頭を下げて貰わなくちゃいけないし、一時期調子乗ってたのが嘘みたいな卑屈でしょぼくれたおっさんに変わった。
兄貴は俺と妹には優しかったけど「金と異性にだらしない奴はクズ。ついでに暴力振るう奴もクズ。俺は親父にやっちゃったけどお前らはすんなよ」ってずっと言ってた。

それから何年かして、俺が高一の頃、初めて彼女ができた。
兄貴は実家住みだったけどもう働いてて、「学生らしい付き合いしろよ」って普通の小遣いとは別に、こっそり彼女に使う用の小遣いくれてた。
その頃の俺は何か知らないけどモテた。それで、だめだとは思ってたけど調子こいて二股したんだわ。あとやらしいこともしてた。
あんだけ色々言われたのに。
ある日家に帰ったら無茶苦茶不機嫌そうな女二人と仁王立ちする兄貴がいて一巻の終わり。
何故か三人で正座させられて「高校生のクソガキがスケベオヤジみたいなことしてんじゃねえよ」とか「十五、十六であっさりやらせるとか二人とも安い女だなコイツら」とか、まとめて兄貴に嫌味言われまくった。
妹がのぞきに来てたけど、まだ早いって兄貴が追い払ってた。
二時間くらい責められて女二人は帰っていった。最後に兄貴が「学生なんだし女の子なら自分のために身持ち硬くしなよ。避妊失敗とか危なさ男の比じゃないでしょ」って言って見送ったの覚えてる。
その後「お前は親父見てたのに何してんだ?学生らしい付き合いしろって言ってたのに日本語通じねえの?」って言われてタヒぬほどブン殴られて兄貴からの小遣いで買った服とか全部処分されて、バイトにぶち込まれていままで渡した小遣い返却させられた。
五年経つけど、親父同様ゴミ扱いされてる。
反省も後悔もしてるし、兄貴にそう言ったこともあるけど「俺ヤンキーが更生して真面目になったとか大嫌いなんだわ。なんにせよ一回やらかしたら一生クズ」って鼻で笑われた。



265 :名無しさん@おーぷん 2017/07/24(月) 13:02:50 ID:wjJ
就職してしばらくして会社の先輩と付き合い始めた
相手の年齢的にも結婚前提でってことだったので実家に連れて行って家族と会わせた
当時実家暮らしだった兄は海外のマイナーなスポーツチームのファンだったんだけど、実は彼氏もそのスポーツが好きで
応援するチームは違うけど、そもそもそのスポーツで語れる相手が少ないからと男2人で盛り上がった

そのうち私と休日が会わない日は、彼氏だけで実家に来て兄と遊ぶようになった
男兄弟がいないから楽しいんだろうなと微笑ましく見てたら、ある日いきなり彼氏に振られた
嫌悪感むき出しで別れを告げられて、必タヒに「何がだめだったのか」と問い詰めたら
兄の部屋で、例のスポーツのパロディAVがあったのを見てしまったらしい
有名選手のそっくりさん(♂)同士があれやこれやする内容だったらしく、同性愛はムリ&好きな世界を汚された
という二重の衝撃で、兄の妹である私にも嫌気がさして別れたくなったと
当然別れたくはなかったけど「生理的にムリ」と言われたらもうどうしようもなくて受け入れた
ちょうど夏季休暇前だったから実家に帰り、兄をクッションでどつきまわして号泣してすっきりした
あとから兄が「納得いかん」と言ってきたので、八つ当たりを認めて謝罪してアイス食べさせて仲直りしたw

元彼氏は優秀な人だったので、他社にヘッドハンティングされて転職した
共通の友人に聞いたところでは、給料は下がるけど例のスポーツが盛んな国への配属を持ちかけられてOKしたらしい
どんだけ好きなんだよwとそのときは感心した

しばらくして元彼氏から兄にSNSで連絡があって兄と私に当時のことを謝罪し、例のAVを譲ってくれときた
兄は「お宝だから譲れない」と断り、制作会社なんかの詳細を教えてやったけど絶版になっていたらしくて
「どうしてもほしい。アレが俺の原点だった」とかわけわからんことを言ってきた
でも兄嫁さんがあのAVの存在はちょっと・・・と言い出したので、涙を飲んで元彼氏に譲った
元彼氏から現地のレアグッズが大量に送られてきたのですぐに機嫌を直してたけどw

なんとなく気になって兄経由で「原点ってどういうこと?」とメールで聞いてもらったら
例のスポーツチームの選手とのお熱いツーショット写真が送られてきた
兄は「すげーうらやましい!」と叫んで兄嫁さんにどつかれ、私は私でなんとなく理不尽な気持ちになった


1 :名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火) 10:00:37 ID:b9R
兄「子供名前決まった!」

俺「へえ……どんな名前?」

兄「キラリ!」

俺「…………は?」

兄「キラリ!」

俺「いやいやいやいや。どんな名前よ、それ」

兄「輝くに瑠璃の璃!」

俺「き、輝璃(キラリ)?(震え声)」

兄「おう!」

俺「wwwwwww(爆笑)」

兄「ブチ切れ」

俺、悪くないよな?


372 :名無しさん@おーぷん 2016/05/15(日) 18:43:29 ID:QMK
もともと自分は実家住まいだったんだけど兄貴が結婚を機に両親の面倒も見るって言い出した
はっちゃけかと思ったら兄嫁も両手ばなしに賛成していたこともあって
結局兄夫婦が実家に戻って来ることになると5人で暮らす事になって
のちのち兄夫婦が子供を作ったりすることを考えたら
必然的に俺が一人暮らしを選択せざるを得なかった
で、俺は就職を機に一人暮らしを始めた
実家から2駅離れて職場近くの場所があったのでそこに決めた
俺は学生の頃からバイクが好きでツーリングとかよく行っていて
社会人になってもその趣味は代わらなくって
就職してから2年くらいが立ってから夏場に珍しくツーリング仲間達と同じ時期に長期休暇が取れたので
遠出しようかという話になった

で、うちの借りているアパートは家賃が安い代わりに立地が悪く非常に高温多湿
夏場なんか特に何日も締め切っていたら目も当てられない状況になってしまうので
実家にスペアキーを渡して気が付いたときでいいから換気して欲しいと頼んで旅に出た

大体旅のスケジュールも半分消化したところで
自分のバイクにマシントラブルが発生してこれ以上の走行が不可能になってしまい俺だけ泣く泣く途中リタイア
最寄りのメーカーディーラーにバイクを託し
仲間に近くの新幹線が通っている駅まで乗せてもらって一人で旅から帰って地元についたのは夕方くらいだった
アパートにつくと部屋の明かりがついていて窓も網戸になっていたから
母あたりがちょうど空気の入れ換えに来てくれたんだろうかと
部屋に向かったら兄嫁と知らない男性が俺のお気に入りのソファーの上で合体していた
が、最初俺は不倫場面だとは思わず兄嫁が空気入れ換えに来たところ
強姦魔にでも襲われてしまったのではと思い込んで背後から飛び蹴りかましてから
この強姦野郎とか言いながら馬乗りになって殴りまくった
途中でもういいからって兄嫁に羽交い締めにされてその隙に男は逃走
まだ不倫だと気づかず兄嫁が強姦されたんだと思った
俺は警察だ兄貴に連絡だとパニックになったんだけど
兄嫁から強姦は事が事だけに大事にしたくないから
警察にも兄貴にも黙っていてもらえないかと泣きながら訴えられてしまった
セカンド強姦を恐れてしまった俺は兄嫁の言うことに従って警察にも兄貴にもこの日の事は黙っていた
近隣住人には勘違いで騒いでしまったと謝って
こりゃ墓場まで持っていかなきゃいかん話だなぁと思ったら
その1年後に兄嫁の不倫が発覚、俺は実家に呼び出されて
兄からこいつに見覚えあるだろ!!お前もグルだったんか!?って殴られて
何かと思ったら兄嫁の不倫相手が1年前のあの時の強姦犯
俺は当時の事を思い出しながら兄貴に説明したんだけど
結局不倫にキレまくった兄貴に何をいったところで通じるわけもなく
兄貴は俺を兄嫁が不倫するために場所を提供していた糞弟としてしか見てもらえず
不倫相手と一緒に俺はボッコボコにされた挙げ句
兄弟の縁を切ると宣言されてしまった

結局兄貴と兄嫁は離婚していない
再構築したようだけど当時兄嫁と不倫相手が
兄にどういう話をしてどういう誤解が生まれたのかはわからない
誤解されて3年たつけど、あれ以来兄貴と兄嫁どころか両親とも顔は合わせてない
むしろ会いたくもないし、姪と甥が生まれた時は流石に両親から連絡あったけど
まったく興味ないし、叔父さんとしてプレゼントくらいとか言われても知るもんか
ボコられた時の怪我が原因でバイク乗れなくなったんだから


181 :名無しさん@おーぷん 2017/04/12(水) 19:07:15 ID:8Ke
うちの兄貴は言っちゃ悪いが薄給。
高卒で4年ほどニートしてから親のコネで就職し、オバチャン事務員でもできそうな入力作業をしてる。
母が洩らした話によると手取り13万らしい。
ちなみに高卒なのは家の事情でなく本人の希望。家に金がなかったわけではない。
母が公務員で父は役職にあるので比較的裕福。

そんな兄貴が親戚の仲介で去年結婚した。
相手は日常生活に支障ない程度の、軽い障害がある女性。
女性は仕事を辞めて嫁ぎ、こっちで今パートに出てる。
しかし通院等の事情があり週3以上のパートはできず(前務めていた会社は障害者枠採用で色々融通がきいたらしい)
兄貴の給与と合わせても手取り18万ちょい。
結局暮らしていけず、兄夫婦は親から援助されて生きている。

…ここまでは親経由で知っていた。
しかし今春、久々に帰省して兄の暮らしぶりを見てモヤモヤした。
兄貴は趣味(詳しく言うと叩かれそうだから自粛。オタ系とだけ)をやめず、むしろ収集物は増えていた。
兄夫婦はアパート住まいなんだが、これらは実家に特設部屋があり現役だった。
また嫁さんは一応節約しようと、兄貴に弁当と水筒を持たせていた。
しかし俺の目の前で弁当の中身を捨てる兄貴。
おにぎりはアルミホイルに包まれたまま生ゴミへポイ。
母が俺の分と一緒にとった出前のラーメンを食い、煙草スパスパ吸ってた。
一日3箱吸うそうだ。
母に聞いたら今日だけじゃなく弁当はいつも捨てるらしい。冷たい食い物が嫌いだからだって。
月の小遣いは7万だとか。

「兄嫁さんはそれ知ってんの」
「趣味が続行してるのと、弁当捨ててるのは知らない」
「手取り18万で小遣い7万て有り得ないっしょ」
「向こうは傷もののオナゴだからそういうとこうるさく言ってこんのよ」
自分の親に対し、ここまで幻滅する日が来るとは思わんかった。
両親は小金持ちだか、こんなもん永遠に続くわけない。
いつかは破綻する。
以前から俺だけ進学したことをチクチク言われており兄弟仲は悪かった。
絶対兄貴の負担はかぶらんよう、縁切りを決心したわ。


247 :名無しさん@おーぷん 2017/02/25(土) 06:37:48 ID:VFx

兄の行いが原因で仕事を辞める羽目になったのが修羅場だった

私の兄は小学校高学年ぐらいから徐々にグレ始め、中二になる頃には完全に不良やヤンキーと呼ばれる人間になっていた
学校の内外でケンカは日常茶飯事だったし、家では喫煙は当たり前、外でもカツアゲや万引きチャリパクなど色んな悪さをしていたらしい

でも私や弟には少し怖い所はあっても、よくお菓子やゲームを買ってくれたり、ファミレスなんかに連れてってくれたり、
共働きで放置気味の両親に代わって私達の面倒をよく見てくれた優しい兄だった

また、兄の友達もよくウチに遊びに来て、タバコなんかをプカプカ更かしたり夜まで騒いだりしていたが、
私や弟が兄の部屋に遊びに行くと、私達が知らない事を色々と教えてくれたり、一緒にゲームをしたり
ビデオで映画を観たり、時には深夜に一緒に外に遊びに出かけたりしてくれて、皆優しく面倒を見てくれて、
年上の友達、若しくはお兄さんお姉さんみたいな人達だった


354 :名無しさん@HOME 2009/11/03(火) 00:30:04 0
むかつくわけじゃないんだけど、辛くて吐き出し。

兄嫁(私より年下)がもうじき出産します。
出産予定日は、私の娘の一周忌命日です。
管理帝王切開で予定日が数日の中から選べるので
兄嫁の意思で、わざわざこの日にしたんだそうです。
悲しい日を、嬉しい日に塗り替えてくれるんだそうです。
兄も母も新しい命の誕生で盛り上がってるから、嫌だとも言えない。

幸い男の子だそうで、性別が違うのだけが救い。

一周忌の法要を、命日にするけど、兄も母も病院に詰めるから欠席。
両親がいない兄嫁は、初めての出産なので私の実家で静養するそうです。
娘が使っていたおもちゃを、そのまま使ってくれるそうです。

悪い人じゃない、寧ろいい人な兄嫁。
でも、こういう時の距離感が生理的に合わなくて、元々疎遠にしてたんだけど
甥っ子が生まれたら、多分実家とも疎遠になってしまう気がする。

法要が終わったら、おめでとうを言いに行かなくちゃいけない。
来てほしいって兄嫁に言われたから、行かなくちゃいけない。
娘の誕生日に必ず「おめでとう」って言ってくれていたから
これから毎年、娘の命日に静かに冥福を祈りたいけど
毎年「おめでとう」を言わなくちゃいけない。

どこまで自分の心が平常でいられるか自信がない。


360 :おさかなくわえた名無しさん 2011/12/13(火) 13:26:56 ID:IpinUexR
観光と卒業旅行の下見も兼ねて1人で、
東京に住む兄夫婦の家に行ったんだけど、
兄の奥さんが、ヤバイ感じwww
卒業旅行に東京はナシだわ、友達連れて行けない!
・スカイツリーの行き方を知らない。(東京出身)
・お米の研ぎ汁をとっておく
→野菜を煮込む。
→床を拭く。(節約が凄い)
・大根の葉まで食う(貧乏臭い)
・大根の葉でシンクを磨く(節約)
逃げるように名古屋に帰ってきたwww
東京でも貧乏臭い人っているんだね。
兄貴はそれなりに稼いでるのにヤバすぎでしょ


896 :名無しさん@おーぷん 2015/08/30(日) 16:17:48 ID:vGP
兄は結構なエリートなんだけど、海外出張の時に乗った飛行機で
韓国人CAに一目ぼれ、そして結婚した。
兄は海外勤務がほとんどで、結婚したことも事後承諾。
私の両親は結婚前に相談を受けていればたぶん反対したんだろうけど、
もう席を入れた後なので仕方がない。とあきらめた。
これがかれこれ3年ちょっと前の話。
結婚以降家にあいさつ来るでもなし、(海外駐在勤務だったこともあるからだと思う。)
全くと言っていいほど付き合いはなかった。
去年の春に父が亡くなり、その時に初めてお相手の女性とお会いした。
非常にきれいな方でした。
しかしその時に父の財産のことでもめてしまった。
家は自営業で、兄は家の跡を継ぐことなく結果、私が後を継ぐためにその方面の大学に行き、
後を継いだ。その時には父名義の借入等があり、兄は両親の介護をしない代わりに
相続も放棄するのですべて私に任せたといって知らんぷり。
そして父がなくなるころには何とか借り入れを返してまあ土地家屋と父の預金等はプラスで残ったわけです。
そしたら、兄嫁ア相続を主張し始めきっちり、父の財産全額もっとぃかれました。
土地家屋は私と母が住んでいるので、仕方なしに現金でお支払いすることに。
本当にどうしてくれようかと思いました。
そして、今年のお盆、なぜか法事があるといって兄家族だけでなく、
兄嫁の家族総勢8人が、なぜか墓参りをするといって家に押しかけ、
父方親族と私と母VS兄一同でもめまくり、結果、うちの家には一歩もいれず、
追い返しました。
その後兄からはメールで、「いくら言っても聞いてくれないんだよ。察してくれ。」と送ってきたので、
「タヒね、2度とこっちに来るな来てもたたき出す。」と送り返しました。
その後兄嫁から何を言ってるのかわかりませんがとにかく怒っているのはわかる電話が
2,3度ありましたがガチャ切り。
仕事があるので引越しもできず、本当に困ったもんです。
現在母親の財産を兄に渡さないように税理士と弁護士に相談中。
母親は、兄がばかになったといって憔悴しきっています。
すべての韓国の方がこんな人ではないと思うけど、
国際結婚する方は気を付けてねってお話でした。


789 :名無しさん@おーぷん 2017/06/11(日) 15:16:17 ID:ARC
長文乱文で申し訳ないけど書いてみる。
実家の家族(両親と兄俺妹)と久しぶりに飯行った時の話。

最初は皆の希望でチェーンのうどん屋に行く(割り勘。妹は中学生なので親持ち)って話だったんだが、兄貴が「たまには奢るよ」と言うと母親が駅前のイタリアンに行きたいと言い出した。
前者なら1人700円~で後者は1500円~なので図々しいなとは思ったが、兄貴が仕方ねーなぁと笑ってたため特に指摘する事もなく、有り難く甘える事にした。

で、イタリアンに着きメニューを見て兄貴と気遣いの妹は予想していたより高かったようで固まった。
両親はそそくさと2000円近いパスタ+ドリンクに決め、ニコニコしながら息子らのメニューが決まるのを待っている。
兄貴と妹は800円のサンドイッチとアイスコーヒーのランチセットを頼もうか…うーん…と悩んでいるので、携帯に『俺も半分出すから好きなの頼め』と打ち込みテーブルの下で回し読み。
それで多少安心したらしく、それでも遠慮してランチメニューの1300円の物を3人とも注文した。

しばらくして商品が運ばれて来て食事が始まると、スパゲティをズバズバ吸い、スープをズズズッと飲む両親。
静かな店内で悪目立ちする中、ゲップとクチャ食いをかます父。
「味見させて~」「こっちも食べなさい」と皿から皿へ食べ物を勝手に移動させる母。
ゆっくりと食事したかったけど食べてすぐ退店しました。
会計は1万ちょい。割り勘申し出なかったら流石に兄貴かわいそうだったよ。

車に乗り「やっぱり良い店は美味い」だの「肉は脂身が少ないから安いヤツ」「あれはケチャップ煮込みだったな(デミグラス煮込み)」だの講釈垂れ流しの父。
「私の店選びが良かった」「次は誰がご馳走してくれるのかしらね~(チラッ」と母。
ちなみに両親共に靴屋の外でワゴン売りしてるサンダル履いてた。
ご機嫌な両親と軽く不機嫌な俺と兄貴の板挟みで妹も楽しくなかったと思う。
帰宅してからブチギレた妹と何も理解できない両親でケンカしてたし。

で、だ。
来月兄貴が結婚するにあたって両家の顔合わせがあるんだが、上記の事があったのでかなり不安。
思春期の妹は今回の事で両親の人間味にショックを受けたらしく絶賛反抗期中だし、両親は先の出来事をまるっと忘れてお花畑だし絶対何かやらかす。
兄貴に「俺が対処しきれなかったらフォロー頼む」と言われ「俺の時も頼むよ」と絆が深まった。

あー不安だ不安だ。

このページのトップヘ