入院


143 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 23:48:29 ID:20Sx3s+y.net
400万ほどの薬の瓶を割ってしまったと思いこんだときが修羅場でした。

もう何年も前のことになりますが、
自己免疫疾患が原因の神経系の病気を発症して、
治療のために入院することになりました。
点滴治療が必要で、高価な血液製剤を使用してもらいました。

牛乳瓶のようなガラスの瓶に薬が入っていて、
患者の体重に応じて、使用本数が変わってくるそうです。
とても高価には見えない小さくてかわいらしい瓶だったのですが、
看護師は「軽く100万は超えますよ~
万が一割ってしまったら始末書なんですよ~」とか冗談混じりでおっしゃるので
とても驚いたことを覚えています。

入院して数日たったとき、当時付き合っていた彼氏のお母さんが
お見舞いに来てくれました。
彼とは偶然地元が同じ東海地方の県だったのですが、
入院していたのは首都圏です。
きっといろいろ気になったのだろうと思って、
医者に言われたことをそのまま伝えました。

いわゆる難病で、治療がどれくらい効くかは、現時点ではわからないこと。
薬なども必要なく、何も問題なく日常生活を過ごせる人は患者の1割弱、
残りの大多数は、通院、入院など何らかの治療をしながら日常生活を送る人。
就労に問題があったり、日常生活が送れないなど
何らかの障/害が残る人も2割ちょっと、とのことですと。



787 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/06(水) 11:38:28 ID:TGD8T065.net
はるか昔中学生の頃に車に撥ねられて1ヶ月ほど入院してたんだけど
退院して親の車で家に返ったら何故か祖父母の家
どういうことか聞いたら車の弁償するために家を売ったんだって
歩道を歩いてて車が突っ込んできたはずなのになぜ弁償するのかわからなかったけど
子供は口を出すなって怒られて有耶無耶になった

それから2ヶ月くらいしたら両親が離婚して母が家から出ていった
これに関しても子供は口を出すなって怒られたからはっきりとはわからないけど
母が浮気をしててバレそうになったから性.格の不一致ということにして逃げたってことだと思う

その数日後に母から俺を撥ねた男と手を組んだ写メが届いた
再婚しますって
こっちからメールを送っても着信拒否されてた


565 :名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月) 15:09:02 ID:hBm
簡潔にまとめる才能がなくてすみません。すごく長いです。

私は長男嫁で、結婚してから5年ほど義実家の徒歩圏内で別居していたが
義母が事故で足を悪くし、杖をつく程度で日常生活はほぼ自立しているものの
転びなどの心配もあって同居することにした。
義弟夫婦は同市内住み、車で15分ほど。
同居して15年ぐらい経った頃、私に胃癌が見つかり手術することになった。
(それについては胃を半分切ったものの予後も問題ないです)
その頃には義父も亡くなっており、
息子が一人いるが遠方の大学に進学しており、夫は単身赴任中だった。
それで義弟夫婦に入院中の間だけ義母を頼めないかと相談。
義弟夫婦には高校生の娘がいて義弟嫁は専業だったし
事情が事情なのでまさか断られるとは思わなかった。
義弟嫁が短期間とはいえ今更同居なんて窮屈で無理、嫌だと聞かないらしく、
結局その間だけ義弟がうちに寝泊まりし、昼間は義母の親友が来てくれることになった。
義弟嫁は実家と縁切りしているらしくて出産の時にはずいぶん義母に世話になったはず。
義弟嫁が頼ってきたことに関しては義母はほぼ叶えていたのも知っている。
だから余計に義母を利用するだけ利用しておいて、と不愉快に思った。
が、義弟も同様に感じていたようだ。
この一件に関して義弟夫婦は結構大きな夫婦喧嘩をしたらしく、
義弟嫁にはそれも私が余計な頼み事をしたせいだと、嫌味を言われた。
以来、義弟とは付き合いがあったが、義弟嫁と娘は一切うちに寄りつかなくなった。
そして昨年義母が亡くなり相続も終えて数ヶ月後、義弟夫婦が離婚した。
実は義弟の娘は義弟の娘ではなかった。いわゆる托卵。
小学校に上がる頃からあまりに自分に似ていないことが気になってたそうだが
私の入院に関してのゴタゴタの時の大喧嘩のあと、ついに決心してこっそりDNA鑑定したそうだ。
娘は娘で中学ぐらいから父親を毛嫌いして、母娘で結託して馬鹿にするようなところがあったらしく
真実が分かってからは娘に対する愛情も消え失せたらしい。


445 :1/2 2016/03/11(金) 17:30:41 ID:fmd
去年の話だけど、私が外出中に事故にあい、意識不明になった
生タヒの境をさまよっている間、夫が義兄家に娘(5)を預かってくれるように頼んだ
それまでお互いの子を預けあっていたこともあり、義兄夫婦は快諾

私が意識を取り戻したのは事故から2週間後、さらにそこから2ヵ月後に退院
冬でノロやインフルが怖いから娘を病院に連れてくることはせず、ずっと義兄家で
預かってもらっていた(義兄娘と同じ幼稚園だったので送り迎えまでしてもらってた)
その間、時々夫が様子を見に行って、そのつどお礼を包んで渡していた
ちょうど繁忙期だった夫の帰宅が毎日遅かったこともあり、義兄夫婦が
「お互い様だから、退院するまでは遠慮なく預けていてかまわない」と言ってくれたので
その言葉に甘えていた

退院して娘を迎えに行ったら「娘ちゃんです」と出してきたのが、娘ではなく義兄娘
義兄娘もぎこちなく「おかあさん」なんて呼びかけてくるし
「その子はお宅の娘だから連れてかえってくれ」という義兄夫婦の意図がわからず
困惑しつつも、もちろん受け入れるわけに行かず大揉め
最終的に2階に閉じ込められてたうちの娘を発見して無事連れて帰った


179 :名無しさん@おーぷん 2016/03/04(金) 21:36:45 ID:NuU
うちの母親の神経がわからんというか確実にイカれとる
母はある健康法のインストラクターのようなものをしている
正直宗教まではいかないまでもどこか胡散臭く、俺はその健康法が好きになれなかった
実際、他人から見ると奇異に見えるような健康法で、ある種の気持ち悪ささえ感じるものだった
でもインストラクターを始めてから母は生き生きしていたし、誰に迷惑をかけるまでもないならと放っておいた

それがいけなかったのか分からんが俺としては絶対に許せないことを母はやらかした
以前、俺が命を落とす危険のある病気で入院したとき

同じ病室には、やはりタヒの危険と隣り合わせの人達ばかり入院していた
中でも隣のベットの青年はまだ20歳そこそこなのに、子供もつくれない身体になり毎日辛く苦しい治療に耐えていた
ときには啜り泣く声が聞こえてくるときさえあった
若くして彼に降りかかった不幸を思うと同じ病気ながら可哀想で仕方がなかった

なんだかんだで俺は治療が成功し、ひと足先に退院することとなった
母が迎えに来てくれた
有難いと思った
しかしトイレで席を外して病室に戻るとだ
母が何とあの健康法のパンフレットのようなものを病室のみんなに配っていたのだ
慌てて確認したパンフレットにはこう書かれていた
××をすると健康になる!
病気にならない!
笑顔が一番!笑っていれば福がくる!!
幸せになる!

血が沸騰するかと思った
寄りにも寄って母はあの青年にもそのパンフレットを渡していたのだ

その場で怒鳴りつけたい気持ちを抑え、母の非礼を詫びて病院を出た

家に帰ったあと当然のことながら沸き立つ激しい怒りを母にぶつけた
なんて無神経なことをしてくれたんだ!
半年後生きているかもわからない人間に、××をすれば健康になる?
子供をつくれなくなり地獄の治療に耐え、笑いたくても笑えない人間に笑えば福がくる?
ふざけるな!!少しは相手の気持ちも考えろ!

それに対する母の反応は驚くべきものだった
「だったらいつまでも後ろをみて落ち込んでいれば良いっていうの?!」
、、、は?違うだろ、そうじゃないだろ
確かにいつかは気持ちに区切りを付けて前を見なきゃいけないかもしれない
でもそれはその人それぞれのタイミングというものがあるはずだ
少なくとも入院中でタヒの恐怖に怯え、苦しみに耐えているときに切り替えられる人なんてそういないだろう
そしてそんなとき、他人に前向きになれなどと言われたところで不快なだけだと何でわからないんだ
結局何を言っても母には伝わらずついぞ反省の弁を聞くことはなかった
今でも思い出すと本当に怒りが込み上げてくる

ちなみに母は今でも元気にインストラクターを続けている


551 :名無しさん@おーぷん 2014/11/09(日) 20:49:38 ID:5bU7W2RRj
彼が入院してお見舞いに行っていた。
ある日病室(個室)に入ると、香水っぽい甘い香りが…
女かと思い問い詰めたけど、否定された。
正体は、ロクシタンのシャンプー。入院するときに家にあったミニボトルを丁度いいサイズだからと持ってきたらしい。
それ、男が使うものじゃない。女でも匂いきつくて苦手な人いるのに…
平然としてる彼を見てスーッと冷めた。無言で病室出て、売店で普通のシャンプー買って来て、投げつけてお別れした。
共通の友人にも泣きながら根回ししまくって、半分ぐらいは私の味方に引き入れた。
看護師にアピールするためとか話盛ったのは、今思うと少しやりすぎだったかもしれない。


534 :名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日) 10:03:09 ID:???
休憩中に彼女から連絡があった。「入院します。つきましては誠にすみませんが2日分の下着と~…」病院の面会時間はどーだったっけなと取り敢えず後回しにしようとしたら間髪入れずに着信。何だ何だと取り敢えず出る。「私○○病院看護師の~…」彼女が急変で意識失ったという連絡だった。慌てて上司に早退を申し出て病院に向かうと酸素マスク付けられてる彼女。もうショックで看護師や医師の説明なんて聞こえない。親御さんは飛行機の距離。あと何時間1人で彼女のこんな姿見りゃいいのかと気が狂いそうだった。
2日くらい前から腰が痛い、熱が下がらないと言いつつ病院はまだ早いかなと解熱剤飲んで耐えてた。彼女後輩でまだ学生してるんだが、バイトも行ってた。朝、もうどうしようもないからちょっと病院行くって言ってた。体が弱くてしょっちゅう熱を出してたからいつものことだと見送った。もっと早く病院に行かせてればと後悔しまくったよ。このまま意識戻らなかったらと思うと泣けてきた。
1週間意識戻らなかった。医師も原因が分からないと首を傾げていた。と思ったら彼女起きた。バチっといきなり起きた。ビビった。ぼーっとしてもいなくて、カスカスの声でいきなり「ポケモン!」って焦ったようにキョロキョロしだした。感動の目覚めとかじゃなくて、普通の寝起きみたいだった。親御さんも俺も涙なんか引っ込んだ。聞けば彼女はずっと暖かくて気持ちよいとこにいて、眠たいなと思っていたけど夜のアニメのポケモンを録画したか不安でこのまま寝るわけにはいかんと気合いで起きたら、大変な状況になってたらしい。それ聞いて腰が抜けた。さすがに1週間も意識不明だったからか飯も食えず点滴だけだったんだけど、それにも文句付けるくらい元気だった。いきなり元気になった。手も足も痺れてはいたが、口だけは細々した声の癖に一丁前で呆れた。そしてもう暫く入院して退院。夏休みにもろかぶりだったことが幸いして留年は免れた。
そんな彼女は今もポケモンに夢中。俺も親御さんもいいとしこいて辞めろと言いたいが彼女をタヒの淵から救ったのがポケモンなだけに何も言えない。そして毎週録画にしたら、もしまた同じことがおきたときに安心してタヒなれそうで出来ない俺は多分ヘタレ。黄色いネズミのぬいぐるみが部屋を侵食しているが何も言えん。


444 :おさかなくわえた名無しさん 2013/06/07(金) 17:05:10 ID:9gBhzBON
人間違いで刺されて、合計16針縫って入院約20日。
(発熱しちゃって数日記憶無し。)

これ以上の修羅場に巻き込まれない事を祈って厄落としカキコ。


102 :名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金) 19:22:50 ID:Z6x
うちの母方の叔母はニートの長男を飼っていた。
35年飼育したうち20年は学校も行かず働かず、自分の部屋でゲームしてA/V見て
PC買ってもらってからはネットしてネトゲして、なんかいろいろ課金して生きてた。
叔母はそんな長男を口では愚痴るものの、いっさい叱らなかった。
叩きだせと言われても「でもかわいそう」
働かせろと言われても「無理したら長続きしないし」
寮つきの工場にぶち込めと言われても「あの子は温室育ちだから。病気になっちゃう」
とグダグダ。
叔父がけっこう稼ぎがあったのが災いして、ずっと家で飼育し続けてきた。

このページのトップヘ