519 :名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土) 17:08:49 ID:???
友人に勧められたので数年前の話を。
2ちゃんは殆ど書き込んだ事ないからおかしな所があったらゴメンナサイ。
登場人物は以下四人
私 当時20代前半
先輩 当時20代後半
部長 私・先輩の部署の部長

学校を卒業して会社に入社して半年ほどあったある日、外回りに行って現地で解散となった日の事。
私と先輩は家が同じ方向だったから同じ電車に乗ってた。
私が降りる駅まで後10分ちょっとという所でお尻に違和感が。最初は誰かがぶつかったのかなと思ってたけど、そこまで混んでないし明

らかに人の手が鷲掴みにするような動きをしてたんで痴漢だとわかった。
叫んだ方が良いのか?振り返って相手の顔を見るべきか?色々な事を考えてたら先輩と目が会った。先輩、ニヤニヤしながら私と後ろに

居る人に近づいてきて、後ろの人に「俺の彼女に何か用ですか?」
痴漢されてパニックになっているのに、更に好きでもない人に彼女扱いされてはっきり言って私はパニック。
痴漢を助けて彼女になる。見たいな考えが見え見えだったし。はっきり言ってあと10分痴漢される方が後10分先輩の彼女の振りをする事

より嫌だった。

後ろに居た人は先輩にびびったのか次の駅で降りて、私もその次の駅で降りた。

翌日早めに出社して部長に昨日有った事を報告。部長は最初は先輩だって純粋に助けようと…というなぁなぁな態度だったけど先輩の動

きに目を光らせてくれること。私と先輩が同じ仕事にならない用にできるだけ手を打つことを約束してくれた。
その後先輩は事業所に移動になった。


痴漢されている私を見た時の先輩の嬉しそうな顔と、女が痴漢されている事を良い事に助けて彼女になろうと言うとんでもない考えの人

が身近にいた事が衝撃的。