命日


299 :名無しさん@おーぷん 2016/09/30(金) 11:01:20 ID:3o2
高校・大学と同級生で、大学卒業前に告白され社会人3年目まで付き合った彼氏がいた。
社会人3年目のある日、「風邪引いたみたい、熱がある、ダルい」とメールが来て、
私は僻地に出張中だったので「ちゃんと病院行くんだよー」と返事した。
彼はそのやり取りから数日後に救急車で病院に行き、入院し、一か月半後他界した。急性白血病だった。

彼といた時間が長すぎて気持ちの整理はいつまでもつかなかったけど、その一方で自分の子供を産む夢もあり、
30歳の時、会社の先輩に紹介された人と結婚した。

夫は優しい、子供は可愛い、ほぼ文句ない暮らしだけど、一週間に一度は彼の夢を見る。
そこでは私と彼が結婚して子供もいる。喧嘩したり仲直りしたり、家を買ったり子供が育ったり。
目が覚めると泣ける。
彼を亡くして大きく空いた心の穴を実感する。
夫や娘を失くしたらもっともっともっと大きな穴が空くことは容易に想像がつく。
でも彼がいなくなった穴も私には埋めがたい。

彼のことは夫も私の話で知っていて、普段は話題には絶対上らないけど、命日が近い週末前になると、
「そろそろお墓参り行って来たら」と言ってくれる。
まだ幼い子供が「私も行くー」とか言うたび、
「大事な用だからお母さんは一人で行くんだよ、お父さんとお出かけしよう」と言ってくれた。

ある年お墓参りに行ったときは、彼のお母さんにちょうど会って、「毎年来てくれるのは本当に嬉しいけど、
もうあなたは来てはいけない。今の人生を守りなさい」と言われた。
でも相変わらずその年以降も行ってる。

夫には「毎年お墓参り行かせてくれてありがとう、お蔭で行くたびに彼が懐かしい思い出になる感じ」と言ってる。
そう言うと夫も喜ぶ。
本心から言えたら良いのになと思う。
夫のことは色々人間として尊敬してるし、男性としても愛してる。

タヒんだ彼を美化してるわけでなく、だらしない所があったり、優柔不断だったり色々欠点もあった。
でも彼との人生はどんなだったか、40歳になった彼はどんなだったろうとか想像するのがやめられず、
また毎週のように夢に見る。
それを夫に言えない。



354 :名無しさん@HOME 2009/11/03(火) 00:30:04 0
むかつくわけじゃないんだけど、辛くて吐き出し。

兄嫁(私より年下)がもうじき出産します。
出産予定日は、私の娘の一周忌命日です。
管理帝王切開で予定日が数日の中から選べるので
兄嫁の意思で、わざわざこの日にしたんだそうです。
悲しい日を、嬉しい日に塗り替えてくれるんだそうです。
兄も母も新しい命の誕生で盛り上がってるから、嫌だとも言えない。

幸い男の子だそうで、性別が違うのだけが救い。

一周忌の法要を、命日にするけど、兄も母も病院に詰めるから欠席。
両親がいない兄嫁は、初めての出産なので私の実家で静養するそうです。
娘が使っていたおもちゃを、そのまま使ってくれるそうです。

悪い人じゃない、寧ろいい人な兄嫁。
でも、こういう時の距離感が生理的に合わなくて、元々疎遠にしてたんだけど
甥っ子が生まれたら、多分実家とも疎遠になってしまう気がする。

法要が終わったら、おめでとうを言いに行かなくちゃいけない。
来てほしいって兄嫁に言われたから、行かなくちゃいけない。
娘の誕生日に必ず「おめでとう」って言ってくれていたから
これから毎年、娘の命日に静かに冥福を祈りたいけど
毎年「おめでとう」を言わなくちゃいけない。

どこまで自分の心が平常でいられるか自信がない。


344 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/14(金) 00:23:47 ID:ZzzrnbkP.net
25歳の時に付き合ってた恋人が事故で亡くなった。
彼がいなくなって、彼の部屋から婚約指輪のカタログが出てきたので、結婚を考えてくれていたのかもしれない。
そのあと恋愛とは縁のないところで生きてきていた。
でも、彼のお姉さんが結婚、出産をしたのを機に、私も先に進まなくちゃいけないのかもしれないという気になってきた。
それでもなりゆきに任せようと思っていたときに、婚約者と知り合った。
恋人が亡くなったこととか全部伝えた上で付き合ってくれた。
去年の私の誕生日にプロポーズをしてくれて、嬉しかった。
婚約者といると本当に幸せだったし、穏やかな気持ちでいられた。
お互いの両親への顔合わせも済んで、秋に入籍予定。
来週が恋人の命日で、結婚したらもう行かなくなるだろうし、回忌法要の年だし、けじめの意味でも休みをとって最後のお墓参りに行ってきたいと婚約者に話した。
今週末は、婚約者と旅行に行くし、来週末は友達の結婚式もあってもう1日の日に法事があるからその日に行くのは避けたい。
法事はさすがに行かないし、彼の両親とも結婚をするという報告を数年ぶりにしたくらい連絡を取っていなかったので一人で行って帰ってくるつもりだった。
そのことを婚約者に話したら、今更墓参りとかあり得ない、
彼の形見(誕生日に買ってくれた腕時計で使ってないけど捨ててもいない。でも、それなりにいいものなのに使っていないことを疑問に思った彼に聞かれて、もらったことを話した。)
を捨てていないことも意味がわからない、タヒんだ人でしょ?と言われた。
もういない人だけど、そんな言い方されるとは思ってなくてショックだった。
でも、今までも無意識のうちに彼のことを話したり引き摺っていたりしていたのかもしれなくて、婚約者を傷つけていたのかもしれないと思って謝った。
婚約者曰く、彼のことを想ってたり引き摺っている様子は一切なかったのに今更なんなんだと思ってると。
結婚するからこそけじめの意味で命日と回忌法要の年に最後のお墓参りに行くことがそんなに非常識なのか、そもそも考え方が合わないのか悩んでいる。
婚約者が付き合うときに言ってくれた、恋人を亡くして辛い思いをしたこともまるごと受け止めるから、と言ってくれたのも月日が経つと変わるのは仕方ないんだろうけど、なんかこのまま結婚していいか悩む。


558: 酒呑師 2017/05/02(火) 21:09:23.83 ID:YtemVAuvd
嫁の命日だったので、投下してみる。 

当時 
俺、24 
嫁、22 

当時勤めていた会社の飲み会の帰りに、寄った行きつけだたったのbarで、新人バーテンダーとして働き始めていたのが嫁。 

簡単なカクテルを作れるようになった頃から、味のチェックをしてほしいとたびたび言われるようになった。


このページのトップヘ