堕胎


896 :名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木) 10:10:36 ID:Azw
私より3歳年上で、日曜礼拝にも必ず参加する敬虔なクリスチャン()のMちゃん。
「妻は三歩下がって夫を立てるべき」という考えで、旦那さんの命は絶対と考えている。
具体的に言えば、旦那さんから言われたら人付き合いも仕事もあっさり変えるレベル。
旦那さんはMちゃんより1歳年上で、旦那さんには常に敬語を使い、呼び名は「(名前)さん」。
(仮に山田太郎なら太郎さん)
外ではかかあ天下をしている私に
「もうちょっと旦那さんを敬って立てた方がいいよ」
とMちゃんがどれほど内助の功で尽くしているか語られたこともある。
正直、付き合い初めは「大和撫子ってこんな感じなのかな?」と思ってたくらい魅力的な人だった。

しかし、付き合いが半年経つ頃には不平不満を漏らすようになったMちゃん。しかも
「あの時はこう嫌だった、あんなことしたくなかった」
と後から言う厄介なタイプで、更に
「でも(旦那)さんの付き合いだから仕方ないんだけどね」
で締められるから下手に
「この間してた○○楽しそうだったね」
なんてフェイスブックネタを話題に振れなくなり、こちらが話題に出さなくても
「この前○○って書いたでしょ?」
とMちゃんからフェイスブックの話題を振って愚痴られ、ちょっと付き合い難いなと感じるようになった。

それから少しした頃、Mちゃんと私より2歳年下の共通の友人と私の3人で喫茶店でお茶をした日。
共通の友人の様子がおかしくて心配していたら
「妊娠したんだけど、彼氏が逃げ腰でどうしたらいいのか悩んでいる。」
と打ち明けられ、話を聞く体制に入ろうとしたらMちゃんが
「避妊はしてなかったの?どうやって避妊してたの?」
などズケズケと性生活の質問を始め、共通の友人は凄く恥ずかしそうに答えていた。
共通の友人は「1人でも子供を産んで育てたい」と主張しているのに
「産むことだけが正しいわけじゃない。子供を受け入れる準備が出来てないなら産むべきじゃない。」
と強く堕胎を勧めるMちゃんにドン引きした。私が
「そういうのは第三者が言っていいことじゃないよ。」
と宥めてもMちゃんは堕胎を強く勧め、帰宅後も体調伺いと称した堕胎推進メッセージを何度も共通の友人に送っていた。
(メッセージの件は先日、1児の母となった共通の友人から笑い話として聞いた)

そんなMちゃんが先日出産し、フェイスブックに超長文の一人語りが投下された。その中に
「酷い悪阻と切迫流産から始まって幾つもの困難の末(中略)妊婦さんには優しくしようと改めて思いました。」
と書かれてあり、自分が共通の友人に何をしたか忘れてることにビックリした。

更に昨日、Mちゃん夫婦は旦那さんが子供嫌いで計画小梨家庭だったと知った。
しかしMちゃんは「夫婦と子供がいて家族になる」という考えで、子供を強く望んでいた。
旦那さんと話し合いの末、婦人科の病気も持っているMちゃんは妊娠しにくい体質だから
「不妊治療はしない。あくまで自然妊娠で授かったら産んでもいい。」
と旦那さんから許可を得て、何年も子作りに励んでいたらしい。
妊娠後は旦那さんから、途中何度も堕胎を勧められていたとも聞いた。

共通の友人に偉そうに語っておいて、自分はどうなんだとMちゃんの神経が分からない。
その反面、同年代の友人が出来てもすぐにいなくなってる理由がよく分かった。



294 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/26(土) 18:40:02 ID:gqoVoqsv
20代後半に付き合っていた人。
優しく真面目で特に欠点も見当たらない。結婚の話も出ていた。
彼の両親、姉および姉旦那もいい人達で2人の子供も可愛らしかった。
ある日、姉が体調崩して実家に帰ってきていると。よくよく聞いてみると子供を堕ろしたとのこと。
何か、妊娠を継続できないような不調や病気などがあったのかと心配していたら、3人も育てられない、のだそう。
いや、お姉さんちは一軒家も大きな車もあり毎年旅行に行ったりとても困っているようには見えなかった。
生活レベルを維持するために堕胎するなんて…とモニョったのだが、彼は別に何とも思っていなさそうで引いた。
それ以降、なんとなく熱も冷め、結局別れてしまった。


390 :師走のジジイ 2017/03/23(木) 01:49:10 ID:YNIuRYEZ0.net
部下が多大なミスして会社に損害を与えた

立場上こっ酷く叱ったが余りにもの落ち込みようで罪悪感が出てきて
激励のつもりで飲みに連れて行く。2人きりで

居酒屋では仕事の相談を受けるが部下はまだ吹っ切れてない

居酒屋を出るとまた泣き出し、それで放っとけなくなり思わず抱きしめてしまう
抱きしめ返してくる部下がその時だけ愛おしくなり
酔もありホテルにGO!!そのまま関係を持ってしまう

罪悪感がありこれっきりと自分に言い聞かせるも
部下から仕事の相談との名目で誘われるようになり
また2人で呑み→ホテル

これが2年前の出来事

更にズルズルと関係を持ち続け恒例と化して初めて気持ちが部下にあることに気づく
抱かれるときゴムも付けないようになる
そのしっぺ返しは「妊娠」という形で現れた
こっそり堕胎して、更に2回目の堕胎を経験する

これが1年前の出来事

嫁の日記に事細かく書かれていた
初めは「小説?」とか自分に言い聞かせてみたが
やはり事実であることに変わりなく悲しみの波が押し寄せてくる

最近の日記には「どうやって俺に切り出そうか?」「どうやったら円満に離婚できるのだろうか」など綴っている

読み終わる頃俺にこの日記を差し出してきた娘(14歳)が突っ伏せて号泣している
娘「ママは私たちを捨てるの?」と聞いてくるが
ヘタレな俺は何も答えられず涙だけが流れていた

しばらくすると娘が「私たちが捨てられるんじゃなくて、私たちがあの女を捨ててやるんだ!」と言い出した
俺は窘めたが娘の意思は固く、それ以外の答えはないと言い張った

このことは嫁には内緒にして娘と2人でなんもなかったように過ごす努力をした
1週間ごにもう一度娘と話し合いした
やはり娘は離婚を、離別を望んでいる
それは恨み事ではなく「ママのため」らしい
嫁のために離別して嫁は嫁の好きな人と一緒になることを望んだ結果だそうだ


4 :名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土) 20:42:50 ID:4WU
かなり昔の話。
堕胎話・DQN要素あり。不快な方は読み飛ばし推奨。
当時のスペック
私:19歳 社会人
彼:20歳 大学生

彼との出会いは当時の仕事で掛け持ちしてるバイト先の仕入れ業者。
付き合い始めた頃から束縛が激しく、半ば冷め気味になってた。
ある日私の妊娠が発覚。
ゴムつけて避妊はしていたがピルを飲んでいた訳じゃないので僅かな確率に当たってしまったのだろう。
それは仕方ないと思う。
彼に正直に話した所
「それホンマに俺の子?」
と聞かれた。
張り倒したくなる衝動を抑え「どう言う意味か」と聞いた所。
・俺はきちんと避妊していた。
・着床したと思われる日はセッ○スしていない。
・お前は趣味などで男の交友関係がある。
・と言うか浮気してるだろ。
それに対する私の返信は
・コンド○ムだけでの避妊は100%ではない事。
・着床予定日はあくまで予定日である。その前後日でしていればブレはある。
(現に着床予定日の前日に致していた。)
・確かに男の子がいるが、常に女性を隣に置くなどし、自衛はしている。
(当時ウェイクボードにハマっており、女性が多めのサークルで活動していた。)
・浮気とかめんどくさい。浮気する位なら別れて次に行くわ。
そう言う返事を返した。
実質、堕ろすにしてもタイムリミットは迫ってくる訳でどうするか聞いて「堕ろしてくれ」と言われた。
「堕ろすのは仕方がないかも知れないが、その後の責任はどう取るつもりなのか具体的に説明して欲しい。」と詰め寄るも、何故かナァナァ状態。
そこでも冷めが来て堕胎費用18万をどうするかの話し合い。
「俺は金がない」
と言われたので
「だったら借金してでも半分は出せ」
と言う。
その半分を友人から借りて出したらしい。
私は私で半分を貯蓄から一括で負担。
彼の友達に借りたと言う借金を、何故か私にも負担しろと言う。
意味が解らんので「私は半分出したよね?貴方の責任は四分の一なのかな?学生だから?成人してるのに学生ならその責任は免れるの?おかしくない?」と言って放置した。
友達から催促されてバイト代を返済に充てて金がないと泣きついて来た。
「家族にも言わない・痛手も背負わないで何が責任か。男なら腹括れよ」
と言ったら冷たいと言われたので
「だったら今後一切関わってくれるな。このドクズが!」と残りの借金分の金額を顔に叩きつけて別れた。
実はこいつが二股かけてるの知ってたんだよね。


119 :可愛い奥様 2012/10/03(水) 04:16:18 ID:YmVP16E70
説教覚悟

10年前の話。
相手は今の旦那だけど、結婚前に妊娠→経済的な理由で堕胎。
ギリギリまで産むかどうか迷っていたせいで、手術時12週を超えてしまっていた。
術後、病院から小さな箱に入った胎児の遺体を渡されて
「一応、火葬しないといけないきまりになってるので、市役所で詳しく聞いてね」と
言われたが、どうしたらよいかわからず、いや市役所行けよって話だけど
面倒くさくなって、退院後立ち寄ったコンビニのゴミ箱に捨ててしまった。
もちろんタヒ亡届も出していない。

翌日、大変なことをしてしまったと思い直すも後の祭り。
10年間、時折思い出しては罪悪感に苛まれていたけど、
どうすることも出来ず、本気で墓まで持っていくつもりだった。
もちろん旦那も知りません。


518 :素敵な旦那様 2006/01/25(水) 17:41:26
この板に初めて来た。

33歳 結婚 13年 付き合い15年。

高校を卒業して田舎から東京の企業へ就職。
「都会の女を食いまくってやる」と野望を抱いていた。
とりあえず知り合いも居ないので同期の娘誰かと付き合おうと思った。
狙ってる子は他にいたのだが策略にまんまとはまって別の子とつきあう事になった。
しかしその子は「とりあえず」だ。他にいい子が見つかるまでの「つなぎ」だった。
しかし俺は東京で「女」にではなく「仕事」にはまった、自分でもまさかの出来事だった。
なしくずしに半同棲となった、飯や洗濯もしてくれるし便利だった。
俺は毎日残業、その後上司と飲んで帰る。帰宅は毎晩日付が変わっていた。
彼女は食事をつくり、友達や同僚の誘いを全部断り毎日一人で俺の帰りを待っていた。
勤務地の違いで俺が目覚めるより早く出勤する。しかし毎朝食事の用意があった。
なのに機嫌が悪い日は「目玉焼きが半熟じゃなかった!」などとキレていた、彼女はいつも「ごめんね」と謝った。
二回子供をおろさせた。二回目の時に「次は絶対に生ませる、結婚するから」となだめた。
心の中では「そろそろ潮時だな・・・」と思っていた、それでも最低に甘ちゃんな俺はズルズルと半同棲生活をつづけた。

高校の親友から手紙が来た、内容は割愛するが心にぐっと来る内容で
俺は地元に帰る決心をした。仕事は最高に楽しかったが地元が恋しくなった、何も考えない馬鹿な餓鬼だった。
そんな時彼女が三回目の妊娠をした。なんでそんなにそこだけ愛称抜群なの?自分の馬鹿さ加減がわからなかった。
会社に辞表を出し、彼女を捨てて逃げ帰るつもりだった・・・そして
「田舎に帰る。別れてくれ」
馬鹿な俺でもさすがに声にするのが苦しかった。
自分の事しか考えなかった。頼めばまたおろしてくれると思っていた。生んでも一人で育てられる訳もないし
他に選択肢はない。どんなに罵られても帰ってしまえばそれまでだ。・・・今自分で書いてても本当に最低、クズだな。
彼女は俺を罵らない・・・別れてくれると言った。「言い出すとは思ってた。毎日いつ言うのかなーって辛かった」と。
「けど赤ちゃんは産みたい。どうしても生みたい。迷惑はかけないから生ませて」
僕はぐちゃぐちゃに泣いた。最低な自分、それでも即答できない自分。

このページのトップヘ