学生時代


220: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/10/29(木) 09:21:03.89 .net
嫁が旧同級生の紹介で就職した
でまあ暫くは平和にやってたけど
学生時代の「このお菓子あげようか?」「くれるの?いる」「あーげない」みたいな感覚で
「明日どの仕事すればいい?」「あ、ええと…まずは月次」「しーない」ってやらかしたらしく
翌日から同級生の態度が冷酷になって居心地が超悪くなったらしい

当たり前だ
どうすればいい?って相談されたけどバカだねえ本当にバカだねえって感想しかないわ
どうしようもないんじゃないの?別の仕事探せば?と口に出すと俺が悪くなるからしばらく放置




342: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/11/10(月) 12:05:25.83
前にも後にも進めない。 
こんなことなら思い出のままでいた方が良かった。 
またねと言って手を振ったのにまた会える日が来るのだろうか。苦しすぎる。 
吐き捨て。


483: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/25(金) 18:22:00.81
浮気というのでもなく相談も違う、どこに書いたらいいのかわからないが、疲れた、だが離婚したいわけじゃない。 
嫁と知り合ったのは某地方国立大学の研究室。嫁は修士からそのまま教授秘書のバイトで研究室にいた。 
6歳も年上だったけど、そうは見えない可愛い感じで、教授からも大事に扱われていた。 
今思うと、そういう雰囲気を維持していたのは金の力、嫁の育成歴だったんだと思う。 

決死で結婚申し込んだ時に話してくれた独身の理由は、 
嫁が高校の時にすごく好きな男との交際反対されて駆け落ちして失敗して心中に失敗したからだった。 
以後は重すぎてお見合い相手がドン引きしたらしい。 
それでもいいってお願いして結婚してもらった。 
正直うちの実家とは不釣合な縁談で反対されたが、なんとか結婚にこぎつけた。 
そこから3年間は毎日夢のようで、娘が生まれてさらに幸せで6年目。 
なんか幸せなのが怖くなってきた。 
だって嫁は何もほしがらない。だんだんくすんできてる。 

そして先日、家族3人で嫁実家に帰った時に駅前で高校時代に駆け落ちした相手と偶然再会した。 
5分ほど話してる間、嫁がすっごいキラッキラして学生時代の嫁みたいだった。 
挨拶して近況報告(向こうも既婚)しただけなのに、なんかもうどうしていいかわからん・・・ 
嫁からいつ、別れて欲しいと言われるか恐れおののいてる。


472: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/20(金) 02:21:35.16
俺の嫁は、幼馴染で世話好きな女だった
小学校から俺に色々文句言う女(のちの嫁)がいた
上着はズボンに入れろとか、ハンカチは丸めずに畳んでポケットに入れとか
中学になっても変わらず、
肘ついて飯食うなとか、食べ物口に入れて喋るなとか
一つ直すと、また一つ文句いう事を見つける感じで、ずっと文句言われていた
母親が俺より、嫁の事を信用しているので、言いなりになるしかなかった
その時から洗脳されていたんだと思う
両親が会計事務所をやっていたので、将来は跡を継がないと駄目かな
と友達と世間話していたら、
嫁が、そのためにはいい高校、いい大学に行かなくちゃいけないとか言い出して
学校の図書室で勉強をやらされていた
高校も同じ学校について来て、あれこれ指示を受けていた
そんな俺も、遅い思春期を迎え同じクラスの女子達が気になり出し
髪形や服装にも気を使い始めたら、嫁から呼び出しを食らって
いつものように説教される俺

嫁 「親の跡を継ぐなら、そんなことをしている時じゃない」
俺 「俺も、青春したい、女の子とデートもしたいし恋もしたい」
嫁 「お前の目の前にいるのはなんだ」
嫁 「私は女じゃないのか? 学校帰りにマックやゲーセン行ってるのはデートじゃないのか」
俺 「手も繋がないし、キスもして無いじゃん」
嫁 「わかった、これでいいよね」

で思いっきり、キスされた、それからキスはさせて貰える様になったが
それ以上は大学入学になるまで、許してくれず
大学入学後も国家試験が通るまで、嫁と勉強して、同じ年に二人とも合格した
合格したその年に嫁と結婚した
母親が初めに嫁ちゃんに任せてよかったわって言ってたけど
小学生の時の嫁にどこまで期待していたんだよ
嫁母からは、初恋から今までよく続いたねって言われて
嫁が号泣したのを初めて見た
思い出してみると、告白もせずに付き合い始めて
資格取ったら、結婚しようとは言ったけど、まともなプロポーズはしなかった
毎晩、愛してるって言ってるから、これで許してくれていると信じている

185: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/29(木) 15:31:52.22
「あんまり泣いてると天国のお母さん心配しちゃうよ」

墓の前でめそめそしてた時に声かけてきたのが当時中学生の嫁。その時俺は小学三年生。
自他ともに認めるマザコンだった俺は、母さん死んだのが信じられなくて
毎週墓場に行っては墓の前で泣いてたんだよね
お盆の時期とかは嫁家族とは会釈する程度で話したことは無かった
たまたま嫁が一人で後から墓参りに来たらしいんだけど
気付かない俺は墓の前でメソメソしてたんだよ
嫁が優しい声で「ほら、泣かない」と頭を撫でてくれてさ。母親の温もりを思い出しちゃったもんで
ダムが決壊したように涙が止まらなくなって嫁の胸に顔を押しつけて号泣したのは苦い思い出
今考えるとセクハラだよなw

このページのトップヘ