家族


81 :可愛い奥様 2012/11/28(水) 23:49:00 ID:iOgD8KjxO
ちょっと相談させて欲しい
男やもめの舅(56)が3年前に若い女と子供を作ったんだけど、女が最近子供を置いてとんずらした。それに次いで舅が逝去。
残された舅の子供を、養子として引き取りたいと夫に言われた。
私は夫(28)と息子(3)と3人暮らし。
舅の子供は女の子で、私の息子と同い年。

夫からすれば腹違いの妹に当たるので、引き取りたい気持ちも解る。
でも私としては他人の子供と自分の子供(しかも同い年)を平等に育てられるかどうかの自信がない。
これはどうするべきなのか…



267 :名無しさん@HOME 2009/07/04(土) 00:36:20 0
「家族なんだから」が口癖の義実家一同に向かって
ついに「家族なんかじゃありませんよ、私は夫君の妻というだけで、あなた方とは関係ありません」
って言ってやった!
真性膿化脳の糞ウトメコトメは全く予想もしなかった発現らしくて
ポカーンとしてた馬鹿面を思い出すたび気分爽快だー!

他人の不幸やタヒを心から望むようになってしまった自分が本当にイヤでたまらないから
今後は全力で絶縁するよ。グッバイ糞義実家一同!


311 :名無しさん@おーぷん 2017/06/20(火) 15:17:25 ID:3S4
母:統合失調、糖尿、ガン、家事は多少する、生活費くれない、妹が恐怖で言いなり
父:年収低い、残業ほぼなしなのに家事しない、文句多い、妹の言いなり
祖母:1人じゃ生活できない、生活費ださない
私:Fラン大卒無職、うつ状態、独立しようとして失敗、奨学金、気力なし
妹:脱出成功

詰んでる


143: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/17(月) 22:57:35.21 ID:65BWVpE3a
私は完全に妻とうまくいってなくて、その時に嗚咽に出会った感じです。嗚咽はきっかけに過ぎませんが。 
ここの人はどちら派に分かれるんだろう? 
私は現在離婚調停中で、嗚咽とうまくいくかわからないけど、離婚成立したら一緒になりたい派です。



307: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/14(日) 15:54:56.22 ID:9z28Y5CGK
勉強を嫌がり、やっても適当にすます小4ダンスィにブチキレる嫁、息子も口答えしてギャーすかバトル、 
逃げ場のない言葉攻めの嫁、 
言葉尻だけに反抗する息子、 
耐えられなくて怒鳴る俺、 
どうせ私が悪いのよと逆ギレ嫁、 
ざけんなと更に声を荒げる俺、 
ケンカはダメと泣いて仲裁に入る息子、 
息子の涙に我に帰って謝る俺、 


渋々ふて腐れて謝る嫁、 

息子の勉強に寄り添う俺、 

少し落ち着いたが嫁の渋々な態度ににモヤモヤする俺、 

なんで嫁は私もゴメンと和解できないのか。。 

ストレスきついな。。 
怒鳴る俺が悪いんだけど、きついわ。 

母の日に夕飯作る買い物に一人で出てきたけど、なんだかなぁ。花とケーキで謝るか。



199: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/20(木) 17:55:13.39 ID:OaXEvqId0
当方単身赴任中、連休はカレンダー通り 
病気もあって息子が二浪 
家内の実姉が乳がんになった、と 

鬱々とするから気分転換に一泊二日旅行したい、と 
その間息子には金遣って買い食いさせるのか? 
俺は息子が浪人してから旅行とかする気はまるでしない



689:名無しさん@お腹いっぱい。2017/03/23(木) 14:57:28.19 ID:S3wqQRQ80
俺の友人とか職場の後輩見てると、タバコぜったい無理吸わないですって奴は聞いてみると親が喫煙者ってパターンが多い
子どもの頃親がタバコ臭くて嫌だったから自分は吸わないって

逆にタバコ吸ってる奴に聞くと親は吸わないっていう
反面教師なんだろうな



349: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/30(土) 00:48:12.44
最近、嫁と喧嘩が増えて子供の前で一方的に詰められる。
俺が子供のことやなんかで神経質になりすぎていっぱいいっぱいで雑な片付けや態度をいちいち指摘するし、いつも険しい顔をしているみたいで家族で楽しく過ごす努力をしていない一緒に居ても楽しくないから籍を外す方向でと・・・。

俺の力量不足、器の小ささだったんだろうから、ぼっちになるのは自業自得だけど息子があまり笑わなくなったのが悲しいと同時に申し訳ない気持ちでいっぱい。



24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/20(木) 02:19:30.04
家族を大事にしている女はダメ。
親の顔をしばらく見てないくらいの女がちょうどいい。

自分の血縁のことばっかで、夫の実家は無視するから。
実家依存症になるの間違いない。


このページのトップヘ