常連客


905 :名無しさん@おーぷん 2015/10/27(火) 12:52:19 ID:beF
たまたま寄ったガソスタがセルフのところだったけど、そこで見た神経わからん人
車を入れたら店員が接客に来て洗車と空気圧点検どうですかーって聞いてきたので、時間もあるしとお願いした
そのタイミングで別の車が来たんだけど、その車が入ってくるなりすごい勢いでクラクション鳴らして店員を呼ぶ
「おいさっさと来んか!レギュラー!」
窓から顔を出したのは御年80くらいの爺さん
私を接客してた人が飛んでいった
「レギュラー満タン!さっさと入れろ!」
この人セルフって知らねーのかなと思っていたら、万札とプリペイドカードを店員に渡した
明らかに常連
店員さんがプリカに入金して給油始めたあたりで爺さん今度は車検点検みたいなことしてる店員をひっぱってきて
「おい!灯油!ボサっとすんな!」
荷台に積んである灯油缶を店員に運ばせこちらも一から十まで店員にやらせた
ちなみにこの店、わざわざ荷台から缶を積み下ろさなくても、セルフなので給油機の近くまで車をバックで止めたらそのまま給油できる
私は空気圧点検の途中だったので動くわけにもいかず、ボーッと終わるのを待っていた
ガソリン入れ終えた店員が爺さんに言われて窓まで拭いて戻ってきた時には洗車する気も失せて、とりあえず空気圧点検だけ終わらせてと伝えた
店を出るときにこれまた爺さんが店員を呼びつけ、先に出るから道を空けろと要求
私より先に爺さん優先する店員のせいで、先に車に乗り込んだ私は店員が前にいたので、また爺さんが動くまで待ちぼうけ
しかも帰る方向が同じだったから私が爺さんの後ろにつくことに
ちなみにガソスタの前の道は制限時速50キロの道
この爺さんその道を30キロで走り出した
左隣を原付きが走り抜ける
しばらく走っていたら、踏切よりだいぶ前で一時停止した爺さんの車がエンストした
対向車がおらず邪魔だったので追い越したら、クラクション鳴らしまくってきた
爺さん30キロで走ってたせいで渋滞おきてたんだけど、私の後続車もみんなして抜かすので後ろの車にもクラクション鳴らし続けてた
結局聞こえなくなるまで鳴らしてたが、さっさとエンジンかければいいのに



148 :名無しさん@おーぷん 2017/05/03(水) 11:25:49 ID:QWx
母(現在50代)が昔マドンナだった事。
祖母は地元では有名なある店を長年やっていて、6年ほど前に病気して閉店した。
その祖母が亡くなった際、びっくりするほど大勢の人が弔問に来てくれた。
母は結婚前、祖母の店でお手伝いをしていて、常連客のマドンナだったとその時知った。
50~60代のおじさん達が母の前に長蛇の列をなして
祖母のお悔やみを言いながら頬を染めていた。
はっきり言って母はただのおばさん。
弔問に来て下さったそのおじさん達に「少しも変ってない」「あなたは僕の青春」と言われてる母は
別人のように思えた。
面白いのは母を長年ないがしろにしてた父の態度が変わった事。
母に花やお菓子を買ってくるようになったんだけど
モロに仏花だったり、シュークリームに50円引きのシールがべったりだったりして雑w


134 :名無しさん@おーぷん 2016/05/03(火) 12:04:31 ID:qIW
昔、レストランでバイトしてた時の修羅場。
バイトでレストランのウェイターしていた時、かわいいウェートレスのバイトも結構居た。
客がかわいい子にちょっかい出してくるケースがホント多い
男子学生が連絡先をペーパーナプキンに書いて「後で連絡欲しい」とか、名刺渡してくるリーマン。
仕事に支障あるくらいちょっかい出してくるバカ客は男性.従業員がテーブル担当変えてブロックして対処。
ある日、何度もちょっかい出してる常連客Aか来た時にウェートレスのB子から
「あの人しつこくてホント困ってます、助けてください」と相談されたので接客担当全部変わった。
すると常連客Bが激高してあの子に代われ、お前はいいからと大声で叫び出す
この手のトラブルは手慣れたモノなので冷静に「休憩中です。」とかわした
何時間も粘ってまたB子にちょっかい出すと…ついにキレたB子が罵声浴びせて切れた客が
追い掛け回す修羅場に発展。B子がなんと俺を盾にして身を隠すと
常連客AがB子の彼氏か?と騒ぎ出した 
思わず「ハイ彼氏です♪」と言ってこれ以上騒ぎ立てると他のお客様に迷惑です、と説得試みるも手遅れ
「テメェ、覚えてろよぶっ杀殳してやる」と捨て台詞を吐いて帰った
ほっとしたのも束の間、B子が「さっきの常連客B、店の前に止まってるトラックにまだ居ますよ」…。
まさかホントに「杀殳す」為に待ってる筈無いよと笑って受け流した

レストランの営業時間が終わり閉店、片づけて店を出ようとした時、常連客Bが店の前でウロウロしてる姿を発見
さすがにこれはマズい、警察呼ぼうか?と話しをするとB子は大げさにはしたくないとの事。
店にはバックヤードが2か所あり別々に店を出ることにして自分が常連客Bを挑発して時間を稼ぎ、
別の裏口から逃げたB子は無事逃げ切った。
挑発して常連客Bを引き受けた俺は、さらなる修羅場。常連客Bはなんとナイフを取り出してぶっ杀殳してやると叫び、
追い掛け回して来たよ…なんでこんなことに。。こんなつまらない事で杀殳されたくない一心で必タヒに逃げた
自分は短距離走でクラス代表に選ばれる位の脚力だったのでカールルイス並の猛ダッシュで逃げた
しつこく追い掛け回してくるので延々と逃げ回る結果になり、民家のガレージに夜明けまで隠れて難を逃れ、逃げ切れた

マジで杀殳されかけた衝撃の出来事…(´・ω・`) その後このレストランのバイトリーダーまで任されることになった
バイトの採用面接も俺。しかし、可愛すぎる子は何かと客トラブル、デート欠勤多い、ワガママ多いことを知った俺
容姿は二の次、接客向きの性.格が明るい、まじめな子を第一の採用基準に必ず選んだw


296: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/23(金) 18:47:56.20 .net
私のトコの馴れ初めは、単純に私の一目惚れ。 
それより、妻への告白よりもプロポーズの方が先だったよ…


このページのトップヘ