1 :風吹けば名無し 2018/04/16(月) 16:32:54 ID:XHrvZ5WNa.net
未だに話せてない



450 :名無しさんの初恋 2017/10/21(土) 19:24:46 ID:e80N1OpI.net
うちの職場の若い可愛い子に恋してしまった
その子がいい匂いするから
その子が自宅で使ってるシャンプーきいて早速買ったんだよ。TSUBAKI。
何日かして「僕もTSUBAKIに変えたんですよー、いい匂いですよねー」といったら、
その子は「おそろいの匂いになりましたねw」てニコニコしてたのに、
それからまた何日かしたら別のシャンプーの匂いになってたよ。
「シャンプー替えたんですね-、今度はどこに替えたんですか?」て聞いたら
「彼氏が買ってきたからよくわからないですぅー」て言われて、
この突然の彼氏いるアピールなんなの???
なんかまるで俺がお前を狙ってるかのように思われてる展開じゃん??
すげー不愉快になったからバリカンかって自分で坊主刈りにしたったわwww
そしたらシャンプーつかわなくて石鹸ですむから安上がりだし。
勘違いしてんじゃねーぞカス


378 :名無しさん@HOME 2008/03/12(水) 12:10:54 O
プチだが…
17歳のピザコウトが私に好意をいだいているらしいorz
最初は好きな子の相談をうけていたんだがだんだん
「僕のこと心配してくれてる」イコール「この人しかいない!」と脳内変換。
最初は全然普通だったのが電話は毎日(トメ宅とは近距離別居)
息子を見に来たいという名目で旦那(出張)がいないうちにきて朝から夜まで居座る
服、下着は盗まれる
トメに
「兄ちゃんと離婚させてよ」と頼む
などやりたい放題
それまでいい関係だったトメともギクシャク
「若い子誘惑して。孫ちゃんは本当に息子ちゃんの子?」なんて聞くようになってきた。
旦那は笑って「お前のどこが良いんだか」なんていいだすからあてにできない。
ので

コウトがきたいと電話があったので前トメ宅の前を通ったらトメ下着を外にほしていたので盗まれちゃいけないと思ってあずかっておいた
あ ず か っ て お い た下着を私の下着いれる所にいれておいた
案の定私がトイレにいってる間に下着をとったみたい。
自分の母親のだってわからずに。
今さっき帰っていった。


スッキリしなくてごめんなさい
ほかになんかないかなぁ~


10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/08/18(水) 16:25:05
結婚について 
  
戦後、日本の結婚は「愛」とかいう化け物で歪んだのだと思う。 
愛というものは、熱して冷める。冷めてしまえば離婚になる。   
しかし、家庭を作るということが結婚であるなら、 
そういうことはない。夫婦仲良く子育てをし人生を終わる。  
家庭を作ることに「恋愛」は必要だろうか。 
私は「恋愛」を特別視する無意味な風潮が、 
日本人の結婚観を歪めて、 
「恋愛を必要とする結婚」となって、結果的に結婚できない、 
しない男女を作りつづけているのだと思う。  
結婚の前提が愛だとして、お互いに愛を感じるということは、 
百万人に2人程度のほぼありえないことではないだろうか。



645: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/23(水) 20:33:33.22
価値観というか考え方や、物静かだけど言う時はきちんと言えるし適当に同調しないとこが好きだけど
これって人間として好きなんだよなー。恋とは違う気もする
だからこそ恋みたいに冷めたり終わったりしない気がして恐い



119: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/18(金) 23:05:17.88
嗚咽の事が好きな事に気がついて5ヶ月、今レベル3です。
嫁と結婚してから20年、真剣に恋をしたのは初めての事だったので戸惑った。
こんなに心を乱される事が有るなど考えてもみなかった。
でも最近は嗚咽しながらも心地良いと思えてきました。恋をすると気持ちや気力が溢れてくるのを感じます。
ただ、独身の時に出会いたかったなぁ。



926: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/18(金) 19:46:45.99 .net
相手の気持ちが知りたい
とにかく知りたい
もう5年も想って、いい加減にどうにかしないと
身動きがとれない



596: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/09(水) 18:29:31.02 .net
好きすぎてつらい。 
寝ても覚めても彼女のことを考えてしまう。 
彼女も既婚だし、どうにもならんのに、気持ちがおさまらない。



28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/24(月) 20:12:04.65 .net
好きな人の口から"結婚"という言葉を聞きたくない 
その瞬間から諦めなくちゃならないから 
少し依存的で、この恋を忘れるのが怖い


このページのトップヘ