教師


194 :名無しさん@おーぷん 2015/08/31(月) 20:00:33 ID:ePs
衝撃とは少し違うかも知れんが。
以前、中学の技術の教師をしていた。
ボルトとナットの名称を教える時、
「ボルトは男、ナットは女と覚えとけ!」と教えたら
ビックリするぐらい大量の父兄からの苦情が来たw
(ちなみに俺自身がそうやって教えられた)
なのに、テストではその部分だけ正解率ほぼ100%だったこと。



36 :名無しさん@おーぷん 2017/09/28(木) 00:40:13 ID:HRr
学校の先生は性格がおかしい人が多いと言われるが、自分の母を見ていると真実だと思う。

今は退職して何十年も経ったが、昔、母は小学校教師だった。母は私や兄に「教師は女の仕事としては最高の仕事だ」といつも言っていた。
その「最高の仕事をしている自分」にものすごいプライドを持っていた。ある時、その最高話にウンザリした兄が「女性のお医者さんや
弁護士や大学教授もいるよ」と言ったら、母は「それは例外でそんな人はあまり居ない、普通の仕事では最高なんだ」と怒鳴った。
兄が「普通は普通で、最高とは違う物だ」と言った瞬間、兄は母に殴られていた。目が吊り上がって顔が真っ赤な母に「お前もそう思うか?」と
聞かれた私は兄を裏切るわけもいかないけれど、殴られたくないのでどうしてよいか分からず即答できなかった。再度「お前はどう思うんだ!」と
怒鳴られ、パニックになった私は「普通は最高だと思う」と答えてしまい「馬鹿」と言われ、母に殴られそうになった。その瞬間、兄が「今の事を
赤の他人に言って聞かせてもいい?」「最高話を人に言いふらすよ」と言ってくれたので母に殴られずに済んだ。母は「お前たちは世の中の事を
分かっていない」などとブツブツ言いながら部屋を出て行った。家に父親は居たが、全くの空気だった。何を言っても相談しても「母さんの言う
通りにしなさい」「母さんを怒らせたら駄目だよ」と言うだけだった。

後年、兄は大学を卒業し就職して家を出た。母が望む超難関大学に行かなかった兄を母は絶対に許さなかった。「○○大学に行くのに東京に行くのなら
まだしも、就職のために東京に行くのは許さない」と母は怒っていた。給料が出るまでの間、兄がお金に困ると思った私はお年玉や小遣いを貯めていた
のを兄に渡した。兄は「ありがとう」と言ったけれど、お金を受取らなかった。それでもと言う私と押し問答になって兄は「じゃ」と言ってその中から
1000円だけ持って行った。兄はその千円札を今も持っているらしい。

高齢となった母は今もプライドの塊で、内心、すべての人を見下している。自分が知らない事は、世間でもあまり認められていない事だと信じ込んでいる。
だから、インターネットとはロクでもないもので、そんなものはすぐに廃ると思い込んでいる。
現在、私は母とは完全な絶縁はしていない。完全な音信不通にすると半狂乱になって故郷の友人の実家に押しかけたことがあったから連絡先は教えている。
「東京なんてロクでもない」場所だから母は私の家には来ない。いろいろ準備をして疎遠にしていくつもりだ。
兄はインフラエンジニアをやっているが母曰く「ロクでもない仕事」だから兄とはほぼ絶縁状態となっている。

そんな母だが、母が担任していたクラスの同窓会が開かれる度に、母は「恩師」として何回も呼ばれている。故郷の人に聞くと、母は温厚で理解のあるとても良い先生
だったらしい。「私と兄の話は誰も信じないだろうな」と思い、母が以前「お前たちは世の中の事を分かっていない」と言った事を思い出した時がスレタイ。


814 :名無しさん@おーぷん 2017/09/18(月) 21:07:08 ID:QZB
高校時代、物理の教師が授業時間に突然原爆にまつわる実験を実施したこと。
瓦とガスバーナーを教壇の上に並べて何するのかと思ったら
3000°の超高温で瓦を溶かして
「はいみなさん注目~。今私は原爆の原爆と熱線の同じ温度、3000°で瓦を焼きました~。
見て下さい、溶けて泡立ってるでしょ?これと同じ熱線が〇十年前の8月6日、広島の街を焼いたのです!
原爆の破壊力と戦争が理解できましたか?」ですよ。
生徒一同ぽかーんでした。進学校だってのに試験に何も関係ない授業に1コマ!
ただ瓦焼かれて戦争の悲惨さ云々なんて理解できないし。
そもそも物理の時間に反戦教育するなっての。
今思うと日教組だったんだろうな・・・。


466 :名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水) 14:56:18 ID:fky
兄が中学生だった頃の担任の先生がとにかく悲惨だった。
兄の担任は体育会系の女性で褐色肌。健康的なさっぱりとした人で人当たりもよく、男女関係なく人気があった。
一学年下の私もこの先生に好印象を持っていた。
それがある日、突然その先生が辞職。一身上の都合らしい。
でも数日後に先生の両親が娘のクビを取り消してくれと凸してきた。
あまりに騒ぐから生徒達にも事情がダダ漏れ。その後も近所で先生の退職した理由の情報があちらこちらで飛び交った。
どうやら先生は帰宅途中に男に襲われ組み敷かれ、ナイフを突きつけられたらしい。イチモツを口に入れられそうになり、思い切り噛んでやったみたい。
ぶち切れられ頬を殴られ、反撃で蹴りをいれたら犯人がどこかに頭を打ちつけて失神。
犯人のイチモツは使い物にならなくなった。先生は過剰防衛で逮捕され、世間体を気にした中学は先生を自主退職させた。
もう茫然としましたよ。
フェイクが入ってますが、地元の新聞に載っていました。
生徒達が一丸となって先生を復職させろと抗議をしましたが、先生が再び私達の前に現れることはありませんでした。
過剰防衛ってなんなんだろう。襲われたら受け入れろって事か。
実際襲われたらパニックで過剰防衛のラインの区別なんてつかないよね?


240 :本当にあった怖い名無し 2013/09/04(水) 02:55:44 ID:/2EVkRlm0
小6の頃の担任が、ちょっとアレな人だった。
「この人の欠点を書きなさい」とクラスメイト全員の
名前が書かれたプリントを渡して書くことを強要したり
学級会を失敗をした生徒一人の糾弾会にしたり。
「自分の欠点や失敗をきちんと認識し、正しい大人になるため」という
名目で、今だったら親が学校に乗り込むようなことをやらせていた。

六年生になると反抗心も芽生えてくる時期で、クラスのみんなは
「絶対あの先生はおかしい」と言い合ってはいたものの、
具体的に抵抗する術は見いだせずにいた。
親に言うとか、校長や学年主任に言うとかは思いつかなかった。


580 :素敵な旦那様 2004/12/22(水) 17:03:11
数年前、息子から学校から帰るなり
「お父さんは人をコ□す訓練しよる人なん?」と聞かれた。
どういうことなのか、意味が分からなくて聞いたら
学校の先生に○×君(息子)のお父さんは自衛官だから、人をこ○したり戦争をする為の
仕事をしてる、それは間違ってる、と言うような意味のことを言われたらしい。
俺は何も言わなかった、うまく言えなくて、自分にもガッカリした。
戦争が悪いことなのは分かってる、だけど戦争の準備はする必要があると言えなかった。

けど、どうも嫁が何かを言ったらしい<息子に
何を言ったのか知らない。でも、確実に嫁が何かを息子に言ったのは分る。

次の日、息子が言ってくれた。
「僕も自衛隊に入りたい、お父さんになりたい」って、早口で言って早足で逃げていった。

あいつがどんな将来を選ぼうと構わない。ただ一瞬でも俺を目指そうとしてくれた、
その瞬間があることが幸せだと思った。


436: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/04(水) 15:07:30.66
「嫁川嫁子さん」
「はい!」
「元気な返事ですねー」

「ではみなさん、1年間一緒にがんばりましょう。俺もがんばります」
です



784: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/04(水) 22:54:42.65 ID:ikZaiBNX
大卒当時、就活のうまくいかなかった俺は、自分の就きたい職業が諦めきれず、繋ぎのつもりで学校の臨任?非常勤?になったところ、初年から担任を持たされた。(自治体に依っちゃ担任が正規職員じゃないのはありえない話らしい)
で、その中の生徒がまあ……後の嫁だ。

あの年頃の子供はみんな自由で個性の塊みたいなものだから、特別に目立った子ではなかった。勉強は大して得意じゃなく、特技は折り紙。縄跳びもうまかった。あまり主張が激しくなく、ぽやーっとしてたからよく「聞いてるの?」って怒った覚えもある。
俺は就職の準備もそっちのけに授業準備や事務や行事の支度に忙殺されていた。けじめある楽しいクラスを目標にした記憶がある


623: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/31(月) 22:24:03.04
ちょっと意見を聞かせて欲しい。
嫁両親は、夫婦揃って元学校教諭、現在は定年退職して、暇があれば車飛ばしてうちへ遊びに来る。
5歳になったうちの娘に、うちでは「脱いだ靴を揃える。」、「お行儀よく食べる。」と言うような基本的なマナーを少しずつ教えている。
それに対して、教育のプロである嫁母は「そんなことは大きくなってからでも覚えられるので、もっとおおらかに育てるべき。」と言うご意見。
しかし、その嫁両親ともに、うちへ遊びに来た時は、自分たちが脱いだ靴はそのままの形で揃えもせず家へ上がる。
結婚前、うちの実家へ嫁両親が来た時も脱ぎっぱなしで、その靴をうちの母親が複雑な表情で揃えていたのが忘れられない。
嫁と年の離れた嫁姉夫婦(夫婦ともに現役学校教諭)の大学生の娘が、うちの近所で一人暮らししてる。
うちに遊びに来ると必ず脱ぎ散らかして家へ上がってくるので、いつも注意するのだが嫁実家側の考えとしては、「親戚の家だし、別にいいじゃん。」と言うことらしい。
嫁実家からすると、うちが堅苦しいらしいが、うちの実家の考え方としては、いい大人が靴も揃えずに人の家に上がるなど、例えそれがもし親戚の家だとしてもちょっと信じられない。
おれの家では、小学校に入学する前から「脱いだ靴は揃える。」と教えられた。
他にもエピソードはあるんだが、これって客観的に見てうちが堅苦しいの?
おれ的には、おおらかの意味が違う気がするんだが。

ちなみに、嫁が言うには、嫁が小さい頃、「テレビは見せない。」「遊ぶ時間は制限。」「とにかく勉強しろ。」とものすごく厳しかったらしいが、所謂「マナー」、「お行儀」、「作法」などについて何か言われたことはあまりなかったらしい。
うちの娘に対しても「うちの娘(嫁)が5歳の頃には、読み書きが完璧にできた。孫(うちの娘)にも行儀よりも先にそっちを先に教えろ。」と言う。


578: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/06(木) 20:20:56.26
嫁が仕事上の話でぐちってたから、つい頭ごなしに嫁を否定し、彼女のプライドを傷つけてしまった
すぐに謝ったんだが、話は聞いてもらえない
誠心誠意をみせるにはどうしたらいいと思うか、意見がききたい


このページのトップヘ