料理


374 :名無しさん@おーぷん 2014/10/15(水) 08:50:40 ID:E2vFDuAX5
義兄がスレタイ。
うちの夫婦は学年で言えば1学年私が上だけど、誕生日は2ヶ月しか変わらないのに義兄は結婚前に義実家に挨拶に行った時から年上・BBApgrしてきてた。
結婚後も会うたびに、BBAと結婚させられた弟は可哀想だの、行き遅れをもらってやったんだから早く勤めを果たせ(子供を産め)なんか言われる。
ムカつくけどその度に旦那が〆てくれるし義両親も謝ってくれるからスルーしてたんだけど。
先日、義兄が勝手に義両親側の内扉を開けてうちの方に入ってきた。(うちの夫婦は義両親と完全二世帯)
義両親に届け物があってきたらしいけど出掛けてていないからここで待つわーと、ドサッとソファーに座った。
嫌です迷惑です待つなら義両親のとこで待ってて下さいと言っても義兄総スルー。
すると義兄はテーブルに準備されてる料理を無断で、しかも手掴みで食べだした。(夕方だったので晩御飯の準備中だった。)
BBAのくせに料理だけは美味いな。うちの嫁はメシマズで云々~と愚痴りながら延々食べる。
旦那のご飯だから食べるな!と取り上げようとしたら頭を叩かれた。
俺が食ってやってるんだぞ!感謝しろ!とギャーギャーやってたら旦那が帰宅。
なんで兄貴がうちにいるんだよ!と旦那が言うと、お前の嫁料理だけは美味いな。ここで俺のメシの世話をさせてやってもいい。とかなんとかほざいて旦那に叩き出された。
食べ方の汚い義兄のせいでせっかく作ったご飯はぐちゃぐちゃ。
翌日義兄から義両親宅に、BBAの料理を食ってやるって言ってるのに!食べて下さいと頭下げるべき!と抗議?の電話があったそうだ。
散々馬鹿にしてきた奴に誰が頭下げてまで料理作るか!



28 :名無しさん@HOME 2013/10/11(金) 14:17:25 0
「嫁をしつける」という理由で気に入らないとひっぱたいてくるトメを
「ボケてもいないのにいい歳こいて気に入らないからと他人様を叩く
どうかしてるトメをしつける」とひっぱたき返したのはDQNでいい?

孫梅なんかはまだ分かるけど料理してるとたとえ包丁を使ってても
何か気に入らないと「それは違うでしょっ」と肩をバチン、
洗濯物を畳んでると「あーあー違うじゃない」と座ってる私の肩を押して退けようとしてくる
階段の上でわざともみ合いに持ち込もうとしてきた事もあった
(はっきり言って二時間ドラマの見過ぎ)

トメがメシウマなら私だって謝るけどあんたメシマズなんだよ!
酒蒸ししたら目分量で酒入れすぎてタヒぬほど酒臭いあさりになったり
(トメの酒蒸し=鍋に酒をひたひたに入れて煮る料理、だから酒の消費量が半端ない)
油の温度が低いうちから揚げ物するからベッチャベチャのエビフライになったり
レシピがあっても大さじがないからってカレースプーンやティースプーンで代用するから
量合ってるつもりでもめちゃくちゃな味付けだし
みりんを計ろうとスプーンに注いだら勢いが良すぎて
溢れて鍋にだいぶ入ったのにその分は無かったことにしてるし
これか伝統なのよフフン、と言われてもああそうですかとしか思えないよ

そのくせ他人様には「うちの嫁とは何でも言い合える仲良しなのよ」などとほざいてるし
なので何でも言い合えるフランクな仲になってやろうと思い行動開始した


693 :名無しさん@HOME 2013/07/30(火) 10:38:49 O
スカッともしないしDQでもない気がするけど結果的にはOKだった話。
トメコトメにテンプレいびりされてた私。私は背が高くきつい顔だからツンとしてると迫力がある。それが余計に気に入らなかったトメコトメ。
迫力があるのは見た目だけで中身は天然というか子供っぽい。
ある日私は義実家で料理をしていた。義実家ではいつもキリッとしてたのにその日は気が緩んでて自宅にいるつもりで料理してた。
片足立ちして自分作曲の歌を歌っていたw
歌詞は「アーウーアキャキャキャニョホホホホピー」とか、もはや奇声に近かったw
乗ってくるとたまに包丁で空を切るように腕を振ったりしてたw
私は歌って踊ってるつもりでとてもご機嫌だったw
それを見たトメコトメが何かの儀式かと思ったらしく私の作った食事を食べるのを拒否した。
旦那とウトは「嫁子の料理を拒否するという嫁いびり」だと思ったようでトメコトメをしめてくれた。
私は見られてたなんて知らなかったからいつも通りキリッとしてた。そのギャップが余計に怖かったようだ。
トメコトメは私をチラチラ見ながらそのうち涙声になって「嫁子をそこまで追い詰める気はなかったのよぉ~!旦那くんの嫁が精神障害者なんて~!」と騒ぎだした。
意味のわからない旦那ウトは「さすがに障害者呼ばわりはひどい!」と絶縁になった。
見られてたのがめちゃくちゃ恥ずかしくてスカッとしないけど結果オーライ。


26 :名無しさん@おーぷん 2015/02/09(月) 20:46:12 ID:g00
昔の旅行番組を見ていて思い出したことを吐き出し。

中学校の頃、外国にホームステイに行ったんだが、
滞在最後の夜、ホストファミリーがお別れパーティにと、地元の料理などを用意してくれた。

パーティとだけあって、初めてお目にかかる、向こうの親戚・近所の人なども大勢集まってたし、
こっちで披露した剣玉や、折り紙、地元の祭り囃なども大ウケして盛り上がってた所に事件は起こった。

というのも、向こうの伝統料理だというスープに入ってた謎の物体がコリコリと、美味しかったから、
「これは何?」と聞くと、ホストファミリーが「コウモリのハネだよ」と教えてくれた。

すると、ルームメイト(もう一人の日本人)が本気で嫌がった。
私が「変な臭いとかもしないし、美味しいから」、ホストも「一口トライして、駄目だったら、私達が食べるから」と
フォローしても、ますます興奮して嫌がり、吐くようなマネまでしたので、場が一気に白けた。

その後、自分は普通に美味しかったから、おかわりもしようとしたけど、
ホストからも、そのルームメイトからも「(それぞれ別の意味で)無理すんなよ」とか言われる始末。
ここまででも神経がわからんのに、

帰国前の交流会で、「こいつ、コウモリのハネとか食ってんのww」とかからかってくる。
そこでこっちも本気で怒ったら、「何、本気になってんの」とかヘラヘラするし、

「出された料理を断るだけでも失礼なのに、こっちの人が伝統的を馬鹿にするのか」
「自分が普段から食べてるものを馬鹿にされたら嫌じゃないのか」などと怒ると、

「お前も、普段からそういう物食ってんの?」とか「関西じゃコウモリとか食うんだ?(私は関西の人間)」と話にならない。

そういう発言のせいで、帰国の途では皆からドン引きされてたけど、全く理解も反省もしている様子がなかった。
本当に思い出すだけでも腹が立つ、神経のわからん話。


27 :名無しさん@おーぷん 2017/11/23(木) 18:14:31 ID:fXm
俺は両親のやってた自営業の飲食店を継いだ。
昔から料理するのが好きだったし
勉強も好きな方ではなかったので丁度よかった。

んで、俺には兄貴が一人いる。
兄貴は俺と違って昔から勉強が好きで、実家の店のことなんか興味もなく
大学進学をきっかけに家を出ると就職して結婚した。

今じゃなんか同期の人達と立ち上げたベンチャー企業を経て
それなりの役職と、なんとかアドバイザーだかなんだかで毎日忙しく稼いでるみたい。

そんな兄貴から結構前に嫁をパートでもいいから使ってくれないかって頼まれた。
何でも飲食店をやるのが夢だったみたいなので
人手は足りてたけど身内の頼みだし引き受けた。
ちなみに厨房に俺と料理の修行仲間、フロアに引退したけどやること無くて結局引退出来てない両親と
パートさんに学生アルバイト数名で回せる規模の店で
皆和気藹々の雰囲気でやってた。
で、兄嫁も初めこそ問題なく馴染んでたように思えたんだけど
なんか段々、パートさんとアルバイトを仕切るようになって
シフト決めも普段は持ちつ持たれつでパート、アルバイトの人達が相談しあって決めていたのに
勝手に一人で皆のシフト割り振ったりし始めたので流石に注意した。

なんかちょっと身内だからって勘違いしてんだろうなーと思いながら
その時はなんとか収まったんだけど、明らかに兄嫁うちを乗っ取るとまではいかないけど
事業主面することが多くなってきた。
今日なんか午後のシフトに飼ってる犬連れてきて
あろうことか店内に放ちやがった。
勿論、犬は見知らぬ空間に興奮して走り回って
ランチ食べに来てるお客さんにジャレたり
最後は厨房に駆け込んで来て走り回ったのでジ・エンド。
犬の走り回った厨房で料理続ける訳もいかず急遽店じまい。
ほんと嫌がらせかなんかの類いかと思って、口調強めに言ったら
犬を店のマスコットにしたくてとか、店内で名物犬として定着したらテレビ取材来るかもしれないとか
アホみたいなことを大真面目に語るもんだから
クビ言い渡して兄貴から連絡させるようにって帰らせた。
今は厨房全体、使用道具の大掃除を済ませて連絡待ち。
ほんとあり得ないわ……


728 :名無しさん@HOME 2012/09/12(水) 17:09:55 0
元トメにしたこと書き逃げ。元は外す。文章おかしかったらごめん

トメはメシマズ。味覚音痴で知識がない。単身赴任のウトが休暇で帰ってきた時の話。因みに私はズッ婚の当時19歳

で、呼ばれて台所へ。そこで見たのはジャガイモの牛乳煮。「グラタンにならないの」と言われた。トメがメシマズと聞いていたが、酷すぎるとポカーンとしてた所ににウト到着。
で、トメ「嫁ちゃんがご飯失敗してしたから待っててね」と宣う。ウト「しゃぁねぇな、手伝うか」と台所へ。
ウトが台所を見て一言、「これトメやったんじゃね?」と言い、私は肯定。
で、二人でトメの手作り料理を再利用。
したこと
唐揚げ用の粉がホットケーキミックスだった、肉の味付けがすき焼きのたれだったのを変更(洗って、ニンニク生姜まみれに)
手作り偽ミートソースを改良(ケチャップにみじん切りの玉ねぎが混ぜられて加熱なし)
ジャガイモの牛乳煮は、芋を少し寄せて置く、ホワイトソースを作って味付け、マカロニ入れて、チーズかけてオーブンへ
サラダはマッシュポテトにしてサラダ盛り付け
ホットケーキミックスで簡易スコーンに

テーブルに並べてたら「パパは料理上手いわ!嫁はちゃんと教えてもらいなさいよ」と。
ウトに「嫁に料理教えてあげてよーろくに作れないんだからぁ」と自爆
「いつもレトルトなのになんだ!」「嫁の方が料理ができる」「お前の料理はゴミだ」とかなんとか説教。そこに二階から旦那含む兄弟4人騒がしいから降りてくる
並べられた料理を見てつまみ食いをして「旨い」「凄い」「毎日食いたい」と騒いでトメ泣く。
義弟(16)はグラタン、パスタソースが手作り出来るのを知らなかった。ホットケーキミックスはホットケーキ以外の使い道はないとも。それ以前に、トメのメシマズを知らなかった。
トメは「違う!これはお父さんが作ったの!」と騒ぐ。
なんかヤバイなと思って「後でちゃんと教えますからとりあえず食べましょう」と言ったら「あんたになんか教わりたくないフジコ」と家出。誰も追いかけなかった
トメ姉の家に逃げたトメ。私たちは食った。
それから義弟(16)は毎日家に来て料理をして食べていた。調理学校に行って今は海外修行中。スカッとしたのは、溺愛末っ子を大学進学させずに調理学校へと進路を変えさせたこと。




55 :名無しさん@おーぷん 2018/03/09(金) 16:12:17 ID:Hfx
女性寿司職人の「メイクしておしゃれして寿司握っちゃダメなんですか?」っていう記事を読んだのだけど、
男性だらけの世界に飛び込んでいくのは大変だし尊敬するし、女捨てて男っぽく振る舞えなんて1ミリも思わないけど、
写真をみたらあまりにも衛生観念が低い服装で寿司握ってて神経疑った。
白衣は絶対に着ないってスタンスなのは構わないけど、それなら身なりをキチンとしろって思った。
ゴテゴテに飾り付けた和装で頭巾も頭の半分しか被っていなくて長い髪がだらんと顎まで垂れ下がってる状態で生ものを扱う。
髪留めもゴテゴテの花の細工のやつで、毎回これ洗って埃落としてるのかなって心配になるくらい。
料理に髪が落ちるリスクや寿司よりも自分の見た目を優先してるのに、ままごと呼ばわりされて傷つくとか神経分からん。




23 :名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木) 05:02:33 ID:LK0
結婚してから今まで旦那に殆ど料理を美味しいと言われたことがなかった。
だから今日思い切ってその話を振ったら
「まぁ、不味くはないけど美味しくはないし。お疲れ様みたいな労をねぎらう言葉はちゃんと口にしてるよ?」
と言われた。
悪意がないことは言い方で分かったけど「えぇ…」と思ったから試しに今日の夕食を旦那に作ってもらった。
そしたら、それはもうとても美味しかった。
メニューは今日私が作ろうと思ってたものだし、特別時間がかかったわけでもなければ、材料も私が買ってきてたやつ。
でも明らかに私が作ったらこうはならない美味しさ。
作ってる最中もニコニコ楽しそうに作業して、鼻歌交じりに味見して「ん、美味しい♪」と満足気。
そりゃこれを自炊して普段食べてたなら私の料理は料理とも言えないただのエサだわな、と妙に納得してしまった。
私が美味しそうに頬張るのを見てか
「料理は割と好きだから、食べたければ早く帰ってきたときは俺が作るよー」
と良い笑顔。
ちょっと文句言おうと思ったら、自分の能力が家事を含めて何一つ旦那を上回ってないことに気付かされたのがスレタイ。


264 :名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水) 14:51:43 ID:tDY
結構昔の話ですが・・・
次女が3歳のときに顔にやけどを負った。原因は元旦那。
長女が小学校の宿泊訓練があるということで、その説明会に私が参加しているときのことでした。
旦那はその日休み。長女は友人宅。旦那に次女の面倒を頼んでいたのですが
旦那が勝手に次女に料理をやらせてやけどを負わせてしまいました。
晩御飯は私が帰ってきてから作ると言っているのに、自分が小腹がすいたからと言って
何故か3歳の子供にラーメンを作らせようと指示してた。
次女はインスタントラーメンを茹でるところから、具のもやしとキャベツを炒めるところまで旦那の監督無しでやろうとしたそうだ。
その間、旦那は自分の部屋でゴロゴロ。
次女は何度もやりかたがわからないと聞きに来たそうだが、
いつもママのお手伝いをしてるだろ!なんでわからないの?と台所に行ってやることもせず。(次女談)
次女は不安定なダンボールの上に乗り足元を滑らせ顔が火のついたコンロに直撃。
顔を大やけど。野菜などはまだ刻んでいませんでした。
そこに長女が帰宅して泣き叫ぶ次女を発見。旦那は寝室でぐーすか寝ていたそうだ。
救急車を呼んだのも、濡れたタオルで顔を冷やしたのも長女。
旦那は長女の怒号にようやく目を覚まし、自体を把握。

次女の顔はときがたてばやけどが目立たなくなる程度で済みました。あと少し髪が焦げたくらい。
旦那は謝罪はしていましたが、いつも手伝ってたからできると思ったと長々言い訳してたよ・・。
手伝いって言っても皿に盛り付ける程度なんですけど。包丁や火を使う手伝いをするのは長女。
その長女ですら私の監督下でやってくれているのに。
それがきっかけで私たち夫婦間はギクシャクしてしまいました。
その後旦那に好きな人ができたから離婚してくれと言われてたけれどショックでもなんでもなかった。



このページのトップヘ