断固拒否


880 :離婚さんいらっしゃい 2011/01/30(日) 11:15:59
離婚したった

付き合ってるとき、私は男に傷つけられ続けてきた可哀想な女を気取っていた
もちろん同情してくる男、御為倒しなフリして近付いてくるチャラ男を引き付けるため
前者は金のため、後者は遊びのため

夫は前者だった

利用するだけのつもりだった
付き合ってる最中、結婚後、夫は私の「SE/Xが恐い」を真に受けていたのか
一度も私を抱かなかった。

ある日、同世代のママ友(私に子供はいないが…)と近所のファミレスでお昼を食べていて
奥様同士の悪ノリで旦那の悪口で盛り上っていた。
私はこれといった不満はなかった付き合いもあってこんな事を言っていた。
夫は寡黙で真面目すぎてつまらない、とか
セ○クスレスで欲求不満、とか
若い男と遊ぶのがやめられない、とか
金だけはきちんと稼ぐから離婚もできない、とか
結婚してからの方がモテるから困る、とか
バカ笑いしながら話していた。

正直に言うと、浮気はしたことがある。ただの欲求不満。

その会話の内容が、夫の耳に入ったらしく
ある日、神妙な顔をして離婚届を差し出してきた。
「欲求不満だった事に気付かなくてすまん。私にも思うところがあって君とそういう事はしなかった。色々あった者同士助けあって生きていけると思っていたが、君にそれを求めるのは酷だったようだ、本当にすまない」
等としきりに詫びていた。夫はバツイチで、元奥さんの過剰な性慾(夫以外にも向けられる)に悩まされ、家事もしない育児もしない、実母の言い成りで家庭を省みないという元妻との生活で女性不振になっていたと
付き合いはじめに聞かされていた、私はウソだと思っていた、私同様「傷ついた人間」を装おって同情を惹きたいだけだと。
私を抱かないのは、ただの意気地無しだからで、物静かなのは気が小さいからだと思って、すっかりバカにしきっていた。
ファミレスでの悪口も完全に夫を舐めきっていた。

離婚届を出されたときも、そういう私の考えは変っていなかった。
とことんまで馬鹿にしきっていて、「よしwwじゃあ慰謝料もらいながら男漁り生活wwwうはww」とかテンション上がちゃって
あれこれと涙ながらに「私は傷ついた」アピールをしまくってやった。夫は慰謝料と「仕事が決まるまで」を条件に生活費(月20万)、それと今住んでいるマンションを私にくれると申し出てきた
夫は誓約書を用意してきて捺印するよう求めてきたが、断わった。夫は口約束であっても破る人間ではない、目的は条件付きの生活費を不正受給しないよう監視するためだと思ったから断固拒否した。


離婚から一ヶ月、ちゃんと生活費も振り込まれ、夫の蓄えのほぼ全てを慰謝料として手に入れた私は都内の高級マンションで若い男を飼い始めた。
つい先日まで楽しくてしかたなかった。

けど、なぜだろう。離婚直後から、夫の事を思うと涙が出てとまらない。
お金返したい、嘘ついてごめんと謝りたい、また一緒に暮したい、抱いてほしいと正直に伝えたい。
すごく楽しく幸せな生活だったのに、なんであんなことして壊してしまったのか理解できない。
頭がおかしかった、もう戻れない。



183 :名無しさん@おーぷん 2017/06/15(木) 12:38:17 ID:RbD
旦那と子供の名付けで揉めてるんだけど落とし所が見当たらない。

旦那の希望してる名前が正人(まさと)。
希望というか「これじゃなきゃダメ!!」って雰囲気。
この名前っていうのが昨年亡くなった旦那祖父の名前なんだ。
旦那祖父はまさに名前の通りな人で、常に正しく生きてきたとても立派な人。私も生前はすごくお世話になった。
旦那は、子供も旦那祖父のような正しく立派な人物になってほしいという思いからその名前をつけたがってる。
私としては名前というのは個人個人を識別するためのの名称という思いが強くて、その人がどれほど立派な人物であっても同じ名前をつけるということに違和感を感じてしまう。
正人はあくまでも旦那祖父の名前であって我が子の名前という感じには思えない。
なので私の思いを旦那に伝えて、「だからおじいちゃんから1字もらうのはどう?」と提案。
けど旦那は断固拒否。「じーちゃんの名前がつけたい!」と。
「ならば漢字は正人で読みをまさひとって変えるのは?」と改めて提案してもそれすら拒否。
「だからじーちゃんの名前がつけたいっつってんじゃん。」と。
挙句には勝手に旦那祖母に「子供にじーちゃんの名前をつけたいと思ってる。」と伝え、孫からのその報告に大感動の旦那祖母は会う度にお腹をさすりながら「まさとちゃん、まさとちゃん。」と呼ぶ。
もう私が折れるしかないのかな。
でも旦那の「ここまですればなし崩し的に名前決定出来るわw」みたいな顔に腹が立つし…。
あー今晩も話し合えない話し合いをするしかないか…。

このページのトップヘ