武勇伝


63 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 10:43:00 ID:Js8vF9M2.net
私の同僚の武勇伝。
文章下手だから要点だけ書く。

同僚(当時二十代後半)が女上司(当時三十代後半)に口説かれまくる。
同僚は彼女がいるからと何度も断るも、飲み会で酔った勢いで無理矢理キスされて同僚ブチギ
レ。
セク八ラ行為を相談部へ訴えるも、女上司の立場がかなり高いため(役員)厳重注意のみ。
同僚、翌日から狂ったように仕事しまくり女上司より上の立場に(その間3年)。
その間にも、女上司は腹いせにネチネチと嫌味を言い続けていた。しかし同僚、まさかの副支社長へ昇進。女上司へ直接地方へ異動を言い渡す。

「公私混同する挙句、他の社員にまで迷惑をかける事は士気にも業績にも影響する。
厳重注意でわからないなら他へ移れ。以上。」

この間その副支社長のお子さんがお誕生日だったんだとホクホク顔で仕事をしてて和んだ。
その裏の顔はやれば出来る(規格外)の男なんだと、いつかお子さんに教えてあげたい。



241 :おさかなくわえた名無しさん 2005/01/24(月) 13:59:22 ID:2xgyLU94
武勇伝とはまた違うかもしれないけど。

旅先で、遅くまで飲んでたら細い路地で高校生くらいの集団に囲まれた。
キャッシュカード渡して暗証番号教えないと杀殳す、とか言っていた。
こちらが二人なのに対して相手は6,7人。渋っていると突然殴られた。

その時、パンッ!と火薬のはじける音が聞こえ、
「警察だ。お前ら何してる」と大声で言いながら走る足音が近づいてきた。
若者どもは走って逃げていき、自分達がホッとしていると
近づいてきたのは警官じゃなくホームレスのおじさんだった。

暴力を出すまでは見逃そうかと思ってたらしいが、
こっちが殴られたのを見て助けようとしてくれたらしい。たった一人で。
火薬の音は懐かしいカンシャク玉だったそうだ。

ナリはぼろぼろで髪もボサボサだったけど、やけに格好よかったな。
礼にと酒と食料と生活雑貨を買って渡したけど、今も元気でやってくれてるといいなと思う。


355 :おさかなくわえた名無しさん 2014/01/08(水) 21:23:13 ID:MMSdiRWj
武勇伝と言うにはちょっとショボイんだけど俺の高校の頃の話
思い出だから色々誇張してたり間違ってたりするかも

平々凡々な地元公立高校に通ってた当時の俺と友達は、駅前のゲーセンにあるカードゲームにはまってた
交代でやればあんま金もかかんないから楽しく遊んでたんだけど、ある時からゲーセンにあからさまな不良グループが現れるようになった
近くにあるバカ校の奴らで、店から連れだされてカツアゲされたなんて噂も聞くもんだから、そいつらが来たらこっそり逃げてた
でも他のゲーセンにはそのカードゲームがないから困るし、いつ絡まれるかわかんないってのは怖いし、全然落ち着かない 
ってことで、俺はそのグループの情報を集め始めた
田舎だし俺は生まれも育ちも地元だし、誰か一人ぐらい知り合いがいるんじゃないかと思ってさ
残念ながらそんな不良と付き合いのある友人はいなかったけど、グループの一人でAってヤツが俺と同じ小学校だったってことはわかった
そっからあれこれ教えてもらって、かき集めたAの小学校時代の話を頭に入れておいた

んである日、ゲームプレイ中で逃げられなかった俺達は、ついに例の不良達に絡まれた
「なーなー、ちょっとお前ら、どこ校のヤツ?w」
みたいな定番の絡み方だったと思う
声をかけられた直後、かなりテンパりながらも、俺は適当に不良連中の方を向きながら、
「あれ? Aっち? Aっちだよな?」
って声をかけた
そしたら一人が 
「は? 誰だよお前」
って睨んできたから、こいつがAだ! と判断
「あれ、覚えてねえの? 俺だよ、俺! 〇〇小で一緒だった俺だよ!」(確かに同じ小学校)
「は? いや知らんし」
「うっそ! 朝休み一緒にサッカーしてたろ! 俺だって!」(Aは毎朝校庭でサッカーしてたらしい 小学生の遊びだから面子は適当)
「あー……」
「すっげえ気合入れて基地作ったじゃん! 俺もいたろ!」(Aは超本気で秘密基地作りに熱中してたらしい)
「いや……」
って感じで俺自身の名前を何度も言いながらガンガン畳み掛けた


524 :おさかなくわえた名無しさん 2013/03/25(月) 23:53:58 ID:Ab3v7srY
寝る前に俺のじゃないが俺の親たちの武勇伝語ってみる

俺のかーちゃんが俺を妊娠してた時、隣に住んでたあまり仲の良くない奥さんも妊娠していた。
仲が良くないのはばーちゃん同士(母達から見たら姑同士 隣の舅姑はすでにタヒ去)から続いてたそうな。
両家の旦那が出張中に、1995年1月17日の阪神淡路大震災発生。 
うちは大阪北部で被害は大きくはなかったが、家は半壊したそうだ。

揺れが収まったところで、唐突にかーちゃんが産気づいた。
ばーちゃんは引退していたが昔助産婦をしてたそうでなんとか無事に俺を取り上げた。

そこで隣の奥さんが気になったばーちゃん、仲が悪いとはいえ同時期の妊婦。
ヤバいと思って駆けつけたら案の定、破水しておろおろしていた奥さんをなだめて早産気味だが
女の子を取り上げた。
でもその奥さんは、俺には理由はわからないが数日後に亡くなったそうな。

母親二人のかかっていた産婦人科に渡りをつけて、母親と子供(俺達)をどうにかした後で、旦那ズ帰還。
子供の無事を喜ぶが、周囲や震源がアレなんで大っぴらに喜べずな状態。
そこに隣の奥さんが亡くなって、隣の旦那さん超修羅場。
自分の親もすでにいないし、嫁の両親もすでに亡くなってて天涯孤独(+新生児)の状態。

そこで俺のかーちゃんが提案「一人も二人も変わらないから、一緒に育てる」と。
いろいろ問題もあったんだろうけど、メリケンドラマの「フルハウス」みたいな「父親が複数いる」家庭に。

嫁の大ピンチの際に昔取った杵柄を生かして俺を取り上げただけでなく、昔から仲の良くない隣の赤ちゃんまで
取り上げたばーちゃん。
同様に自分も危なかったってのに、残念ながら亡くなった隣の奥さんの子供まで引き受けたかーちゃん。
そんなわけのわからない状況ながら、間違いを犯すこともなく家庭を守った二人のとーちゃん。

今年高校を卒業して、妹(便宜上 同日だけど俺の方が早かったし双子でもないし)と関東の大学(別の学校)に行きます。
親と同じことが出来るとは思わないし、流石にそんな災害に遭いたくはない。
でも俺も妹もそんな親たちを尊敬している。


592 :1/2 2004/12/28(火) 12:25:45 ID:O2rPwXQb
この前同窓会行ったんですよ。
そしたら僕を中学生の頃イジメてた奴ら2人組がいて
もうほんとDQNになってたんですね。
「うわ~あいたくねえ」
とか思ってたんですが、向こうから近づいてきましたよ。

「お前彼女できたらしいやんけ」
と肩ボンボン殴ってきて、僕もやっぱりいまは20歳、そんなことをされてプライドが許さなかったです。
「やめろようっとおしい」
て言ったんです。そしたらです。
「は?調子こくなや」
ていって腹一発殴られました。いたい・・。
子分みたいなやつが
「お前の女犯したんねん(笑」
言い放ちやがりました。


902 :おさかなくわえた名無しさん 2013/09/05(木) 17:17:04 ID:4E6Xp2Cj
流れを遮り自分の事でスマン
以前住んでいたところの駐車場がそれぞれのスペースに道路側から入れて停めるタイプだった
っで、道路の反対側のお店が改装って事で反対車線はその工事車両が路駐で並んでいた
その為私の車を駐車場に入れるも出すも路駐車両で狭くなった道路からになった
とある日、私が自分のスペースに入れようとした時となりに停めてあった車にぶつけてしまった
大した事なかったので、そのまま停めて自分の家に行こうとしたら後ろから
「おう、待たんかこらぁ!」っと声が、振り向くと改装工事に来ていた業者からだった(この後DQNに変身)
DQN「今ぶつけたやろ?見てたぞ?あん?」
俺「なにか?」
DQN「この車、俺のダチのじゃ!逃げるんか?」
俺「別に?」
DQN(手を出して)「俺が話しつけたるから10万よこせ、嫌なら当て逃げて届けてもいいぜぇ!」
そのあともダチは893だの大声でギャーギャー言い始めた。
そしたらDQNの仕事仲間も絡み始め、改装中の店のオーナーも騒ぎを見て出てきた
その騒ぎが盛り上がって来た時にポケットから鍵を取り出してそのぶつけた車のドアを開けた
DQN「あwせdrftgyふじこ・・・」っと声にならない奇声を上げて目を丸くして黙り込んだ・・・
俺「隣の車も俺のなんだけど・・・この車の持ち主の知り合いだって?俺はお前の事知らんぞ?」
DQN「・・・」完璧に仲間含め黙り込んだ、そして店のオナーに
「工事だから路駐我慢していたのにもう我慢ならねぇ」
「こいつらが停めていたからぶつけたんだろうが」
「脅迫までしてこういうのが出入りしていいんですかねぇ?」
って事で工事は一時中断、DQN拝み倒すが「ここに停めんじゃねぇよ」っと言う事で
DQN共は自分達の駐車場を臨時で借りることにした・・・700m離れたところにw
それからは挨拶するし見違えるようになりまして事情を知らずにそこに業者が停めようとしても
率先して「停めないでください」と誘導してました
あとからDQNの親方の方から「車の修理代」名目で頭下げに来て、
改装が終わったお店の方から食いきれんくらいの食物頂いてしまった

660: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/08/13(水) 21:03:36.37
さっき、嫁の顔を思いっきりなぐった。 
後悔はしていない、 
子供(娘7歳)も「パパは悪くない」 
と、支持してくれている。 
嫁は出ていった。(実家かな) 

殴るまでの経緯 
嫁が出産6か月後から、中学の同級生をいじめていたことをカミングアウトを繰り返している。 
反省しているわけではなく、武勇伝の様に鼻高々にして言う。 
そのたびに、口をすっぱくして注意を繰り返しているが、しばらくするとまた言い出す。(大喧嘩もありました) 
今日も、またそれを言い出した。 
だが、今日は何かが違った。 
嫁「そういえばさ~、私のいじめてた○○の末路知ってる~(笑)?」 
私「興味ないからヤメロ」 
嫁「まあ、そうは言わずに(笑)、 
そいつさ自殺したんだ~(笑)」 
この言葉を聞いた途端、 
初めて、女性相手に拳が出ました。 
そして、今に至ります。 
もう、知らんわ。あんなゴミ


このページのトップヘ