648 :名無しさん@HOME 2004/08/30(月) 14:26:00
私じゃなくて実母なんですが。
最初の子を出産前後、いまだ「いい嫁」したいと無意識に思っていた私は、産後も、里帰りせず、旦那と賃貸でがんばることに。
近居のトメは張り切って「孫ちゃんの世話ならまかせて」と言ってた(いまならゴルァできるのだが)
出産前から、トメの毎日の電話攻勢、あれ食べろ、これしろ、するな、でノイローゼ寸前、ただし当人には自覚なし。「お義母さん
も好意で言ってくれてるんだし」と(当時の私のバカバカ)
ただ、出産間際、実母が「ほんとに大丈夫なの?」と電話かけてきたとき、「大丈夫大丈夫」と言いながら、涙がこぼれて、「あれ、
あれ?」と涙声で母と応答していた。実母はそのとき、やばい、と思ったらしい。
入院中は、ウトメも来るも、病院自体が厳しいところだったので、さほど被害は受けず、我が家に帰ってきました。トメと。
そしたら、実母がいるんです!
「孫ちゃん、抱いて見たくてねえ」と。入院中も来てくれたけど、遠距なんで一度きり。落ち着いたころに行くつもりでした。
で、旦那に言って、鍵をもらい、先に待っていた、と。
すでに、赤用のベッドと私の布団が敷いてあったんですが、トメが私から赤をとりあげ、抱きながら、「嫁子さん、お母さんにお茶入
れてあげて」 はあい、と立とうとした私に、実母はすんごい怖い顔で、「こら!」 赤抱いたトメもびっくりするぐらいの低い声。
「あんたは! 床上げするまで21日間、産後なんだから、ちゃんと寝ておかないといかんでしょ。そのために義母さんも来てくれてる
んだから、ちゃんと甘えな! さ、早く寝て!」
と、私を布団に押しこみ、トメから「さ、お母さんの横であんたもねんねや」とさっさととりあげ、私の横にすべりこませ。
トメにはうってかわったにこにこ顔で、「まあ、親バカですみません、なんせこちらも初めてなもんで、お義母さんがしっかり娘の世
話をしてくれるとわかっていても、心配で心配で……それで、今晩の夕食は何をなさるつもりなんですか?」
 



239 :改めて 2017/06/21(水) 13:06:30 ID:CkR
母親の本音を聞いたときが心苦しくて内心修羅場だった

事の起こりは久しぶりに実家に戻った時に私知人の娘さんの話を母にしたこと。
もちろん個人情報は伏せている。

知人の娘さん(A子)就職する
就職先で同僚男性(B)と親しくなり結婚の話が出る。
BさんをA子両親に紹介。父親は手放しで喜ぶがA子母親が結婚に難色を示す。
理由はBさんが外国人だから。
ただし、外国人といっても、国費で日本まで留学に来た人で、はっきり言って
そこらへんの普通の日本人よりよっぽど優秀。大手企業の社員で給料もいい。

Bさん側も結婚に異存がなく、めでたくゴールイン
しかし、A子母は拗ねて反対の姿勢を崩さず。なので、A子とBは地味婚を挙げた。
そこにもA子母は来ず。

やがて、A子が妊娠。出産が近づくが、Bさんは激務の上、A子実家は頼れない。
家政婦でも頼むかと夫婦で相談していたところ意外なところから助っ人がやってきた。
Bの母が大事な嫁の一大事ってことで来日してきた。

Bさんの出身国はかつてわずかな期間日本だったところで、親日派が多く、
お年寄りの世代では日本語で教育を受けた人もいるし、日本からの投資もあって
日本人も結構住んでいる。Bさん母はひらがなとカタカナを教えてもらい、
生活に必要な日本語の会話もそういう人から教わって日本までやって来た。
片言の日本語で買い物をしたり、慣れない環境で掃除や洗濯や食事作りをやったり、
産後しばらくA子と赤ん坊の面倒を見てBさん母は帰国

A子周辺の人はこの話を聞いて「言葉もよくわからない国まで来て、Bさんの母、すごい、、」とBさん母の株が急上昇


692 :名無しさん@おーぷん 2017/08/31(木) 21:07:07 ID:Vvr
長い愚痴です
母親が美魔女で辛い
この単語書くのも嫌だ

母は還暦手前で3人の子持ち(兄32私31妹28)なのだが、膝上スカートにショートブーツが基本ファッションでノースリーブもミニ丈ワンピも大好き
メイクも濃くて橋本マ○ミさんを意識しているらしいが月とアバゴーラくらい差がある

美魔女もどきと言ったほうが正しいんだがブームの時に何度かテレビ出たことあるし最近でもたまに雑誌に写真が載るから堂々と美魔女と名乗る
しかしマエ○リやミセスグランプリで入賞する女性のような奇跡感はない
ああいう人たちって50代なのに30前にしか見えなかったりするけど母はせいぜい10才サバ読める程度
それが女子大生みたいな格好してるから痛々しいだけ

なぜテレビや雑誌に取り上げられるかと言えば父が珍しい仕事してるから
身バレするから伏せるけど「豪華客船の船長夫人で美魔女」とか「有名スポーツジム会長夫人で美魔女」という感じで父の仕事ありきで注目されている
たぶんその自覚はない

そんな母が去年、妹の結婚式でやらかした
私と兄は既婚だがそれぞれの事情で式挙げなかったから張り切るのは解るんだが当日の衣装がシルバーのチャイナドレスは無いだろう、しかも膝上までスリットが入っていた

私も兄も妹も事前に衣装を知っておきたくてさんざん訊いてはいたのだが何を勘違いしたか「当日のお楽しみよウフフ」しか言わんかったんである程度覚悟はしてたが予想の遥か上だったわ

妹はこういう事態を想定済みであらかじめ主だった招待客には母がこれこれこういう感じの人なのでご容赦くださいと謝っておいたそうだけどさすがにちょっと荒れていた
「お母さんをこの建物から追い出して!!どっか遠いところにやって」なんて口走るから、可哀想でその通り実行してやろうかと思ったがどうにか説得、新郎家族の取り成しもあって無事に式は終了
母が痛さ満開なことを除けば良い式だった


74 :名無しさん@おーぷん 2016/07/17(日) 12:56:28 ID:R0K
私の母が最低な人間だという事

母が23歳の時に産まれたのが私、今私は26歳でそろそろ臨月。

母は23歳で私を産む前に随分な事をしてきたそう。
自分の好きだった幼なじみが好きになった後輩を暴行未遂したりその後輩が幼なじみの子を妊娠した際には学校の階段から突き飛ばして流産させたり。
その後子供は流産してしまったけど幼なじみさんはその後輩と結婚したそうで母と幼なじみさんのお父さんが結婚してからほぼ1年毎日のように嫌がらせをしてたそう。
他にも似たような被害者はいっぱい居るみたいで若くして子供を産んだ友達だった人は産後病院に来られて若くして妊娠なんて勿体ないとか母乳をあげてる子には母乳なんて汚いと言ったり粉ミルクをあげてる子には粉ミルクなんて栄養価の悪い物を!と散々だったと。
自分の元カレの子を妊娠した人に対して中絶の強要をした事も。
実際暴行されたという人もいるらしいし母が原因で流産した人もいると通ってる産院で良くしてもらってる助産師さんもとい母の幼なじみだった人の奥さんと同じく産院で仲良くなった妊婦さんのお母さんであると同時に母の同級生である人が教えてくれた。

最初は名字も違うし全然似てないから気が付かなかったらしいけど母と一緒に検診に来た時母を見て気がついたらしい。

なんで教えてくれたかというと気づいてしまった以上母はそういう人だから何かされてないかという事が心配だったらしい。
でも教えてくれて感謝してる、母とは少しずつ距離を置こうと思ってる。
最初は半信半疑だったけど母の妹さんに聞いたら全て事実だと認め母もそれを認め開きなおったからだ。

旦那と義母にはオブラートに包んで引っ越したい事と縁を切りたいと思ってる事を言ってある、2つ下の弟がいるんだけど弟も結婚を考えてる彼女がいるから事実を知り母と縁を切ろうと考えてるらしい。

母には悪いけど孫の顔も怖くて見せたくない、母の醜い女の部分を見たくない。


9 :名無しさん@おーぷん 2017/03/21(火) 18:55:09 ID:PMf
大学生の時に、バイト帰りに信号無視の車に撥ねられた。
そこそこ重症で2日間意識不明だったらしいが今は何の後遺症もなく元気。
問題はその意識不明だった間に見た夢がきっかけで
たぶん無意識に封印していた小さい頃のことを次々思い出したこと。

小さい頃、たぶん幼稚園かそこらだったと思う。
父じゃない男の人がよく訪ねて来て、そうすると母に遊びに出された。
そんな時はいつも母の古い腕時計を渡されて
「この長い針が(数字)の所にくるまで遊んできなさい」って言われて
その約束はちゃんと守ってたんだけど、何度かお菓子を取りにこっそり戻ったことがあった。
今思えば浮気の真っ最中だったんだが当時は意味が分からず
こういう遊びをしたいから追い出されたんだなと思ってた。
大人なのに遊んでることが恥ずかしくて追い出されたんだと思ってて
その理論から子供なりに母のプライドを守るために誰にも話さなかった。
だけどある日、覗いてるときにモロに母と目が合ってしまって
その時の母の顔が別人みたいに怖くて、この事は絶対誰にも話すんじゃない!って
怒鳴ったその声も母とは思えない恐ろしい声色だった。
ああ、あれは母が浮気してたんだ。あの男は浮気相手だったんだ。
病室のベッドの上でそんなことを次々思い出した。
そして一番恐ろしかったことは、相手の男の顔をはっきり思い出してしまったんだが
5つ年下の弟とそっくりだったんだよ。
それがどういうことか、大学生にもなればさすがに・・・ね。
父はそれを知ってたのかどうか分からないけど、私が高校生の時に病タヒ。
それを思い出してからは、弟の女癖の悪さや
私の目の届くところに平気でAVビデオや雑誌を放置する無神経さが
あの男の血のせいだって、どうしても思うようになってしまって
元々良くなかった姉弟仲も更に悪化。
一度たまらなくなって母に「小さい頃のあれ、浮気だったんだね」って言ってやった。
でも全然悪びれなくて「だから何?」って言われたわ。
「弟は父さんの子?」って聞いたら「ご想像に任せます」だって。

鳥肌が立つほど母と弟への嫌悪感に耐えられなくなって
体調が戻ってからは卒業までの間、友達のアパートでシェアさせてもらって
決まった就職先も親には教えず遠方に逃げて現在に至る。
実家には一切行っていない。父の法事には早めにひとりでお墓参りに行った。
これからも関わらずに生きていきたい。
せめてあの時、開き直らずに謝ってくれてたら違ってたかもしれない。


815 :名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金) 14:50:47 ID:QMK
ちょっとした修羅場

京都にお兄ちゃんといった時
当時私は16歳でお兄ちゃんは18歳

京都駅のバスターミナルでレッドリボン運動をしてて、男女のカップルに避妊道具を配り、性行為の際は避妊道具使いましょうという呼びかけをしてた

お兄ちゃんと一緒に並んでるとカップルと思われたようで、お兄ちゃんが避妊道具を渡された
私もお兄ちゃんも気まずい空気
しかも帰りにまた通った時も避妊道具配ってて、今度は私に渡された

お兄ちゃんが受け取って上着のポケットに入れてたんだけど、それがまずかった
帰り雨がパラパラ降ってきて、家に帰るとお母さんが私達の上着を受け取って洗濯しようとした
その時お兄ちゃんの上着のポケットから入れっぱなしの避妊道具がこんにちは
お母さんが顔面蒼白になってから真っ赤になった
私もお兄ちゃんも恋人がいなくて、お母さんは私達ができてるんじゃないかと思ったみたい
その後の説明が大変だった


409 :名無しさん@おーぷん 2014/11/20(木) 15:31:42 ID:ErJgy6dGa
嫁が子供を産む数日前に母が亡くなった。
嫁はそのことを知らない…

早く母に抱いてもらいたいと、間に合ったとニコニコしている、
今、みんなで、嫁を騙している。


87 :名無しさん@おーぷん 2014/11/01(土) 04:13:14 ID:KdzHY1Dto
小学校の頃夜逃げ
中学の時母親が浮気
浮気を問い詰めるとヒスった母親が私含め子供を殴る首しめるなどやる
中学の時、一切食費も食事もなかった
なんとか食いつないでた日々
その頃母親は浮気相手と同棲
高校行きたくても学費など一切出してくれず定時に通う
その学費もバイトで賄うが定期代も住んでる所は高く厳しい日々
ついに親離婚
数年後発覚、母親の父が払っていた養育費の使い込み
色々あって、姉が子供残して失踪
そして父が自杀殳したとの連絡
母親は当時浮気していた男と再婚 
マイホームを建て幸せそうに暮らしてる

自分は今27。母親を恨んでも仕方ないと最近やっと思えるようになったけど、25くらいまでは心から恨んでいてずっと修羅場だった。
結婚も生涯できないだろうし、子供を愛する気持ちもわからないから、今は老後貯金をしてるところ 
誰にも言えなかったけど、吐き出して前に進みたくてカキコ。


46 :名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木) 12:25:09 ID:laqOhHdnJ
修羅場と言うにはやや一方的だけど。

うちの母はとてもキレやすかった。と言うよりは、厳しかったんだね。
特に厳しいしつけのうち、「呼んだらすぐに返事をしろ」と言うものがあったんだけど、これがちょっと行き過ぎだったと思う。

幼い頃、自分の部屋でゲームをしていたら、階段を軽く駆け上がってくる音、直後に「よーい」と呼び声。
これは母が父を呼ぶときの呼び方(普段は名前で呼ばれる)と認識していたので、階段を駆け上がってきたのは父で、母はその父を呼び止めたものだと思った。

しばらくすると今度は重く階段を駆け上がる音。ズドドドド、と。
直後に私の部屋の扉が荒々しく開け放たれ、
「おりゃ!!呼んだら返事せな!!」と怒りながらデッキブラシのようなものでゲームを一撃。
ゲームは壊れた。
ゲームによく集中していたせいで、2回目以降の呼びかけに気付かなかった私のミスだった。

それから数年、高校に入りたてくらいの頃。
音楽の趣味にもにわかに目覚めていた頃で、部屋ではよくヘッドホンでクラシック音楽を聴いていた。
そんなときに突然扉が開け放たれ、「おりゃ!!返事せな!!」
金魚の水槽がひっくり返された。
それから周りの音が聞こえない恐さに目覚め、ヘッドホンを着用するのはやめた。
なお金魚の救出は間に合わなかった。

そして、就職のために引越しをする何日か前のこと。
お世話になった地元の方々に電話で挨拶をと順番にかけていると、階下から私を呼ぶらしき声が聞こえる。
大事な通話中だったので扉をあけてこれ聞きよがしに通話中アピールを返事がわりにしておいた。
が、ズドドドド。
「おりゃ!!(略)」。
おそらく既に開いてるドアをさらに開けようとした謎の行動、その弾みで荷物の上で不安定になっていたらしいノートPCが落下。窓から。
リアルで「ふむ…」とか言ったのを覚えてる。

物的被害が出て特に記憶に残ってる3大修羅場。
おかげで物事に集中しないクセがついてしまっていまだにちょっと苦労してる。

さっき実家から電話がかかって、出られず、再びかかってきたのに出たら
「おりゃ!!電話かかったら出らにゃ!!」と言われて懐かしい気分になったのでカキコ。
仕事中は無理だよママン。


226 :おさかなくわえた名無しさん 2004/07/09(金) 23:09:00 ID:q6CY34lC
大した話じゃないですが、母が「女」で仕事してるのを目撃したとき。

高校2年の夏休みです。塾が午前中で終わり、母の働く市役所へ。
母もその日、代休で午後は休みだったので、
一緒にご飯食べて買い物しようと約束していました。
家は市外で、何気に母の職場に行くのは初めての体験。
着いたら真っ先に目に飛び込んできたのは、窓口にて怒鳴る893氏。
びびっていると、何故かそこにすたすたと母登場。
最初は「女じゃ話になんねえ!」と凄んでいた893でしたが、
母は顔色ひとつ変えずにこやかに対応を続けました。
相手の話をちゃんと聞き、適度に理解を示し、でもきちんと反論する。
合間合間に、困った素振りしてみたり、ちょっと甘えてみたり、
すねたふりをしてみたり、たまにビシっと切り返したり。
そして、終始なんだが艶っぽい。えーこれがお母さん?とびっくり。
そんなこんなでものの数分後、893氏は
「まあ、ねーちゃんがそういうなら、今日のとこはわかってやるよう」
と言いながら退散したのでした。

あとで同僚の方に聞いたら、母はクレイマー親父やその筋の人など、
困ったおっさんをお色気と正論で撃退する第一人者だということでした。
いつも「おかあさん」でしかなかった人の隠れた一面を目の当たりにして
当時の私は動転したりもしたのですが、市民のお役に立ててるなら(wヨシ!ということで。
ちなみに母は女優の余貴美子さん似の若く見える美人です。
私は父親似・・・・・・。ウチュ。長文失礼しました。

このページのトップヘ