415 :名無しさん@おーぷん 2015/01/09(金) 22:30:55 ID:rVt
新年早々ハートウォーミングな事があったのでお裾分け

高校の時、同じクラスのAの家に子犬が産まれた。
隣のクラスのBが欲しがって、一匹貰った。
一年後、BはAに大きくなったその犬を返しにきた。
Bは特に問題のある人ではなかったし、AはBに犬を引き渡すとき、
里親会のような誓約書も書かせていた。勿論親同伴、判子付きで。
当然A一家は誓約書を見せて激怒したが、B一家は
「自分達はパピーのようなもの、子犬の時だけ面倒を見たかった。
大きくなったら散歩出来ないし思ってたのと違ってた」と悪びれず。
結局A一家は再びその犬を育てる事になった。
幸い犬は可愛がられていたようで元気、久しぶりに会う親犬に歓喜。
当然ながらBは学年中からブーイングを浴びた。しかし
本人はケ□リとしたもの。自分の思い通りになったんだもんね。
私やAはちゃんとBに「しね」と言っておいた。

で10年以上経って現在30才でして、
お正月に実家に帰った時に久しぶりにプチ同窓会をやった。
既婚あり未婚あり子餅小梨バツイチ、色々いた。
そこにBもやってきた。
Bは高校生の頃から東大卒のイケメンエリートと付き合ってて
親公認で、大学卒業と同時に結婚すると言っていた。
付属の女子大に進んで就職活動もしなかったし働いてなかった。
家事手伝い。花嫁修業。
ところが27くらいの時にその彼に捨てられたんだそうだ。
婚約してる訳でも同棲してる訳でもなかったので慰謝料無し。
ショックで数年メンヘラになって今ようやく復帰したそう。
女の一番良い時を吸い取られた、元彼に復讐したいとか
そんな事をグダグダ言っていたので、つい
「B、自分が犬にした事と全く同じ事されちゃったねww
可愛い時だけ一緒にいて、年取ったらもういらないってww
若くて可愛いうちは良いけど人生の面倒は見たくない、
一生一緒にはいたくないって親元に戻されたwww」
って口を滑らせたら、周りからとってもウケたよ。
Bは「犬と人間は違う!」と怒っていたけど、周りの犬飼い達から
「犬は可愛い時だけ一緒にいて大きくなったら捨てていいけど
人間はそうしちゃ駄目ってこと?なんで?何様なの?
むしろ、犬はいきなり捨てられたらタヒんでしまうかもしれないけど、
人間は生きて行けるでしょ。」と言われ、
人間は大切にされるべきなんだとか犬畜生と違うとか喚いていてた。
私とAはご飯が美味しくてたまらなかった。



745 :おさかなくわえた名無しさん 2013/04/09(火) 14:07:08 ID:hWAN9YT8
犬と散歩してたら後ろからやってきた自転車に犬だけひかれた。
道の脇によけて止まってたのに犬に真っ直ぐ突っ込んで犬を撥ね飛ばす自転車。
リードを手首に巻き付けてたので引っ張られスッ転んだ。
しばし呆然としたあと血を流す犬を見て絶叫。
私の絶叫を聞いた近所の夫婦がかけつけた。
家族ぐるみで仲良くしていた人たちで、
奥さんが発狂する私をなだめ、旦那さんが犬を病院に連れてってくれた。
よく覚えてないけど犯人をうんこつきシャベルでなぐろうとしたらしく警察呼ばれた。
そしたら警察で犯人が自爆。
事故ではなく計画してやったとのこと。

普通のナンパでは断られると思い、事故を装い犬に大怪我もしくはタヒ亡してもらい、
「一生かけて償うから!」と私と結婚する予定だったらしい。
「あんな子だと思わなかった」と被害届け出そうとしたんだとか。

親づたいに警察の話を聞いたとき目眩がした。
それだけじゃなく私の盗撮画像や私物、
私とは無関係の児童ポルノもでてきてそいつ逮捕。

親に全て任せて犬と一緒に引っ越しした。
犬は一部はげが残ったが幸いなことに後遺症はない。
でも外で散歩できなくなってしまい屋上散歩と室内トレーニングしている。


70 :名無しさん@おーぷん 2015/01/29(木) 09:49:06 ID:yTW
完全に自業自得な私たちの結婚式の話を聞いてください。
文才がなくて長くなりました。すみません。

私たち夫婦は独身の頃からチワワを一匹ずつ飼っています。
それがきっかけで仲良くなりお付き合いし結婚に至りました。
結婚式の日に犬2匹をどうするかという話をした時に、2匹も参列させたいと彼が提案しました。
正直うちの両親と向こうの両親はえ…それってどうなの?という感じでしたが、
わたしも彼もウェディングフィーバーで押し切りました。
今思えば本当にやめとけば良かった。

まあまあ地方なので犬OKの式場を探すのが大変でした。
当日はマナーベルト(オムツのようなもの)をした上からタキシードを着せて受付の横にリードでつないでいました。
二匹ともオスですが幸いして仲も良いし人懐っこい上に来るのは知り合いばかりなので
愛想を振りまいて来て頂いた方々も馬子にも衣装な2匹を見て楽しんでくれていました。

ところがです。事件は起きました。
その結婚式にはAさんという小さい頃からお世話になっている庭師のご夫婦をお呼びしました。
Aさんはむちゃくちゃ犬が好きで特に柴犬が好きで家に柴を7匹広い庭に放し飼いにしています。
なんとAさんご夫婦、柴犬を3匹結婚式に連れてきたんです。
しかもマナーベルトなし、リードのみでトイレも水も持ってきていません。
その上一匹は老犬だからとリードすらしていません。
受付をしていた友人に呼ばれて受付に行って、Aさんをみて本当びっくりしました。
うちのチワワ2匹は会ったことのない犬で震えてビクビクでした。

続きます


488 :おさかなくわえた名無しさん 2009/03/13(金) 01:20:35 ID:0HwnJXM8
こないだようやくケリがついた元友達Aとの話

Aはわざわざペット可のマンションに引っ越してまで犬を飼い出した子なんだけど、
どうも飼い主としてのモラルに欠けていて、例えば散歩中の糞の始末をしなかったり、
街中の歩道をノーリードで走らせたり、とにかく色々やらかしていたので、
私や共通の友達がみんなで「もっとちゃんとマナーを守りなよ」といつも注意していた。
それでもAは態度を改めず、おまけに飼い出して2ヶ月程で犬自体に飽きてしまった。
私達が気付いた頃には、餌も散歩もAの気が向いた時だけ与えるという状態で、
もちろん躾なんか全くしてない。なのに往来でノーリード。本気で怒っても聞く耳持たない。

しょうがないので、私を含め犬好きの数人で交代でAの犬を預かり世話をすることになった。
躾もできる限り努力して、遠方のドッグランにも行って…とA以外みんなで協力し続けていた。
Aは何度声をかけても「犬とかもうどーでもいいし」と言って全く来なかった。

私達は、出張が多い仕事だったり姑が犬嫌いだったりでみんな本格的に引き取ることができず、
悩んだ結果、里親を探すことにした。一応飼い主のAに言ったら「あっそ、好きにすれば~」
んで、苦労して里親も見つかり、いよいよ引き渡しの日を迎えたんだけど、
そこでAがいきなり号泣しだし「やっぱり離れたくない。私の犬なのに引き離さないでよ」
等と言い出し、犬は渡さないと言い張り、結局A以外の全員で里親さんに平謝り。
Aは上機嫌で再び犬との生活を始めた。でも1ヶ月後にはまた飽きて半放置。
そして私達に「やっぱ、こないだのオバサン(里親さん)にあげていいよ、こいつ(犬)」

私達は全員本気で呆れ、お前にはペットを飼う資格はないと皆がマジ切れした。
するとAも「私は飼い主として色々苦労してる。あんたらはただ犬と遊ぶだけのくせに」と激切れ。
私ら皆で世話したし、ドッグフード代も狂犬病の注射代もその他諸々費用払ってんだけど。
結局、再び皆で里親を探しまわって無事に犬を引き取ってもらい、Aとも縁を切った。
ただ、振り回された犬には本当に申し訳なく思う。里親さんは真面目な優しい方で
たまに様子見に行かせてもらうと犬もすごく元気なのが救いだけど…
とりあえずAは二度とペットを飼わないでほしい。


27 :名無しさん@おーぷん 2017/11/23(木) 18:14:31 ID:fXm
俺は両親のやってた自営業の飲食店を継いだ。
昔から料理するのが好きだったし
勉強も好きな方ではなかったので丁度よかった。

んで、俺には兄貴が一人いる。
兄貴は俺と違って昔から勉強が好きで、実家の店のことなんか興味もなく
大学進学をきっかけに家を出ると就職して結婚した。

今じゃなんか同期の人達と立ち上げたベンチャー企業を経て
それなりの役職と、なんとかアドバイザーだかなんだかで毎日忙しく稼いでるみたい。

そんな兄貴から結構前に嫁をパートでもいいから使ってくれないかって頼まれた。
何でも飲食店をやるのが夢だったみたいなので
人手は足りてたけど身内の頼みだし引き受けた。
ちなみに厨房に俺と料理の修行仲間、フロアに引退したけどやること無くて結局引退出来てない両親と
パートさんに学生アルバイト数名で回せる規模の店で
皆和気藹々の雰囲気でやってた。
で、兄嫁も初めこそ問題なく馴染んでたように思えたんだけど
なんか段々、パートさんとアルバイトを仕切るようになって
シフト決めも普段は持ちつ持たれつでパート、アルバイトの人達が相談しあって決めていたのに
勝手に一人で皆のシフト割り振ったりし始めたので流石に注意した。

なんかちょっと身内だからって勘違いしてんだろうなーと思いながら
その時はなんとか収まったんだけど、明らかに兄嫁うちを乗っ取るとまではいかないけど
事業主面することが多くなってきた。
今日なんか午後のシフトに飼ってる犬連れてきて
あろうことか店内に放ちやがった。
勿論、犬は見知らぬ空間に興奮して走り回って
ランチ食べに来てるお客さんにジャレたり
最後は厨房に駆け込んで来て走り回ったのでジ・エンド。
犬の走り回った厨房で料理続ける訳もいかず急遽店じまい。
ほんと嫌がらせかなんかの類いかと思って、口調強めに言ったら
犬を店のマスコットにしたくてとか、店内で名物犬として定着したらテレビ取材来るかもしれないとか
アホみたいなことを大真面目に語るもんだから
クビ言い渡して兄貴から連絡させるようにって帰らせた。
今は厨房全体、使用道具の大掃除を済ませて連絡待ち。
ほんとあり得ないわ……


394 :名無しさん@おーぷん 2016/11/11(金) 22:02:10 ID:BN2
ペット飼いの人注意

放し飼いの大型犬が畑の作物を荒らす
遠方大学に行った孫が帰って来た時に食べさせるのを楽しみにしていたおじいさんが畑の惨状を見て呆然
周りも被害にあっていたので24するも「犬のしたことだから」で飼い主に注意だけ
放し飼い禁止ルールを守らない、大型犬で人に恐怖を与えると言っても取り合わない
そこに、件のおじいさんがショックで一気に認知になった
他の畑住人の誰かが毒入り団子を畑内に放置
次の日、犬がまた放し飼いにされ、団子を食べてあぼーん
飼い主は半狂乱になって「お前らだろ!〇ろしてやる」と棒を振り回し、お持ち帰りされた

犯人はそのじいさんの家の嫁と自分だ
孫だけじゃなく、嫁もじいさんの作った野菜や果物が大好きだったし、じいさんも好きだったんだ
自分はじいさんをボケさせた犬と飼い主に復讐したい嫁の気持ちに協力しただけ
うちの畑も荒らされてたからね


203 :おさかなくわえた名無しさん 2010/09/30(木) 00:04:57 ID:5mupSR61
結婚と同時にちょっと不便ながらも新居を構えた友人。
念願の大型犬を飼いだして、会ったときなんかもうすごいリア充っぷりだった。
奥さんも犬が好きとかで、まだ子供もいないしすごくかわいがっていたようだった。

1年後、大型犬は2頭になっていた。
3年後、大型犬が5頭に増えた。しかも全部違う種類の。
5年後、奥さんが妊娠したとかで、犬を全部保健所に連れて行くと言った。
もらい手を探せば、と言うと、「めんどくさい」「ヒマがない」
挙げ句の果てに「じゃあお前が飼えよ!」と激怒。
犬がかわいそうだしカチンときたので5頭とももらい手を探して、
いい里親さんに渡すことが出来た。

最近、子供が大きくなってきたからまた飼おうと思う、と言ってた。
奥さんは賛成したのか聞いてみたら、大反対だそう。
5頭がもらわれていったとき、奥さんの同意を得ていなかったそうだ。
奥さんは子供のようにかわいがっていたし、手放す気はなかったんだと。
なんというか、もう、友やめ物件な気がしてきた。


785 :名無しさん@おーぷん 2015/04/23(木) 13:20:23 ID:6kX
50年生きてきて唯一の修羅場
幼い時に小学生ぐらいの子供たちに犬をけしかけられて
全身ズダボロの傷だらけにされたこと。

5歳ぐらいの時なので、あんまり鮮明には覚えていないんだけど
家の前で遊んでいたら、年上の子供たちに「犬を触らせてあげる」と声をかけられ
動物好きなもんでほいほい付いていってしまい、いきなり転ばされて犬に噛まれた
犬の大きな口と牙、ゲラゲラ笑ってる男の子たち
「脱がせ!」という声をおぼろげながら覚えている。
幸い、叫び声を聞いた母がすぐに駆けつけて助けてくれた
子供たちは逃げていったそうだ。

当時うちは貧乏で、勤め先の所有するアパートに格安で住んでたんだけど、
親は「ここに住んでたらろくなことにならない」と思ったそうで
めちゃくちゃ頑張って働いて、市内のだいぶ離れたところに引っ越した
それからは平和に暮らせた。

最近、子供が河原で仲間に杀殳される事件が相次いだけど
あの河原って、小さいとき住んでた所の割と近くかも?と気づいたら、
封印していた記憶が蘇ってしまった


356 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/27(日) 19:53:05 ID:7WANawDL
今日の事なんだけど彼女と気まずい雰囲気になった

彼女は犬好き
当然家にもいるし外で散歩中の犬を見かければ飼い主の許可をもらって話しかけたりじゃれたりする

俺は犬がどちらかといえば苦手
苦手だから一緒にじゃれたりはしないが彼女の趣味に文句をつけるつもりはないし
結婚して犬を飼うのも我慢するつもりはある

今日もデート中偶々出くわした犬と戯れる彼女
犬は苦手だけど、そんな彼女を見ているのは好きだった
ただ、彼女が犬とキスをした
その日、彼女とキスをするとき、彼女の顔がその犬に見えて思わずキスを拒んでしまった

そのくらいで神経質だよ~w
とか笑う彼女に何故か引いてしまった
犬好きは犬と彼氏のキスも似たようなものなのかな……何か自信がなくなった
確かに、俺が神経質なんだろうけど


303 :名無しさん@おーぷん 2015/04/01(水) 13:35:07 ID:U1J
母の訃報を大喜びで今か今かと待ちわびていたこと。

子供の頃、ペット飼いたい、だけどノーリードの犬に噛まれて以来犬が怖かった私に、
母が犬を買ってきた。しかも大型犬のレトリーバー。
びっくりする私を、母はあんたが欲しがってたペットでしょ!なんで喜ばないの!と叱りつけた。
私が欲しかったのは猫か鳥だったんだけどね。
苦手は苦手なりに、面倒見たり一緒に遊んだりしていれば情が移る。可愛くなってくる。
子犬だったこともあって恐怖感は徐々に薄れ、数ヶ月もすればすっかり犬好きになっていた。
そしたらある日の夕食時に、突然あの犬上げることにしたからと告げられた。
驚愕、後号泣の私に、あんた犬嫌いだったでしょ、あんたのためにもらい手探してきたのに
なんで泣くの!と母は怒り狂った。

母のことを思い出す時、一番強烈に思い起こされるのがこの記憶。

運動音痴で超インドア派だった私が、ピアノか絵画教室に通いたいと頼んだ時も、
なぜだか体操教室とプールに突っ込まれた。
泳ぐ方はそこそこできるようになったけど、体操はぜんぜん上達しなかった。
この時は体が弱くて話し下手な私を、
体力をつけさせつつ同じ年頃の子達と馴染ませようと思ってくれた親心なんだろうと信じてた。
実際にはぜんぜん逆で、まったく上達しない私は周りの子に馬鹿にされてからかわれていたけど。
だけど犬のことがあって、ああ母は私が嫌いなんだなと自覚した。

家庭内では影の薄かった父が亡くなり、母が独居になり、体調が思わしくないので、
一緒に暮らそうって催促が来たのを無視したり冷たくあしらったりするのがとても楽しかった。

このページのトップヘ