田舎


355 :おさかなくわえた名無しさん 2014/01/08(水) 21:23:13 ID:MMSdiRWj
武勇伝と言うにはちょっとショボイんだけど俺の高校の頃の話
思い出だから色々誇張してたり間違ってたりするかも

平々凡々な地元公立高校に通ってた当時の俺と友達は、駅前のゲーセンにあるカードゲームにはまってた
交代でやればあんま金もかかんないから楽しく遊んでたんだけど、ある時からゲーセンにあからさまな不良グループが現れるようになった
近くにあるバカ校の奴らで、店から連れだされてカツアゲされたなんて噂も聞くもんだから、そいつらが来たらこっそり逃げてた
でも他のゲーセンにはそのカードゲームがないから困るし、いつ絡まれるかわかんないってのは怖いし、全然落ち着かない 
ってことで、俺はそのグループの情報を集め始めた
田舎だし俺は生まれも育ちも地元だし、誰か一人ぐらい知り合いがいるんじゃないかと思ってさ
残念ながらそんな不良と付き合いのある友人はいなかったけど、グループの一人でAってヤツが俺と同じ小学校だったってことはわかった
そっからあれこれ教えてもらって、かき集めたAの小学校時代の話を頭に入れておいた

んである日、ゲームプレイ中で逃げられなかった俺達は、ついに例の不良達に絡まれた
「なーなー、ちょっとお前ら、どこ校のヤツ?w」
みたいな定番の絡み方だったと思う
声をかけられた直後、かなりテンパりながらも、俺は適当に不良連中の方を向きながら、
「あれ? Aっち? Aっちだよな?」
って声をかけた
そしたら一人が 
「は? 誰だよお前」
って睨んできたから、こいつがAだ! と判断
「あれ、覚えてねえの? 俺だよ、俺! 〇〇小で一緒だった俺だよ!」(確かに同じ小学校)
「は? いや知らんし」
「うっそ! 朝休み一緒にサッカーしてたろ! 俺だって!」(Aは毎朝校庭でサッカーしてたらしい 小学生の遊びだから面子は適当)
「あー……」
「すっげえ気合入れて基地作ったじゃん! 俺もいたろ!」(Aは超本気で秘密基地作りに熱中してたらしい)
「いや……」
って感じで俺自身の名前を何度も言いながらガンガン畳み掛けた



190 :名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/05(金) 07:09:08
小中学校の同窓生。小3・4と中2・3は同級生。但し共通の思い出とか全然ない。
予め言っておくと「実は相手が小中学校時代に」の展開もない。

俺は密かに生涯結婚しないと心に決めていたが、実家がド田舎で早婚が普通の感覚だからか25才を越えると親が見合い話をドカドカ持ってくるようになった。
いつも写真や経歴を見ることなく全部断っていたが、ある時母親が電話で「○○(中学)の××△△さん、覚えてる?今度お見合いしてみない?先方は是非会いたいと言ってる」と言ってきた。
その名前で直ぐにオカッパのタヌキ顔が頭に浮かんだ。

俺はこの不意打ちに猛烈に怒ったけど会うことにした。
自分で言うのもなんだが真面目な性格だったので「相手が誰か判ったうえで、先方が会いたいと言ってるのに電話だけで断る(要は見た目でパス)のは失礼」だと思ったのだ。
それと変な話だけど、お互い知り合いだから写真も経歴も不要で正式の見合いじゃなくてとりあえず2人で会えばいい(お互い上京していた)とのことだったので、会って「先方からこの話を断ってもらうよう」お願いしようと思った訳。

親から先方の電話番号を教えられ、あとの段取りは俺が組むことになった。日程を調整して会ったのは2週間後。

「久しぶり~」の声とともに見たのはショートボブのタヌキ顔。10年前と全く変わってないw
俺は小中学校の同窓会出たのは高校卒業のときが最後で成人式にも出なかったので、もっぱら聞き役だったが「誰がどこに就職したとか、誰と誰が結婚したとか」同窓生の動向の話で妙に盛り上がった。
その為なんとなく当初の目的であった「お願い」が言えなくなっていた。

2人の初の共同作業はケーキカットじゃなくて、披露宴で紹介されたデキ婚カップル以上に苦しい2人の馴れ初め捏造。


182 :名無しさん@おーぷん 2017/07/21(金) 11:54:30 ID:qF9
家族に無断で「早期リタイアして田舎住まいする」と退職してきた夫と、今離婚話を進めている。
貯金が2000万に達したから!って言うけどまだ子供は小さいんだよ。学費どうする気なのよ。
それに私もあなたもまだ40代前半。田舎は物価が安いから大丈夫!って、いやいやたった2000万で残りの50年生きられるはずがない。
「不安ならお前だけこっちに残って働いて仕送りしてくれていいよ(キリッ」って何だそりゃ。
で、子供は自然に触れさせたいから夫が田舎に連れて行くんだって。
家は、去年亡くなった私の祖父の家が空き家だからそこに住むって。
色々ありえん!と怒ったけどお互い相容れなかったから離婚話になった。
現在夫は元祖父の家に篭城してる。
でも思ったのと違ったみたいで早や泣き言モード。
そりゃそーだよ、夏休みに行った祖父の家が快適だったのは祖父が家の手入れや草むしりや虫の対処をしてたから。
今は誰もやる人がいないから夫がやるしかない。
近所の人が冷たいって当たり前じゃん。私や子もいるならまだしも、夫だけで住み込むなんて異常だよ。
物価が思ったほど安くないことや光熱費の高さにもヒーヒー言ってるみたい。
おまけに車もないしね。田舎じゃ車なしじゃ何もできないもんね。
戻って来たいみたいだけど、ヒモなんかいらない。
ていうか戻れると思ってる神経がわからん。


967 :名無しさん@おーぷん 2016/01/22(金) 16:47:09 ID:DOA
すっごく当たり前だけど、DQNネーム・キラキラネーム付ける親ってのはロクな奴いないね。
パートの保育士だけど来年度の名簿見てクラクラしてきたよ。
新入さんの4分の1ほどそんな名前で、入園前から親はマークされてるよ。
今いる子も卒園した子も例外なくそういった親は頭のネジ外れてるから扱いに困る。
ホント、親には国から常識人のみ子を持つことを許されるよう免許制にでもなってほしい。
というかこんなことを思わされるバカ親ばっかりで情けないわ。


224 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/15(日) 16:12:30 ID:425wZQOA.net
家の裏の畑の一部を潰して10mx20mに芝生を植えて、ネットで囲んで我が家用のドッグランを作った。
田舎なので隣の家まで50m以上離れているし、道路からも裏のドッグランがほんの少しの隙間から見える程度なのに、どこから話を聞いてきたのか、500m以上離れた分譲住宅地の数人が使わせて欲しいとやってきた。
あくまでも我が家の柴犬、チワワ2匹、シープドッグ用と子供の遊び場として作ったと説明したのに何度も何度も来て気に障った。

ここからは些細じゃなく事件へ

何度断っても私達夫婦が留守の時に無断で敷地に入って来て、裏で作業している婆ちゃんを捕まえて、なんとか使用許可を取ろうとして迷惑を被った。
ある日、家族全員で買い物に出掛けて帰宅したら、道路に面した駐車場に見慣れぬ車が2台停まっていた。
そうしたら裏のドッグランを勝手に使っていた。
2台の車が逃げられないように私達の車を横付けして裏へ回った。
少しも悪びれずに「いや~すばらしいですね!使わせてもらってました!あははは・・・」
流石に父が切れて警察に泥棒がいると通報した。
数分でパトカー2台が来て、初めて事の重大さに気が付いた奥さん達が「え、いや、そんなつもりじゃなくて・・・」と後の祭り。
警察は応援を呼んで車2台と大人4人と子供3人を連行していきました。

後から分かったけど、隣のおじさんが2回注意したそうだが「少しぐらいいいだろ」と言って使い続けていたそうだ。
田舎の人を無条件に大らかな人達と勘違いしている都会の人は気を付けて下さい。
物事の道理に反した人達には厳しく接します。
ついでに教えておきますが、田んぼや畑のあぜ道も敷地内ですから、勝手に犬の散歩で入らないで下さい。
それに犬の糞は肥料にはなりません。


376 :名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火) 00:16:22 ID:CEO
他の方と比べるとゆるいとは思いますが、結果的に復讐になった話。
フェイクはいっています。

中2から高3まで付き合っていた彼氏のAがいました。
小・中・高がそれぞれ2つくらいしかない田舎で卒業後は、Aは地元で就職。
私は地元に大学がないので、地元を離れ進学することに。
色々ありましたが、第一志望の校内推薦をゲットして小論文と面接をこなす予定だったのですが、試験3日前に学校の階段からAに突き落とされました。
落ち方が悪かったのか利き手を骨折し、小論文試験は断念せざるを得ませんでした。
幸いにも目撃者も多く、すぐに先生方も駆けつけてくださってAに事情を聞いてくれたのですが
自分より学歴の高い女は好きじゃないという身勝手な理由だったらしく先生方とA両親は開いた口がふさがらなかったそうです。
その後、A両親に慰謝料と治療費をいただき当然Aとは別れました。

センター試験も希望していたので、第一志望も受けたのですがダメで結局第二志望の大学へと進学しました。
そこで大学の学生課に勤めていた旦那と出会い、卒業後交際し数年後に結婚しました。
地元が田舎だったこともあり、よくも悪くも噂されるのが嫌だったのでしばらく実家にはもどらず
私両親への挨拶も、父の意向で私達のいる地域へわざわざきてくれました。

結婚して数年後、祖父の法事があり前日に実家へ帰ることに。
旦那と父が盛り上がり用意していたお酒がなくなったので、酔いさましがてら旦那と一緒に近くのコンビニへ徒歩で向かった。
お酒やつまみなど買っていざ会計をしようとしたらレジ打ちがAでした。
Aも気付いたようで、すこしきまづそうでした。
その場で特に会話もなく、そこで終了しました

その後共通の友人に、私の結婚式の写真があるかと訪ねていったそう。
友人は私に許可をとってくれて、私が前撮りの写メを友人に送信した。
その写真をみて、私と結婚するのは自分(A)だと思っていたが幻想だったんだ。
と結婚指輪?をみながら愚痴っていたそうです。

色々やってやろうかと考えたこともありましたが、
幸せな姿を見せるだけで出来る復讐もあるんだなと思いました。


65 :名無しさん@おーぷん 2017/11/24(金) 14:53:38 ID:4vG
かなり長いけど吐き出させてください。長文嫌いな人はスルーして。

転勤族だった従姉が旦那さん定年後にとある田舎町に新居を建てて住み始めた。
転勤であちこち行ってる頃に気に入って土地だけは確保してあったそうだ。
新居を建てるって聞いた時に大丈夫かな?って正直思った。
だってその従姉、ひとりじゃ何もできないようなお嬢ちゃんおばさんだったから。
旦那さんとは一回り年が違う見合い結婚で、我儘もなんでも聞いてくれるらしく面倒なことは全部旦那さん任せ。
旦那さんの両親とは一切付き合いをせず、帰省は常に旦那さん単身。自身は一人娘で両親は鬼籍。
そんなふうなうえ、引越し引越しが続いた為友達らしい友達もいない。
でも旦那さんが友達と兼用のようなものだから毎日楽しいよ♪って言ってた。ちなみに子梨。
将来的なことを考えたらどこかの賃貸で土地になじんでからにするとか、
レジャーとして住むならいいけど、住居は街中で確保した方がいいんじゃない?って言ったら
子供がいないから旅行や外食ばかりしてたせいで、親の遺産ももうそんなに残ってないんだって。
だからこの際、残ったお金で思う存分自分好みの家を建てるんだって。
そんな状態なら尚更冒険は怖くない?って言っても「私がそうしたいんだからいいの!」って怒鳴られて。

実は彼女の母親が私の叔母で、亡くなる前に「娘のこと頼むね」って言われてたんだ。
その場では分かったって言ったけど、あまりにも感覚が違い過ぎるし
私は私の家庭や、友達との付き合いもあるし、お互いいい大人だし正直構ってられない。
せいぜいたまにかかってくる電話の相手をするぐらいしかできなかった。
それにいくら従姉妹同士でも、既婚者の相手に口出しできることも限られてくる。
本人がいいって言うなら私がどうのこうの言うことでもない。
旦那さんと決めればいいことだし。


829 :名無しさん@おーぷん 2015/08/24(月) 09:46:07 ID:MTH
×が付いたときの事情で田舎暮らしを始めた私

お盆明けから、毎日のように違う人からアドレスを渡されたり
待ち伏せされたりして、何が私に起こっているのか理解不能な状態になった。
言い方は悪いけれど田舎の農家とか絶対に無理だし
そのうち東京に戻るつもりだし。

何と言うか田舎の怖さが私に降りかかるなんて思ってなかったよ。
原因は、同じ場所で働いているオバチャンだった。
東京嫌いが原因で田舎の一人暮らしをしている若い女が
自分の職場に居るってお盆のときに触れ回った事だった。

確かに変な場所に住んでいるし、田舎では目立つクルマに乗っているから
特定はしやすいし、オバチャンに×1とも話していないけどorz
いつも外で遊ばないで、真っ直ぐ帰宅してネコと遊ぶだけだから
他に方法が無いのも理解できるけれど待ち伏せとかされたら怖いんですよ。
嫁不足なら、冬になればやってくるナンパ目的のスキー客とか狙ってください。

冬が来る前に、東京に帰ろうかと考え始めた。


418 :名無しさん@おーぷん 2014/11/20(木) 20:40:46 ID:vafnh2eIT
我が家は田舎のために無駄に広い
特に祖父が凝った日本庭園風の庭が広くて秋になると落ち葉掃除が大変
高校生の頃に箒を持って落ち葉を掃いていたら飼ってる柴の鳴き声が聴こえた
振り返ると庭に面した廊下に柴がいてものすごい形相で吠え狂ってた
滅多に吠えない穏やかな性格の犬なのにどうしたんだろうと掃除をやめて家に入った
それでも柴が吠えているので何があるんだと宥めつつ庭を見渡した
山に面している庭の垣根から真っ黒な熊さんが(・∀・)コンニチワーしてくるところだった
ちょっとちびりつつ吠え狂う柴を抱えて家の奥へ撤退、そして二階の部屋に立て篭もり通報
駆けつけたお巡りさんや近所の猟師さんたちから熊さんが山へお帰りになったと聞くまで生きた心地がしなかった


315 :名無しさん@おーぷん 2014/09/13(土) 09:15:57 ID:???
>>314
良い話だけどちょっと怖いw

私も田舎の出身で、小さなコミュニティの中でノンビリとお馬鹿に育ってた。
その頃の話なんだが。

高校時代の夏休み、部活から帰ってくると、お客さんが来ていた。
60代くらいの上品そうな女性と、40代くらいの大柄で無口な男性だった。
母が、本家筋の遠い親戚である親子だと紹介した。
「ははあ、お盆さんが近いから何かそんな関係で来たのかな」と思った。
付き合いのない親戚のせいか、母は硬い顔をしていた。

女性は「部活だったの?」「何をやってるの?」と笑顔で聞いてきたので、馬鹿の私
は「テニスをやってます。すっごく楽しいです。去年は県大会で・・・」とかベラベラ喋った。

女性が「好きな人とかはいるの?」と訊くと、もう恋バナは女子高生の人生の糧とばかりに、
もっとテンション上げてベラベラ喋った。
「県大会で会った、○○高校の○○君はすっごいテニス上手くて、でも全然感じも良い人でー」とか。

「年上の男性はどう?好き?」と訊かれ、
「いやーー!!2歳上まではありですけど、それ以上はちょっとまだまだ!!やっぱり人生経験値全然
違うじゃないですか!大学出たり、社会人として働いてたり、自活したりとか色々してる人とか
ってやっぱりもう私とは考え違うはずですよね~人として精神の成熟が全然違うじゃないですか!!
そんな人、むこうも私になんて考え合わせられないだろうし、私ももう全然出来ないし!!

やっぱり歳の近い人と、人生の色々な経験を一緒に積んで~一緒に成長していくってのがいいかな~
って、あっ○○君のこと言ってるんじゃないですよ!彼はもう人気者なんで無理無理!!!あっでも来週、合同練習で~」
とか話してたら、向こうが「じゃあそろそろ」なんて帰って行った。

玄関で2人を見送った後、母親が急に私を抱いて被さってきて「ごめんなさいごめんなさい」と言った。

なんとあの女性は「私と息子を結婚させないか」と来訪したんだと言う。
馬鹿げてるとやんわり断ったけど、むこうは父の本家筋であんまり怒らせてしまうと地元で立場が悪くなる
ため、「会わせるだけ」と私に会わせてしまったという。
いつの間にか見合いをしていたというのが、スレタイ。

「見た?あの白い顔ども。基地外の白よ。生きてる人間は夏は私やあんたみたいに真っ黒になるのよ。
あんたも真っ黒な人と結ばれて真っ黒になって暮らしなさい」と母は私を抱きしめながらつぶやいた。

今の旦那は4歳年上だし、デスクワーク仕事で真っ黒でもないけど、おおよそ母の言う人だと思う。

このページのトップヘ