病気


872 :恋人は名無しさん 2017/07/02(日) 02:02:23 ID:SFvCTmdD0.net
同棲してる彼女がバセドウ病と一型糖尿病で本人曰く体がしんどくて正社員としては働けない。
でもうちは基本平等の折半でいこうと同棲始めるときに決めた。
バイトで月14万くらいしか稼げず、そこから色々払ったら貯金はほぼ出来ないらしい。
こんなのと付き合い続けて結婚したら寄生されるのかと不安になってしまって…
更に彼女に「電気代もう少し抑えるように」と言ったら、「文句があるなら手を出してからにして。家事一切しないくせに口だけ出すな」と言われた。
こっちは12時から0時まで働いてて家事する時間なんてない。
好きだけど色々しんどい…12時間毎日働いてるのに俺も家事しないといけないのかな…



525 :素敵な旦那様 2006/03/29(水) 09:08:06
大学4年の時、義父のコネでいいとこに就職が決まったので、両家で食事会。

「おかげさまで、○○に就職できました。お嬢さんを僕に下さい」

結婚前提の同棲を2年続けてたもので、誰も文句は言わなかったw


792 :名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月) 19:16:50 ID:aBq
これも復讐になるのかな?

小学校の低学年の時に両親が離婚した。
俺は母親に引き取られたが、特に貧乏な暮らしではなかった。
母の実家はまぁまぁ裕福だったみたいだし。
その母親は病気で祖父母より先にタヒんでしまって、その後祖父母もタヒんで
30手前で俺は天涯孤独(実際には父親がいるんだけどな)になった代わりに
普通に仕事して贅沢さえしなきゃ楽に暮らせるぐらいの金と不動産を遺してもらった。

そんなある日、弁護士と名乗る男が訪ねて来て実父がタヒんだことを知らされた。
父に対する感情は正直何もない。
両親の離婚の原因が父の不倫だったことは聞いていたが、
そんな昔のことで今更どうこう思わないし。
でもまぁ、ともかく俺は一応相続人なので連絡が来たみたいなんだ。
何がなんやらよく分からず、とりあえず指定された場所に行った。
父は昔の不倫相手とそのままちゃんと?結婚していたが
子宝には恵まれなかったらしい。
それで現妻と俺が相続するらしいが、弁護士さんの横に座っていた初老の女(現妻の母親)が
突然優しく諭すような物言いで語りだした。


299 :名無しさん@おーぷん 2016/09/30(金) 11:01:20 ID:3o2
高校・大学と同級生で、大学卒業前に告白され社会人3年目まで付き合った彼氏がいた。
社会人3年目のある日、「風邪引いたみたい、熱がある、ダルい」とメールが来て、
私は僻地に出張中だったので「ちゃんと病院行くんだよー」と返事した。
彼はそのやり取りから数日後に救急車で病院に行き、入院し、一か月半後他界した。急性白血病だった。

彼といた時間が長すぎて気持ちの整理はいつまでもつかなかったけど、その一方で自分の子供を産む夢もあり、
30歳の時、会社の先輩に紹介された人と結婚した。

夫は優しい、子供は可愛い、ほぼ文句ない暮らしだけど、一週間に一度は彼の夢を見る。
そこでは私と彼が結婚して子供もいる。喧嘩したり仲直りしたり、家を買ったり子供が育ったり。
目が覚めると泣ける。
彼を亡くして大きく空いた心の穴を実感する。
夫や娘を失くしたらもっともっともっと大きな穴が空くことは容易に想像がつく。
でも彼がいなくなった穴も私には埋めがたい。

彼のことは夫も私の話で知っていて、普段は話題には絶対上らないけど、命日が近い週末前になると、
「そろそろお墓参り行って来たら」と言ってくれる。
まだ幼い子供が「私も行くー」とか言うたび、
「大事な用だからお母さんは一人で行くんだよ、お父さんとお出かけしよう」と言ってくれた。

ある年お墓参りに行ったときは、彼のお母さんにちょうど会って、「毎年来てくれるのは本当に嬉しいけど、
もうあなたは来てはいけない。今の人生を守りなさい」と言われた。
でも相変わらずその年以降も行ってる。

夫には「毎年お墓参り行かせてくれてありがとう、お蔭で行くたびに彼が懐かしい思い出になる感じ」と言ってる。
そう言うと夫も喜ぶ。
本心から言えたら良いのになと思う。
夫のことは色々人間として尊敬してるし、男性としても愛してる。

タヒんだ彼を美化してるわけでなく、だらしない所があったり、優柔不断だったり色々欠点もあった。
でも彼との人生はどんなだったか、40歳になった彼はどんなだったろうとか想像するのがやめられず、
また毎週のように夢に見る。
それを夫に言えない。


292 :名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月) 18:46:21 ID:2Hk
お互い結婚も考えて付き合ってた
将来についてもこういう家に住みたいとか、こんな環境がいいとか、2人でよく話してた
そしたら母が良くない病気だと判明した
そのことを話したら、何故か彼はうろたえ、その日を境に私から逃げた
着信拒否、アパートも留守でいつの間にか引っ越してた
バイト先も辞めていた
悲しかった
彼の実家も知ってたが、遠いし行っても嫌な思いをするだけだと思った
もう彼のことは無理やり忘れて病気の母の心配だけすることにした


471 :名無しさん@おーぷん 2015/06/29(月) 13:48:14 ID:IUW
私、50手前にして橋本病発覚
ずっと更年期だと思っていたのが橋本病だった・・・
遺伝性のある病気だと言われたので病院で娘二人の血液検査をしたら、二人ともしっかり遺伝してて20代で数値異常がひどい
特に上の子が酷くて、2年ほど治療に集中しなければ妊娠しても産めないだろうと言われた
数値がましになっても流産しやすいことにはかわりない
上の子、26歳で婚約者もいたのに、相手方の親からえらいキレられてもう泣きそう
「二年後なんて28じゃないか!ろくに子供も産めん女に何のその価値があるんだ!」
そう叫ばれてお茶ひっかけられたよ
私のせいで娘達の人生をぶち壊してしまった


801 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/03/26(木) 12:34:39 ID:g1/E3oo90.net
パート先で「子供が熱を出したから休む」って人のお子さんが小学6年生だった
小6って熱が出たらママが仕事休んでくれるのか?と思ったから驚いたよ
翌日は普通に出勤してたけど休んだ人にとっては小6の息子はいつまでたっても
5,6歳の感覚なのかなと思った
それをパートスレに書いたことあるんだけど「小学生のうちは熱を出したら私も休む」
って人が多くてもっと驚いた


651 :名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木) 22:08:40 ID:ijN
病気のとき放置された
自分が風邪ひいたときは、熱でたー(37.2度の微熱)とか咳が止まらない!とかすごく主張してくる
かわいそうに思って薬買ってきたら、「聞いたことないメーカーだけど飲んで大丈夫なの?」
悲しかったけど、薬局の人に症状を伝えて勧められたものだから、良くなるためにも飲んでって伝えた
結局飲むときもなんだかんだ難癖つけてちゃんと飲んでもらえなかったけど
そんなとき、私が夜中に急性胃腸炎になってしまった
すごい勢いで熱が上がって、体の震えが止まらないし胃痛と吐き気で焦ってしまった
翌日は休日で病院も休みだし、病院に行こうにも歩ける気がしなくて、救急車を呼ぼうか、
いやせめて救急病院にタクシーでいければ、と思ってたんだけど、あまりの熱で病院を調べることもできない
せめて救急病院を調べてもらえないかと彼氏に電話したところ
「寒いなら猫用のホッカペ抱いて寝ればいいじゃん」

私は救急車呼んでいいかな?とか救急病院行きたいけど、こんな症状で行ってもいいのかな?
とか聞いてたのに、猫用ホッカペって…

なんかもういろいろ悲しくなって別れた
前々から、うちに来てもごはん作るの手伝う訳でもない、片付けてくれる訳でもない
お前みたいな三十路はもう需要ないからwとか言われて間に受けて3年も付き合ってきたけど、もう無理だった
私は三十路で需要もないかもしれないけど、こんな人と一生いるくらいなら1人の方がましだ

ちなみに、5日間くらいの点滴生活で元気になるまでの間に、彼氏からの連絡はゼロ
なんで連絡してくれないの?心配じゃないの?って聞いたら
「いつものお腹痛いってのと違いが伝わってこなかったんだよね」
だって
生理痛と一緒にすんなよ


44 :名無しさん@おーぷん 2017/07/10(月) 14:38:50 ID:apV
ウトさんが定年退職と同時にある病気をし、その流れで鬱になった。
通院や日常生活の対応などかなり大変でトメさんは参っていた。
ウトさんは食事をほとんど摂らなくなり、ガリガリになってしまった。
その理由が「トメさんの料理が美味しくない」からなんだって。
確かにトメさんは元々料理上手ではなかったし、老いもあって
正直ご飯は美味しくなくなっていた(食べられないほどじゃない)。

私夫婦はウトメさんと同じマンションに住んでいて私は当時専業、
だからそれまでも出来うる限り協力していたんだけど、
トメさんに頼まれて食事も作ることにした。元調理師だったし。
ウトさんは私の作ったものを「うまいうまい」って完食してくれた。
トメさんにはちゃんとフォローしたよ。
鬱になって味覚が変わったのかもしれないし、嫁に気を遣ってるんだろうし
他人の作ったご飯が物珍しいのかもしれないし、って。
でもウトさんはお茶まで私の淹れたものを美味しいっていうようになって、
トメさんは落ち込んだ。そして、私とウトさんの仲を怪しむようになった。

当然だけどそんな事実はない。夫もわかってる。
でもトメさんはそれを周りの人に吹聴した。
私がウトさんに媚びてて、ウトさんはそれに鼻の下伸ばしてるって。
その話に乗っかったのが近所でも有名なクソトメさんで、
トメさんはその人に煽られてどんどん加速していった。
同じマンションに住んでいる、子供同士が同級生のママさんがいるんだけど
元々うちにウザ絡みをしてくる人で、その人がさらに噂を広めた。
そんな噂を信じる人がどれほどいるかは知らないけれど、ダメージはあった。
家事育児介護で毎日一杯一杯なのに、毎日じわじわ辛かったし悔しかった。

一年ほどしてウトさんはだいぶ良くなり、主治医からも太鼓判をもらった。
(老人性鬱はかなり治るから、今悩んでる方も頑張ってみてください…!)
と同時に、私家族はマンションから引っ越した。
ウトさんには、夫の仕事の都合と一戸建て準備のため…と言ったけれど
事情を理解してくれてる夫と話し合ってトメさんから離れたかったから。
ウトさんはたくさんお礼を言ってくれたけれど、トメさんは仏頂面だった。


169 :名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/09(金) 23:55:17 .net
去年の冬の俺の奮闘記

自分が覚えてる限り病気はしたことが無いと言う嫁
確かに出会いからそれまで嫁が具合を悪くしたのを見たことがなかった

ある朝、いつも以上に機嫌の良い嫁が朝飯を作ってくれてた
俺「なんか良いことあった?」
嫁「なんかあった訳じゃないけど、なんか楽しい!」
やたらテンションの高い嫁をよく見ると、顔は赤いし目はどことなく潤んでる
俺「お前、もしかして熱ある?」
嫁「えー、私が熱とか出す訳ないじゃん!むしろ今日は体が軽くて調子良いよ!」
問答無用で額に触ってみたら尋常じゃなく熱い
大丈夫といって聞かない嫁をなんとかベッドに座らせて体温を計らせたら体温計が壊れてると言いだす
確認してみたら38.9度だった
時期的にインフルエンザの可能性もあったので会社に連絡して午後出勤にしてもらって嫁を病院へ
病院でも看護師さんに言われて体温を計ったら39.6度
嫁「ちがうの!いま暑いから!本当はこんなにない!」
インフルエンザでした
とりあえず、薬を飲ませて買いこんだポカリとゼリー類を枕元に置いて出勤
俺「とにかくポカリ飲んで寝てろ!何もするなよ!晩飯に食べたいのは?」
嫁「・・・ケンタ」
食える訳がないと思いつつ、ケンタを3ピース(俺の分含)とレトルトの粥を買って帰宅
まずはケンタと普通の白飯を出した
ケンタを一口食べた嫁、泣きだす
嫁「うえええん!お腹空いてるのに食べられないよ~!」
何とか宥めて粥を舐めさせて薬を飲ませて寝かしつける
嫁「私、元気だよ?具合悪ってよく分からない!」
俺「元気じゃないの!お前の今の状態を具合が悪いっていうんだよ!」
嫁「・・・元気なのに」

頑なに具合が悪いことを認めない嫁がスレタイ(/-_-\)
ご飯食べれないって泣くし熱が高くて夜中に何度も起きて寝れないって泣くし本当に大変だった
インフルエンザが治ってからやっと「あれが具合悪いってことだったんだ!」と自覚してくれた
もうインフルエンザでご飯が食べられなくなるのが嫌だから今年から予防接種も受けると言ってる

このページのトップヘ