知らない人


224 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/15(日) 16:12:30 ID:425wZQOA.net
家の裏の畑の一部を潰して10mx20mに芝生を植えて、ネットで囲んで我が家用のドッグランを作った。
田舎なので隣の家まで50m以上離れているし、道路からも裏のドッグランがほんの少しの隙間から見える程度なのに、どこから話を聞いてきたのか、500m以上離れた分譲住宅地の数人が使わせて欲しいとやってきた。
あくまでも我が家の柴犬、チワワ2匹、シープドッグ用と子供の遊び場として作ったと説明したのに何度も何度も来て気に障った。

ここからは些細じゃなく事件へ

何度断っても私達夫婦が留守の時に無断で敷地に入って来て、裏で作業している婆ちゃんを捕まえて、なんとか使用許可を取ろうとして迷惑を被った。
ある日、家族全員で買い物に出掛けて帰宅したら、道路に面した駐車場に見慣れぬ車が2台停まっていた。
そうしたら裏のドッグランを勝手に使っていた。
2台の車が逃げられないように私達の車を横付けして裏へ回った。
少しも悪びれずに「いや~すばらしいですね!使わせてもらってました!あははは・・・」
流石に父が切れて警察に泥棒がいると通報した。
数分でパトカー2台が来て、初めて事の重大さに気が付いた奥さん達が「え、いや、そんなつもりじゃなくて・・・」と後の祭り。
警察は応援を呼んで車2台と大人4人と子供3人を連行していきました。

後から分かったけど、隣のおじさんが2回注意したそうだが「少しぐらいいいだろ」と言って使い続けていたそうだ。
田舎の人を無条件に大らかな人達と勘違いしている都会の人は気を付けて下さい。
物事の道理に反した人達には厳しく接します。
ついでに教えておきますが、田んぼや畑のあぜ道も敷地内ですから、勝手に犬の散歩で入らないで下さい。
それに犬の糞は肥料にはなりません。



208 :おさかなくわえた名無しさん 2013/08/04(日) 09:57:02 ID:ksIPIQaD
家の表で片付けしてたら、知らない男性が
「すいません、あの子なにがあったか聞いてやってくれませんか?」
と声をかけてきた。
指さす方向には俯いて手で顔を押さえて泣いてるような女の子が立ってた。

突然のことでよくわからないまま女の子のところへ行って、どうしたの?って聞いたら
ゴミが目に入ってコンタクトが…って言う。
足下探してもコンタクトは無くて、しばらくして痛みが治まった女の子の顔を見たら
つけまつげフサフサ。片目は青(多分カラコン)、痛いって言ってたほうの目を見たら
黒目と青目、多分カラコンがズレただけっぽい。

目が二つあったことに一瞬すごく驚いた。叫びそうになった。

声をかけてきた男性に、こういう事情だったみたいですと説明したら、よかったあと一安心し、
この御時世ボクのような男が声をかけたら不審者と間違われると思ってお願いしました、ありがとうございました
と言って去って行った。

にちゃんでは困ってる女を見ても放置が無難って意見をよく見るけど
リアルでそう考えてる人もいるんだって衝撃だった。


243 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 23:03:21 ID:6tYhEPZN.net
高校生の時に初めて携帯を買ってもらったんだけど、その番号に知らない女の人からじゃんじゃか着信があった。
留守電聞いた感じ、この番号を前に使ってた人の彼女で、彼氏さんは彼女が妊娠したと知って逃げたらしい。
電話に出るのも着信拒否するのも怖くて親に相談して、電話番号を変えた。
こんな理由なのに有料だった。
番号変えて暫くしたら、また色んな知らない番号から電話がかかってきた。
留守電には怖いおっさんが脅すような声も入っててビビったけど、番号変えるのお金かかるし…と思いながら知らない番号は無視するようにしてた。
でもある時うっかり知らない番号からの電話に出ちゃったんだけど、
「あれ、〇〇さんじゃないね?〇〇知ってる?」
『知らないです、最近番号変えたんですけど知らない人からよく電話がかかってきます』
「そうなんか~。この番号使ってた人、色んな人から借金して逃げたんよ。
おっちゃんの知り合いにはこの事伝えとくけど、これからも色んな人から電話かかってくると思うから番号変えたほうがいいよ」
…と優しいおじさんだったので、怖い人から電話がかかってくる理由もわかった。
その直後、某地方銀行からも「〇〇様ですか?融資したお金の返済期限が過ぎていますが…」って留守電もはいってた。
親に相談して、また番号を変えた。理由を説明して今度は無料で変えてくれた。
それからは特に問題なかったけど、最近知らない人から着信&メッセージで「久しぶり~またフ工ラお願い。2万で」ってきた。

二回連続で変な人の番号を引き継いだのが衝撃的でした。

このページのトップヘ