終電


230 :名無しの心子知らず 2012/10/29(月) 00:16:53 ID:M5XZ8Y/Z
ベビーカーとどちらに書くか迷ったけど怖かったのでこっちに。

私は今妊婦で、妊娠をきっかけに在宅でも出来る仕事に切り替えて貰った。
が、ちょっとトラブルがあって会社に出向くことに。
その帰り、混みあった終電に乗ると私のお腹を見た若い女の子が席を譲ってくれた。

お礼を言って座っていると、ベビーカーを押した夫婦が乗ってきた。
混んでるのにベビーカーを押して空席を探し、座っている人の足にベビーカーがぶつかっているのに謝りもしない。
そして優先席まで行って「すみません、一日中歩いて足が痛いので席を譲ってもらえませんか?」
言葉は丁寧だったが、断られて憮然とした顔でまたベビーカー押してうろうろ。

そして私の前に来て「よかったら席を譲ってください」と言われた。
正直あまり体調がよくなく、終点まで乗らなければならないので「申し訳ないですが…」と断ると
「妊婦さんでしょ?あなたもいずれ私みたいな状況になるんですよ、そういうとき譲ってもらえたら嬉しいですよね?」
やんわり何度断っても「でもあなたもいずれ私みたいに~」と繰り返すばかり。
ターゲットを私一人に糸交ったらしく、ずーっと話しかけられた。
少し怖くなって話をスルーするとベビーカーを何度も足にぶつけられた。

「やめてください」と言っても「じゃあ席を譲って頂けますよね?」
旦那さんの方は奥さんに向かって「そんなに揺らしたら子どもが泣くだろ!」と見当はずれな注意。

もう譲ろうと思ったときに、席を譲ってくれた女の子が私とベビーカーの間に入ってくれた。
奥さんはそれでも私の足にベビーカーをぶつけたかったみたいだが、そのうち諦めたのか舌打ちしながら違う車両に移って行った。

女の子にお礼を言うと「いえいえ、赤ん坊は免罪符じゃないんです。バカにはそれが分からんのですよ!」とカッコよく言って降りていった。
が、すぐに「降りる駅次でした…」と戻ってきた。

女の子には和ませてもらったけど、奥さんも旦那さんも見た目が普通なだけに怖かった…。
そもそもこんな時間まで赤ちゃんを連れて歩くのってどうなんだろうか。



438 :名無しさん@おーぷん 2015/08/04(火) 16:14:39 ID:msv
食事中の方はスルーしてください。

金曜の終電、山手線、
社内はすし詰め状態だったけどいい仕事をした帰りでほっこり揺られていたら、緊急停車。
止まって5分くらいしたら、後ろに立っていた男女が
男「飲み過ぎた、立ってんのつらい~、早く動いてくれ…」
女「ね~」
みたいに話しているのが聞こえた。
そのさらに3分後くらい、後ろから男の「ゴボッ!」という声。
まさかの事態が起きていた、私の大切な商談の日にしか着ない勝負スーツの背中に。
社内はぎゅうぎゅうだったはずなのに、私たちの周囲がサーッと数十センチあいた。
私が呆然としていると、女が「ああああごめんなさい、ごめんなさい」とハンカチで私のスーツを拭いている。
男は俯いて固まっていた。
周りにも飛び散ったので少なからず被害を被った人はいたようだけど、明らかに私が一番やられていた。
幸いその直後電車は動き出し、私の降りる駅に着いたところで彼らも降りた。
女が「本当にごめんなさい、どうしよう、連絡先とか教えていただいても…」
とアワアワしていると、男が自分の財布から5千円札を出し、「クリーニング代…」とつぶやいて、女の手を引いて消えていった。
きれいになったとしても一度他人の汚物まみれみなったスーツは着たくないよ…
でもその時はショック状態で、男もこの世の終わりのような顔をしていて、弁償云々の話に頭がいかなかった。
汚物はシャツまで染み込んでいて、もらいゲロしそうになりながら家まで歩いたのが修羅場。
スーツもシャツも捨てた。
どんな勝負どころも一緒にいてくれたスーツなのに知らない男のゲロ一発で…
と思うとすごく悲しい…

このページのトップヘ