結納


299 :名無しさん@おーぷん 2014/11/14(金) 15:40:23 ID:VEEdqaSPA
昔の話ですが。
私は職場の男性と付き合い結婚することになりました。
ただ、結婚当初から彼の田舎に帰り、彼の実家に敷地内同居することが条件でした。
まず婚約者の彼が私より1年早く退社して実家に帰り、新しい職場に就職して慣れたころに私が退社して婚約者の元に行く予定でした。
初めのうちは婚約者はマメにメールをくれて近況を知らせてくれていたのですが、だんだんと減り
「疲れたから寝ます」と毎晩送ってくるようになりました。
そんなメールを送らなくてもいい、用があるときだけでいいからと返信したら、それから週に1回ぐらいに激減。
それでも慣れない職場に慣れない仕事だから疲れて当然と思っていたら誤爆メールが来ました。
私と式場選びの日程の打ち合わせのメールをやりとりしていた直後でした。
「ごめん、風呂入ってた!Aちゃんのこと考えながら入ってたから長風呂になった(汗の絵文字)」
もう心臓がドクドクして顔が一気に熱くなった。
すぐに電話して「なんなの?これ?」とキツめに聞くとやっと誤爆したことに気がついたようでしどろもどろ。

翌日すぐに彼の地元に行き、駅近くのファミレスで直接話を聞くとAちゃんとはアニメのキャラで、本当に送る相手はアニメ好きな男性の友達だ。
浮気とかしてないwwしてないww びっくりしたよね?ごめんごめん!本当にごめん!!お詫びに何かプレゼントするから!と大声で謝り倒し。
そして、「会社を抜けてきてるから、もう行くから!じゃ!また後で電話するから!」と、一方的に喋っていなくなりました。
この頃はまだ、彼を100%信じてやれない自分を多少攻めたりしながら、自分の疑惑を誤魔化していました。

それからモヤモヤしつつも結婚へ向けてのスケジュールを消化し、同僚たちに盛大な送別会をしてもらい退社しました。
結納も済ませたし、やっぱりあれは浮気じゃなくて、紛らわしいメールだったんだと納得しかけていました。
両親や姉妹たちから荷造りを手伝ってもらって、ついに彼の元に行くことになりました。
式は同居開始の3ヶ月後の予定で、彼の両親が敷地内に家を新築してくれていました。
ご近所に彼のお母さんといっしょに挨拶に回ったり、彼のお姉さんが道を教えてあげる、ここのお店はおすすめ!と
あちこち教えてくれたり、彼とも式の最終調整などで慌ただしい毎日だったのです。
本当に後は式をあげて新婚旅行に行くだけでした。



318 :名無しさん@おーぷん 2017/06/04(日) 19:03:39 ID:v72
一度だけお見合いをした。
田舎なせいか私の回りにはまだまだ見合い結婚の人が何人かいて
お見合いそのものに抵抗はなく、3ヶ月デートを重ねて結納となった。
式場やハネムーンや結婚後の生活について色々と話し合ってる時に
婚約者の方から「結婚後は互いの収入や預金は1本に纏めるから現在の貯蓄についても
今度会う時までに纏めといて」と決定事項のように言われた。
ちょっとよく意味が分からなくて「どういうことですか?」と聞いたら
「結婚するんだから世帯主の口座に纏めるのは当り前のことだよ」って言われたの。
でもやっぱり意味が分からなくて返事が出来なかった。
結婚後のことならまだしも、今の貯蓄も婚約者の口座に入れるのがすごく変だと思った。
何故かそれを親に相談するとか友人に相談するとか思いつかず
ひたすらひとりで悶々と悩み、次に会った時に「用意してきた?」って言われた時に
「やっぱり意味がわかないんですけど」って言ったら(用意してなかった)
「夫婦になるんだからそれが当り前です。一家に口座は2つ要りません」って言うのね。
で、「それはデメリットしかないと思いますし、不安です」って言ったら黙り込んだので、
続けて「せめて結婚前のはそのままでいいと思うんですけど」って言ったら
いきなり話が飛んで「結婚する気はあるんですか?」って言われたんだ。
その前提で話してたのに意味が分からなくて「どういう意味ですか?」って聞いたら
「ふざけるな!」って突然言葉が悪くなって怒鳴って帰って行った。
その夜、婚約者の母親から「亭主に仕える意識が低いお嬢さんのようで」みたいなことを言ってきて一方的に破談に。
私の人生最大の「セーフ」w


277 :名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月) 22:20:42 ID:PL3
元彼に文字通り売られたよ。
売られた先は御本家さまでした。
微妙にセッティングされてて、逃げれないようにしてた。
逃げたら逃げたで、彼+彼実家どころか、祖母からも怒られた。
あのBBAまじで棄てようかと思った。

このページのトップヘ