脅し


13 :名無しさん@おーぷん 2016/09/26(月) 14:48:02 ID:o5G
相談させて下さい。

私は犬を2匹飼っているのですが、ご近所の方(Aさん)に、うちの犬も洗って欲しいとお願いされて困っています。
犬を洗うって意外と大変で、2匹洗うのも汗だくになってやっているくらいなので、お断りだったんですが、食い下がられている状態です。
Aさんの言い分は、
・2匹も3匹も大して変わらない。
・タイミングは我が家の犬が洗う時に一緒で構わない。
・絶対に噛んだりしない。
・Aさんの家では犬が洗える環境ではない。
・お店は高すぎて払えない。
・お金は1回洗うごとに100円支払う(多分、水代とシャンプー代の意味)
・私が洗ってくれないと、罪の無い犬を処分するしか無くなる。
との事です。
最後の項目を脅しのように言われて、げんなりしています。
そもそも、Aさんとは特に親しい訳でもありません。

犬が処分されてしまうというのは、避けたいのですが、洗ってあげてしまったら、更に色々要求されるようになってしまうんじゃないかと不安で悩んでいます。



81 :1/3 2016/05/08(日) 16:12:07 0.net
長文になりましたが投下します。長いと言われたので分割。
◆現在の状況
嫁から離婚を切り出されました。
「もうあなたとはやっていけない。色々我慢してたけど疲れた。あなたの言動はモラハラです」と言われました。
あなたの居る家に帰っても少しも安らげないと。
離婚に応じなければ弁護士を通して話し合いをするとこのこと。(弁護士の名刺渡された)
嫁は今嫁実家に帰っており、賃貸の目星は付けて話つけてるとのこと。「近々荷物持ってくから。私が買ってきた奴だけ」と。
なので只今別居

◆最終的にどうしたいか
元さやに戻りたい。

喧嘩するといつも俺から「もうお前と離婚したい。離婚しよ?そっちの方が互いも幸せだから」と言っていたが、冗談だしそれを言うと大抵嫁も反省するから言っていた。本気にするとは思ってなかった。
嫁は頭パープリンでいつもスマホばかりいじってるような奴だったので、「嫁がちゃんと勉強して変わってくれれば俺も優しくするし、離婚とか言わない」といつも言ってるのに聞かなかったから。
俺自身モラハラとは思ってない。嫁は何かと言うとすぐ「モラハラ発言やめて」と言ったが、何でもモラハラに繋げるのはどうかと思う


721 :名無しさん@おーぷん 2015/07/25(土) 11:46:12 ID:JEI
友人の話。フェイクあり。

Aは去年結婚した。事情があって結婚式を挙げていない。
有志でAとA嫁にサプライズ式をセッティングしてやることにした。
場所は海の近く。
Aは計画を知っていてA嫁に対するサプライズだった。
友人Bが「Aが事故った、すぐ来てくれ!」とA嫁を車に乗せ、
サプライズ会場まで連れてくる→車おろすと無事なAの姿→サプラーイズ☆
という計画だった。

海で皆が待っていると、車から蒼白のA嫁がおりてきた。
A嫁、無事なAを見て気絶→海岸の石段落下→出血
実はA嫁は妊娠していて流産した。

Bはサプライズを盛り上げようと、海に向かう車内で
「Aがタヒにそう」「怪我がひどい」「重体だ」とさんざん脅していた。
A嫁は蒼白で震えていたが、Bはたくさん脅してからの方が
落差が激しくより喜ぶだろうと思ってやった。

A嫁は現在実家へ帰りAと別居中。
B「悪気はなかった。サプライズを盛り上げようとしてやった」
友人一同「Bは悪くない。運が悪かった」
A嫁「AにもBたちにも会いたくない」
A「……」←今ココ


789 :名無しさん@おーぷん 2014/12/11(木) 10:07:05 ID:hAh
俺が高校三年生のとき、10歳上の姉が結婚したいという男性を連れてきた。
その男性Aは人柄がよく俺も結構遊びに連れて行ってもらったり将棋を教えてくれたりしてくれてた。
とにかく優しくて姉ちゃんいい男捕まえたな、幸せになれよと思ってたんだけど、両親が猛反対した。
姉ちゃんもAも困り果て、特にAは両親に認めてもらえるよう必タヒに誠意を見せたが駄目だった。
俺からも許してやってよと頼み込んだが意味がなかった。
両親は三年も前から姉ちゃんとAが付き合っていることは知っている。そこでは全く干渉しなかったのに結婚したいと言ったとたんAを貶しまくってた。
とうとう姉ちゃんは両親と縁を切ると言い始めた。縁を切って両親が知らない土地で家庭を築いていくんだと。
すると両親は「あんたが結婚すると言うのなら俺の大学費用は一切出さない」と脅してきた。
姉ちゃんもAも吃驚してさすがに酷すぎると猛抗議。俺は大学なんて行かない。姉ちゃんを犠牲にしてまで大学には行きたくないと怒鳴ってしまった。
すると両親は弟(当時中2)の高校の費用を一切出さないと言ってきた。

このページのトップヘ