荷物


622 :名無しさん@HOME 2012/10/05(金) 08:50:37 0
先日、法事の席でウトと夫が席を離れた隙に、
「うちの嫁は何を送っても文句ばっかり。一度も感謝された事が無いのよ。」
と、皆の前で私の悪口を言い始めた。
周りがトメの方がおかしいって解ってくれているので、いつもスルーするんだけど、
何となく隣に座ってた夫の叔母(ウトの妹)に、「だって...これですよ」と
撮り溜めしてたトメの荷物を見せた。
腐った葉野菜、賞味期間切れの菓子、開封済みの味海苔、茶色い桃、茶色いバナナ。
叔母がいちいち大声で「何これ?元は青梗菜?」「えええ?開封済み!」みたいに
良い反応をしてくれたので、他の親戚も興味津々で画像を見に来た。
「あんたゴミを送って感謝されようと思ってるの?」
と大爆笑されて、トメしょぼんw



805 :名無しさん@おーぷん 2017/03/01(水) 19:10:56 ID:Hyr
昨日夫宛に小包が届いたから中身確認したらボールペンだった。伝票見たら2万円以上するやつで、ついでに替え芯まで注文してやがって、それが1つ500円。
当然帰ってきた夫を問い詰めたけど、平然と小遣いで買ったとほざいた上、勝手に開けるなと逆ギレされた。

別に、100円ぐらいのボールペンしか認めないって言ってるんじゃない。良いボールペンなら1000円ぐらいでいくらでもあるはず。それなのにたいした稼ぎがあるわけでもないのに、身分不相応なペンをアホ面下げて使いたいらしい。

返品するように言ったけど拒否されたから、今月から小遣いは半分にする。
貯めた小遣いの使い途がそんなものなら、家族の為に使おうという気もないなら、徹底的に教育し直す。

今朝、小遣い半分と伝えたらふざけるなとか寝言を吐いてたけど知らない。餌抜きにされないだけでも感謝しろと言いたい。
良トメさんも子供もこちらの味方で、屑の味方は誰もいない。じっくりと思い知らせてやるよ。


783: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/11(火) 19:57:46.63 ID:No+Qp2/p0
※俺の実家は飛行機の距離。 

嫁「おかえりー。あの荷物、君の実家に宅急便で送っといたよー」 
俺「あれ、この土曜日から実家に帰ること言わなかったっけ?」 
嫁「……!!知ってたよ、知ってたけどね!!もー、私バカだね…orz」 

バカでもいい、元気な子供を産んでくれよ。



182: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/12/17(土) 17:42:46.10
たった今の出来事

嫁と二人で保育園に子供3人を迎えに行ってきた。
子供達と嫁が俺に荷物を渡して全員分持ったつもりで車に積み込んでそのまま帰ってたら、保育園から一番下の荷物忘れてると電話

Uターンして保育園に荷物を取りに行ったんだが、嫁が俺に一言謝ったら?と言ってきた。
引き返した事に特に俺は文句も何も言ってないけど、家に着いたらいきなり言われた

これって俺謝る必要あるの?
謝ったら俺が悪いって事になるし、謝る必要ないだろって言って謝ってないけど



717: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/18(木) 21:23:39.70
同じビルにある系列会社に荷物が間違って届き
俺が取りに行った。
荷物を引き取り、出ていく時に

(苗字って)A山さん?だったよね
はい、そうです。

何故かこれで嫁が俺に惚れるようになり…

フロアが違うので挨拶くらいしかしたことなかったが
この後、何故か俺にニッコリ笑いかけるようになり
ある日、遅い昼飯で出かけることになったら
丁度、ビルの出入り口で嫁と遭遇

食事に誘い、色々話をして、そこから付き合いはじめ
半年後に入籍

こんなとこかな?



348: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/03(金) 22:33:18.20 .net
兄貴から引き継いだカセットテープやレコード、漫画本が 
段ボール23箱分ある 

時々読むし、思い出もある 
どうやったら嫁さんを説得できるんだろう



7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/25(火) 21:19:55.90 .net
情けない話 
12キログラムの荷物を店から家まで運ぶことになった 
小柄な嫁が持とうとしたので俺が静止して車まで運ぼうとしたんだが、20メートルほど運んだところで猛烈な背中の痛みに襲われた 
残り10メートルほどを嫁とバトンタッチし、車に乗せて家まで到着 
さらに駐車場から4階の我が家まで嫁は肩に担ぎ上げてさっさと運んだ 
翌日あまりの背中の痛みに一日安静に過ごしたものの、更に翌日痛みがひどくなったので、会社を休んで病院へ 
結果、背中の捻挫だった 

小柄な嫁がひょいひょい4階まで運べた荷物を20メートルほどを運んだだけで仕事休む羽目になるとは 
自分が情けなくて涙が出る


このページのトップヘ