衝撃


771 :名無しさん@おーぷん 2017/09/09(土) 02:15:43 ID:iGM
携帯電話のなかった、大昔の高校生の話。

高校生のとき、模試の最中に
同じクラスのA君が突然震えだしたかと思うと、泡ふいて倒れた。
監督の先生もびっくりしていると、近くの席にいた
A君と同じ小学校だったというB君が「てんかんの発作だ」
と立ち上がり、てきぱきと周囲の机をどかしてAを横にすると
持っていたハンカチを噛ませて
「こいつ小学校の時にも同じことがあったんだよ。A!A!わかるか!」
と声をかけるがA君は反応しなくて、
「先生、救急車呼んできて!」
と、先生を走らせた。
すぐに救急車が来てA君は運ばれていったので、皆模試を続けた。
模試が全部終わった後、担任からA君は意識が回復したと伝えられ
B君はヒーローのように皆に凄い凄いと言われてたけど
照れくさいのか、さっさと帰ってしまった。

衝撃だったのは翌日。
A君は遅刻して2限目の途中で「おはようございます!」と元気よく教室に入ってきた。
頭にラグビー部の部室からかっぱらってきたヘッドギアつけてた。※A君はテニス部
笑っていいのかどうすればいいのかわからなかったんだけど
A君は授業もそっちのけで「B、ごめんな。ありがとう!」とB君に握手を求めた。
「皆も心配させてごめんなー!模試の邪魔してホントにゴメン!!」
とクラスの一人一人に謝ろうとしてきた。先生に怒られてやめたけど。
ラグビー部のC君にも「パクるな!」と怒られていた。

それまでA君は、共学の男子高校生にありがちな、男だけで固まって
女子とは口もきかないような硬派な感じだったので、突然のキャラ変更に
皆戸惑ってしまった。やがて馴染んで、クラスのムードメーカーになったけど。
それからA君は発作も起こすことはなく、無事に高校を卒業していった。

この前同窓会があって、B君が来ていた。
A君のことがあったからかどうかはわからないけど、B君は看護師をしているらしい。
A君は来ていないのかと思ったらホテル(同窓会の会場)の黒服に肩叩かれて、
よく見るとA君だった。A君の特権でかなり安く借りられたそうだ。(ただし本人は出勤)
A君は今も車の通勤は危ないからって、ホテルから歩いて通える場所に住んでいる。
当然あの模試の話になって盛り上がったけど、その後のキャラ変については
「まわりの男子に合わせて硬派を気取っていたけど本当は明るいキャラになりたかった。
皆に心配させたし腫れ物扱いされるのも嫌だから、ふっきれることにした。
Bには感謝しかない」
と言っていた。

でも救急車で運ばれた翌日、ヘッドギアつけて教室に入ってきたA君を見たとき
「昨日の発作で頭がおかしくなったのか…
でも本人はそれに気づいていないのかもしれないから、合わせておこう」
って、各自の判断でA君を腫れ物扱いしていたことは、ついに言い出せなかった。
それまでのA君は顔もいかつくて一部女子には怖がられていたから。

おわり。



472 :名無しさん@おーぷん 2017/08/15(火) 10:29:33 ID:NMQ
以前、家がだらしないってことを書き込んだんだけど、実家が汚すぎて片付けても、片付けても家族(母と妹)に散らかされる。
私も友達の部屋を見て、目が覚め、部屋を片付けるようになったんだけど、2週間ほどで私が根をあげ、父が知り合いに頼んで、女性専用シェアハウスに私だけを引っ越しさせてくれた。(元々大学の距離を考えると一人暮らしを検討していた)
物が多いと散らかるのがわかっていたので、必要最低限なものだけ持ち(海外旅行キャリーの半分しか埋まらなかった)シェアハウスへ逃げた。
自分も今までだらしなかったので、シェアハウスでのルールが最初は厳しいと感じたけど、守ることで快適な生活になるとわかっていたので頑張れた。同じシェアハウスの人も料理を教えてくれて、人並みに料理ができるようになった。
まだ、シェアハウスに来て2ヶ月も経ってないんだけど、妹から連絡がきた。お姉ちゃんの部屋が見たいと。
妹は、本当に片付けられなくて、部屋を片付けるとなると、床に散らばったお菓子のゴミや服を私の部屋に投げ入れて掃除機をするだけ。私が部屋を片付けると母と一緒になって笑い、部屋を片付け終わると、リビングとかにある物を、空いてるからって理由で運び込んでくる。
一人暮らしの部屋にきっと荷物を置いていくに決まってると思い、正直に「あんたに部屋を汚されたくないから来て欲しくない」と伝えた。
最初は「部屋見たいだけ」「私の将来の一人暮らしの参考にしたい」と言っていたけど、何度も断ることで「ちょっと冬服の荷物置いといてもらうだけじゃん」とキレられた。
父に電話をすると「最近、俺も家に帰ってないから俺やお前が片付けないから余計にひどくなってるのかもしれない」と言っていた。


558 :名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月) 11:15:50 ID:3BM
身勝手なのは承知だけど、齢34にして母に会いたくなっている。

うちは家長絶対の家だった。兼業農家で、父も母も公務員。
農業は主に祖父母がやって、育児も祖父母。
母は家事+仕事。父は仕事から帰ったら何もしない。趣味パチ〇コ。
母は食事も一人だけ別のもの食べてて
刺身とか寿司も母のぶんはないのが当たり前だった。
理由は「主婦だから」。
祖父母も父もそう言うからそれが当然なんだと思っていた。

中学生になって同級生の母親を見て、きれいにしているので衝撃だった。
うちの母の毛玉だらけの服や、布で作った変なカバンがいやで
一緒に歩かないようになった。
母の給料は振込じゃなかったのかどうか知らないが、
母が使えないか、使わない金扱いだった。
金がないからきれいにできるわけもないのだが当時はそんなこと考えてみもしなかった。


364 :名無しさん@おーぷん 2017/08/12(土) 20:30:14 ID:Ivo
明日、日帰りで義実家にちょっと顔出すんだけど
義父が駅のゴミ箱を漁ってたのを目撃したばかりで私が一方的に気まずい。
新聞や雑誌を捨てる専用のゴミ箱に手をつっこんで、捨てられた新聞を必タヒに取ってた。

義父はボンボン育ち、かつ官公庁勤めの公務員で定年近いこともあって良い役職ついてる。
かつ義父の実家も土地持ちで、お金には困らない。(夫の弟が相続予定)
義父は趣味もやたらとお金のかかるやつだし
スーツは全部デパートでオーダーメイド。らしい。

先週、私が仕事関係の講習があり、早起きして官公庁の建ち並ぶ駅に降りたら
そんな高級スーツ着て、義父が駅の新聞捨てるゴミ箱に
片腕突っ込ん出るところを見てしまった。

その駅、ゴミ箱の横に「ゴミを持ち出さないでください」て
でっかく貼り紙されてるし、ゴミを入れる穴も、手前の入れやすい方が
「持ち出し禁止」と書かれた段ボールで塞がれてる。
だから取り出しにくい反対側の穴から手を突っ込んで、
片足浮かせながら、必タヒで取ってた。(義父はあまり背が高くない)
「朝からすごいことしてるおっさんがいるな、そんなに新聞読みたいのか」
と思って見てたら新聞がとれて、顔を上げたら義父だったから二度仰天。
向こうはまったく私に気づかず、捨てられた新聞を小脇にはさみ、
悠々と改札に向かっていった。
朝のラッシュに紛れていったから駅員さんとかが気づいてるかどうかわからないけど。


184 :名無しさん@おーぷん 2017/06/01(木) 11:58:09 ID:TYu
洗濯機が壊れて15年ぶりぐらいに買い替えたんだけど、洗剤も水もいつもの量の半分で済むからビックリだよ
しかもタオルとかカバーるい洗うと驚くほど糸くず取れるし
なにこれどこから出てきたんだよ…



683 :名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月) 23:41:23 ID:66wd9JtX4
中学生の頃の話です。

学校から帰る帰宅路の途中で猫を見付けた。
全身テラテラして様子がおかしかった。
友人と猫を脅かさないようにそろそろと近付くと猫は逃げずに佇んでいた。
近くに寄ると畑仕事していたらしいお婆さんがこちらに話しかけてきた。

「その猫そのお家でエサあげてたみたいだが、その家人が機嫌悪かったのか油をかけたんだよ。酷い事するよ」
確かに猫は油の様な光沢のある液体で濡れていた。
しかも、目に入った液体でやられたのか片目が膿んで血が出ていた。
とても見ていて可哀想だった。
私は猫を動物病院に連れていこうと友人達に言った。
皆、目を反らした。油で濡れた、しかも血が出ている猫を抱くのが嫌だったのだろう。誰も何も言わなかった。

ちょうどその日、私のクラスでプールがあった為私はタオルを持っていたので猫を包んで抱き上げた。顔を軽く拭いてあげた。かなりの量の油が拭えた。
友人の一人が鞄を持ってくれて、馴染みの動物病院まで行った。

獣医によると、顔にかかった油が汚れていた為、それが目に入り炎症を起こした。
それで目から血が出ていたようだ。
詳しくは検査しなければ分からないが野良猫の為これ以上は無理だ、とのこと。
炎症が酷いので、最悪手術が必要になるかもしれない。
金が掛かる。
私達は子供で大金はない。
目の前には、諦めた様な顔をした猫。

私は獣医に、親に相談してみる駄目だったら諦める明日また来ますと伝えて私達は帰宅した。
家に帰り親に相談した。
一生懸命訴えた。
既にうちには犬猫合わせ6匹居たのでその費用もバカにならなかった。
それでも両親は最終的に私の訴えを飲んでくれた。
苦しんでいるなら助けるのが人間の責任だと。

翌日母と動物病院まで行き、うちが面倒を見るので治療をお願いした。
速攻検査をした。
どうも、目から入った細菌が眼球を腐らせている様だった。
手術になる。猫の体力次第では…と獣医は言葉を濁した。
猫は高齢だった。
私達は猫の生命力に懸けた。
手術は成功した。猫は片目が無くなった。
眼球の回りの肉も腐っていたので少し削ったから目から血が出るが次第に止まるだろうと言われた。


114 :名無しさん@おーぷん 2016/06/05(日) 11:28:12 ID:47w
3年前の事だが元夫の不倫が原因で離婚する事になった。
不倫のカミングアウト、離婚の請求は元夫がしてきたんで私はそれに同意、あとは慰謝料とかお金関係を詰めるだけってとこで元夫がごねだして、
「遊びの不倫なら制裁されて当然!
だけど俺達のは本物の愛だから慰謝料請求なんておかしい!
お前はちゃんと祝福すべきだ!
祝福しないなら離婚してやらない!」
と喚くんで調停にもつれ込んだ。
調停の場でも遊びの不倫なら~本物の愛だから~を繰り返すから調停員さんが、
「では第三者が客観的にその不倫が遊びなのか本物なのかをどのように判断すればいいですか?」
って聞いたら元夫くっそ真剣な顔して、
「俺の…俺の目を…見てください…!!」
思わず大爆笑したわ。
もちろん慰謝料しっかり貰って離婚した。


254: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/31(月) 16:03:38.64 .net
俺の好きな人、30半ばかいっても40ぐらいだろうと思ってたら49でかなり衝撃だったw 
だからといって好きになった要素が消える訳じゃないから好きなのはそのまま。 
ただ相手されないだろうなという諦めの気持ちは前より強くなった。


このページのトップヘ