546 :1/3 2015/03/19(木) 06:25:46 ID:S2U
大学時代の衝撃だった話。
フェイクで矛盾が生じる部分もあると思いますが、ご容赦下さい。長いです。すみません。


私の大学では部活に入るのが当たり前という風潮があったため、私は適当にバレー部に入った。
女子で入ったのは私ともう一人だけだった。

この相方となる子をAとするとAは強烈であった。Aは我儘で、思い通りになるまでなりふり構わない。責任感がなく、仕事はやり散らかして放置する。挙句の果てに仕事のミスはフォローしている人のせいする。
男子たちはAの我儘に付き合い、半年も経つと明らかにAのミスでも、仕事のミス=私にしていた。
従わないと、Aは教室で一日中愚痴り、あることないこと言い広めた。
そのため、教室では私は「とんでもない仕事やらかし魔」として孤立した。
実験するのを邪魔されたりとかなり困ったので、何回か先輩に訴えたのだが、Aについては先輩も手に負えず、放置であり「Aがミスすることはわかってるでしょ?それを完璧にフォロー出来ないあなたが悪い!1年の問題は1年で解決しろ!」というスタンスだった。