記憶


311 :名無しさん@HOME 2012/06/29(金) 03:34:45 0
>>310
そういう人いるよね
みんなで行くライブのチケット預かった男Aが、当日チケット忘れて
「おまえ何やってんの」ってみんなに怒られて
その男ギャー!となっちゃって、なんの関係もない当時の彼女にいきなり
おまえのせいじゃん!ってビンタした
何で彼女のせいなの?ってみんなで聞いても
「とにかく!コイツが悪いんだよ俺じゃない!俺悪くないよ!とにかく」
とか言ってて、たたかれた彼女に聞いてもチケットを預かったのは彼氏だし、お互い実家から集合でナゼ殴られたかわからないって言ってた

数年後にその話しになった時も
「あの時はまいったよなーあの女のせいで、みんな迷惑してさーwww」
彼女が何した?って聞いても都合悪いことは忘れてて
「忘れたけどwあの女のせいでライブみれなかったのは確か!!」
こいつ嫁にもこんななんだろうな



507 :名無しさん@おーぷん 2015/01/03(土) 16:32:17 ID:cKb
正月に小学校の同窓会があった。そこであったちょっと変な話。

私は小学校の頃いたずら好きで、人を驚かせたり物を隠したり壊したりするクソガキだった。
先生にもしょっちゅう怒られてたし、クラスメイトにも避けられてたりする問題児だった。
そんな中、いつも私に話しかけてくる子がいた。A子だ。
A子はクラスの中心にいるような女の子で、いわゆるみんな仲良し!なタイプで優等生だった。
仲間はずれ良くない!ぼっちには話しかける!というような偽善的な態度が嫌で私は彼女をあまり好きではなかった。
そんなこんなで小学校を卒業し、中・高校と進むにつれ、私は普通のおとなしめのタイプに変わった。
A子とは小学校卒業後、一度もクラスが同じになることはなく、話をすることもなかった。
そして、10数年ぶりに同窓会があった。
久しぶりに会った旧友と話すうちに、小学校時代の思い出話になった。
私「いやー懐かしいねー、小学校時代いたずらばかりしててさー(黒歴史だわーwww)」
みんな「あー、A子ねーあの子ひどかったよねー」
私「?A子がどうかした?」
みんな「え?」
なんか会話が噛み合わない気がする…?
みんなに詳しく聞くと、小学校時代いたずらをしていたのはA子ということになっていた。
男子の上履きに画びょうを入れたのも、トイレの個室にいる子に水をかけたのも、男子に足を引っ掛けてガラスに飛び込ませてしまったのもすべてA子がしたことになっていた。
不思議なのが、私を直接叱った担任の記憶もA子を叱ったことになっていた。私がガラスに突っ込ませた男子の記憶すらも。
A子は同窓会には出席していなかった。中学2年頃から不登校になって引きこもりになっているらしい。
みんなの中心にいたA子のことをみんなが「あの子はおかしかった」「昔から嫌いだった」「小学校時代からぼっちだった」と悪口三昧。
みんなの話を聞きながら、私の記憶がおかしいのか、みんなの記憶がおかしいのか本気で分からなくなった。
小学校卒業してA子が変わってしまったのか、私の記憶がおかしいのか、オカルト板にある異次元に飛んでしまったのか。
人の記憶なんて曖昧だけど、ここまで改変されていると何が真実なのかわからなくなってしまった。
ちなみに私の小学校の時の立ち位置は、基本的にどこのグループにも属さないぼっちだけど話すと意外と面白い子というポジションになっていた。
今も微妙に混乱中…こんなことってあるんでしょうか?







9 :名無しさん@おーぷん 2017/03/21(火) 18:55:09 ID:PMf
大学生の時に、バイト帰りに信号無視の車に撥ねられた。
そこそこ重症で2日間意識不明だったらしいが今は何の後遺症もなく元気。
問題はその意識不明だった間に見た夢がきっかけで
たぶん無意識に封印していた小さい頃のことを次々思い出したこと。

小さい頃、たぶん幼稚園かそこらだったと思う。
父じゃない男の人がよく訪ねて来て、そうすると母に遊びに出された。
そんな時はいつも母の古い腕時計を渡されて
「この長い針が(数字)の所にくるまで遊んできなさい」って言われて
その約束はちゃんと守ってたんだけど、何度かお菓子を取りにこっそり戻ったことがあった。
今思えば浮気の真っ最中だったんだが当時は意味が分からず
こういう遊びをしたいから追い出されたんだなと思ってた。
大人なのに遊んでることが恥ずかしくて追い出されたんだと思ってて
その理論から子供なりに母のプライドを守るために誰にも話さなかった。
だけどある日、覗いてるときにモロに母と目が合ってしまって
その時の母の顔が別人みたいに怖くて、この事は絶対誰にも話すんじゃない!って
怒鳴ったその声も母とは思えない恐ろしい声色だった。
ああ、あれは母が浮気してたんだ。あの男は浮気相手だったんだ。
病室のベッドの上でそんなことを次々思い出した。
そして一番恐ろしかったことは、相手の男の顔をはっきり思い出してしまったんだが
5つ年下の弟とそっくりだったんだよ。
それがどういうことか、大学生にもなればさすがに・・・ね。
父はそれを知ってたのかどうか分からないけど、私が高校生の時に病タヒ。
それを思い出してからは、弟の女癖の悪さや
私の目の届くところに平気でAVビデオや雑誌を放置する無神経さが
あの男の血のせいだって、どうしても思うようになってしまって
元々良くなかった姉弟仲も更に悪化。
一度たまらなくなって母に「小さい頃のあれ、浮気だったんだね」って言ってやった。
でも全然悪びれなくて「だから何?」って言われたわ。
「弟は父さんの子?」って聞いたら「ご想像に任せます」だって。

鳥肌が立つほど母と弟への嫌悪感に耐えられなくなって
体調が戻ってからは卒業までの間、友達のアパートでシェアさせてもらって
決まった就職先も親には教えず遠方に逃げて現在に至る。
実家には一切行っていない。父の法事には早めにひとりでお墓参りに行った。
これからも関わらずに生きていきたい。
せめてあの時、開き直らずに謝ってくれてたら違ってたかもしれない。


652:名無しさん@お腹いっぱい。2017/04/05(水) 18:34:31.97 ID:OjtmrVVwM
2階にダダダっと駆け上がって、
ダダダっと降りてきて
アタシ何しに行ったんだっけ?
っていうのはやっぱり馬鹿だからかな?
とりあえず、タヒぬまで一緒にいることにした。



16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/22(水) 00:06:43.03 ID:+0ecU0ia0
俺が幼少の頃、1~2歳かな?姉が少女雑誌を持ってて、それに描かれてるキャラの顔が人の顔として認識できなかった。 
四角で巨大な目と異様に長い顔と凄まじい程のボリュームの髪が実在する人間とかけ離れすぎてて 
どれが目でどれが鼻でどれが口か何がなにやら解らんかったから、姉に説明してもらった記憶がある。 
もしかしたらキャラの顔を認識してない幼児は居るかもよ。



4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/03/13(月) 02:33:20.58 ID:IcPrk6BQ0
第1子出生時→嫁「恥ずかしいから産んだ後に病院来て」 
現在→嫁「出産に立ち会おうとしなかったクズ旦那」 

記憶を書き換えているくせに、それをあちこち言いふらすんだから困る 
とにかくあちこちで嘘を触れ回っているようで、最近は嫁実家に行くと冷たくされる 
この前は嫁母から「カッとなって手を挙げたくなるのは分かるけど、相手は子供よ」と言われて「?」ってなったわ 
聞くと、「うちの旦那は子供をすぐ殴るからアザができる」と嫁が言ったらしい 
いや、そのアザはお前が殴ってできたんだろうがよ…



11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/20(日) 23:42:15.63
嫁は、ヒスると、記憶が都合よく修正される。

例えば、毎日、家事や育児も手伝っているが、
ヒスられる度に、何もしない最低な夫と罵られる。
嫁からすると、手伝いは「させてやっている」らしい。
因みに、しないと、俺をごみ扱いする。

今も、「風呂の入りかたが汚ない。家事が増える」と、
ヒスりはじめた。掃除は、毎夜、俺がしているのだが…。

何でヒスりはじめるか分からず、精神的にも悪く、
本当に泣きたい。



11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/20(日) 23:42:15.63
嫁は、ヒスると、記憶が都合よく修正される。

例えば、毎日、家事や育児も手伝っているが、
ヒスられる度に、何もしない最低な夫と罵られる。
嫁からすると、手伝いは「させてやっている」らしい。
因みに、しないと、俺をごみ扱いする。

今も、「風呂の入りかたが汚ない。家事が増える」と、
ヒスりはじめた。掃除は、毎夜、俺がしているのだが…。

何でヒスりはじめるか分からず、精神的にも悪く、
本当に泣きたい。



354: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/19(日) 22:33:37.65
具体的にではなくても離婚したいと思ってる人は、かつて嫁のことが好きだった時のこととか思い出せる?
自分は好きだった時とかなかったから、なんとなく責任とる形で結婚したからか今がかなりつらい



823: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/04(月) 17:33:22.49
うちの嫁は、興味のない商品名や人の名前をしょっちゅう適当に覚える。
関ジャニの事も、「せきじゃに」と呼んでしまう、何度も「かんじゃに」だよと教えても。
他にも、タニタの事も、タカタと言っちゃうし、カズレーザーの事も、カズレーサーと。
これでも、高校時代は偏差値60中盤の高校卒業で、俺より頭いいんだけどねー。


このページのトップヘ