警察


288 :可愛い奥様 2018/04/13(金) 00:43:33 .net
友達をDVしていたこと

18くらいの頃、友達の実家にほぼ住み着いてその子を奴隷のように扱っていた。携帯を取り上げて私物化、高校を辞めるようにそそのかし、在宅のテレクラをさせて稼いだお金は没収、寝るの禁止で寝るとお湯をかけた。油っこい料理を作って食べさせて太らせた。
逃げないように常に一緒にいた。
ついには逃げられて、行方を探そうとヤフーメールからその子の友達に連絡したら、これ以上◯子に関わるなら警察に行きます、と言われた。
ごめんなさい。



364 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 19:59:00 ID:s3m5biYL.net
券売機制の飲食店で働いてたときのこと
入店して即席についたお上品そうなおばちゃんにお茶だしつつ券売機制である旨を説明をする
券売機に向かったおばちゃん、万札入れてキャンセル押したのに返ってこないと騒ぎだす
おばちゃん、その券売機ね、小銭と千円札専用なんですけど…?
万札は入らないと説明するもキレてキレて話にならん
本部に電話して対応仰ぎつつ店員ふたりでおばちゃん宥めながら目の前で券売機オープン、やっぱり千円札しか入ってない
するとおばちゃん、店員が取ったんだ!今取ったんだ!返せ!と喚き始める
疑うんなら身体検査でもしたらどうですと言うも最早日本語を発してない有り様
どうしようもねえなーと本部との電話をおばちゃんに渡したところ30秒くらいで黙りこみ、仏頂面で電話突っ返してきてそのまま座席から荷物引ったくって帰っていった
本部に何事でしたかと訊ねたところ、どうにも一週間くらい前から県内で同様の詐欺が多発していたらしく、警察呼びましょうか?の一言でお帰りになったらしい
そんな大事なことさっさと連絡回しておいてくれよ
まあうちでは未遂だしね、他にお客さんいなかったのがまだ不幸中の幸いってやつでした
おばちゃんご来店のときは大人しそうに見えたけどあの荒ぶり様は正直ガクブルだったわ…
そのあとの電話注文が受取に間に合わなくなりそうで死に物狂いで飯作りまくった方が大変だったかもしれん


796 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/07/08(水) 19:59:01 ID:0+HaHH9/.net
今日子供が手ぶらで学校から帰ってきた。
ランドセルはどうしたのと聞いたら、友達のお母さんが重そうだから持ってあげると自転車のハンドル部分にランドセルをぶら下げたまま行ってしまったそうだ。
自転車が止まった先で返してと言っても返してくれなかったそうだ。
突撃訪問したところ、「お子さんの物ではなく、別の子の物だと思ったから返さなかった」と言われてしまった。
名前書いてるやないか~い。
カチムカ


503 :可愛い奥様 2019/03/08(金) 15:20:21 ID:gUVV8ETc0.net
先日うちに警察が来た。駐車違反の罰金支払いを忘れててその催促の手紙を持って来た。以前にもあった。
その時私は居留守をしたんだけど、同じ敷地内で暮らす姑が警察と会ってしまってその警告書を渡されてた。
姑は息子のそういう面倒な事に見ざる言わざる聞かざるの人なんで、いつもは私が対応する面倒でストレスな事少し体験して貰えて嬉しかったわ。
でもあなたの息子はまだまだもっともっと常識越えてますわよ。


706 :名無しさん@おーぷん 2014/12/07(日) 14:18:44 ID:15w
子供の頃の話だけど、俺は小5ぐらいの時に今で言うとこの厨二病を発症しててな。
心霊特集とか、幽霊大集合!みたいな文字の踊る本を読み漁ったり、霊感を開花させる儀式なんかをくそ大真面目にやったりしてたよ。

ある日の夜、いつものように21時には母ちゃんにベッドに強制収容され親父母ちゃん妹は寝室へ行った。(3人は同じ部屋で俺だけが別の部屋で寝てた。)
だが厨二病な俺は「太陽が眠ったこの時間からが霊達の領域だ!」と、こっそり起きてて懐中電灯で本を呼んだり降霊術をやったりして深夜12時~1時あたりまで起きてたんだ。
「今日も降霊は失敗か…。」とベッドに入りうとうとしていると何か違和感を感じた。
なんか下の階で人の気配がする。
親父も母ちゃんも妹ももう寝てる。(イビキが聞こえるから間違いない)
これはもしや…俺が降霊術によって呼び出した守護霊か!?とwktkしていると階段を上る音が聞こえる。
守護霊を呼び出したはいいが、なんと言って声をかければいいか困った俺はとりあえずベッドに飛び込み寝たふりをした。
すると守護霊が上の階にきた。
ギィ…階段すぐの部屋が開いたな。パタッ…。
ギィ…次は物置き部屋か…。パタッ…。
ギィ…俺の部屋に入ってきた。あれ?なんか怖い。こっちの様子を伺ってる気がする。
なんか絶対動いちゃダメな気がする。寝たふりしてなきゃ…。少しするとパタッ…。と出ていった。
それから親父達の部屋にも入ったっぽかった。
みんな気付くな、起きるな、そのまま寝てて!とベッドの中で震えながら祈ってたよ。
守護霊が親父達の部屋を出てミシッミシッと階段を降りてった。
そのまま守護霊は玄関のドアを開けて出ていった。
「あれは守護霊じゃない…間違って大怨霊を呼び出してしまってたんだ…!」と震えた。
親父達は呪われてないか!?とベッドから飛び出し親父達の部屋に「みんな大丈夫か!?!?」と叫びながら入ってった。
親父も母ちゃんも涙やら鼻水やらヨダレやらでグジュグジュになった俺に驚いてた。
親父達に今の出来事を話すと親父は寝ぼけてたんじゃないか?と言いつつ下の階を見に行くとタンスや引き出しがぐちゃぐちゃに荒らされてたらしく警察呼んだり大事になった。
犯人は別の家でも空き巣をやってたらしくすぐ捕まった。
ナイフを所持してたらしく、寝たふりを続けた俺は親に褒められまくったよw
「よく来たな我が守護霊よ!」とかやらなくてほんとよかった。


812 :名無しの心子知らず 2018/11/03(土) 12:35:48 ID:+cXOzVDI.net
流れを読まずに投下。
数年前に夫を亡くし、子供がいない独身生活で、シーズーが2匹いる。
身体を壊し、長期療養休暇中である。
我が家は、川に面した場所に位置し、庭は道路に面している。裏には公園があり、近所の保育園がよく子供を散歩させあそばせて
いるのが前提。
先週の事、病院から戻ってきて、薬を仕分けし、お茶を飲んでいたら、庭に面した日当たりのいい
部屋で寝ていた犬が、当然吠えたので、誰か来たのかなと窓より庭を観たら、4歳ぐらいの小汚い
女児と小学2年生(と、本人が言った)の汚い女児がいた。
で、ピンポンを押そうとしているから、窓を開けて、何の用じゃと聞いたら、
「裏の公園で遊んでいた、喉が渇いたので家に帰ったら、お母さんが彼氏と出かけるところで、
この家ならおばさんがいるから、ジュースでもご飯でも出してもらえる」
要約するとそう言うことを言われて、この家の庭先に車から降ろされたとのこと。
これが、託児?放置子?
当然、ここをずっとロムっていた私は、すぐに警察と児相に連絡。


232 :名無しの心子知らず 2009/06/05(金) 18:01:21 ID:JG0+9gkX
近所の泥ママがGも入ってるグロ虫箱を盗んでいった…
うちに怒鳴り込んでくるとか怒りを通り越して呆れたわ


41 :名無しの心子知らず 2010/03/19(金) 22:12:59 ID:jkeyvVmA
ごめん、まだちょっととっちらかってるから読みにくいかもしれないけど。

先月のこと。
可燃ごみを持って出勤したとき、ちょうど夜勤明けの夫が帰ってきた。
引継ぎに手間取ったのかいつもよりも遅い時間だった。
お互いに声をかけ、私は出勤。
夫はいつもニュースを見て仮眠をとるのだけど、この日は本当にしんどかったのですぐに寝たらしい。
しかも、玄関の施錠を確認せずに!!!

私が帰宅したときに、玄関の鍵が開いていた。
そして、玄関上がったすぐのところに置いていた某派手なピンクのロバ人形(乳児が乗って遊べるサイズ)がないことに気が付いた。
玄関が定位置だったのでなんで動かしたんだろうと思って夫に聞くと(なんと、まだ寝てた)
「え?何のこと?」と要領を得ない。

私はその言葉を聞いて、頭が真っ白になって、夫の胸倉を掴んでゆすりながら、
「ロバ人形がない!!!泥棒だ!警察!警察!!!」
と半狂乱(になったらしい、記憶があいまいで私自身はよく覚えてない)

そのまま警察は現場検証?みたいなことになり(夫は厳重に注意してもらった)指紋とかもとってもらった。
なくなったものは玄関先のロバ人形だけだったけど、もちろん被害届けを出した。
今月頭、警察から犯人が捕まったという知らせが来るまで、ふたりですごく暗い気持ちになってた。


541 :名無しの心子知らず 2009/08/07(金) 11:34:28 ID:EDueC72V
gdgdな流れを変えられるかな?
スカッとはしないでしょうが、スピード解決な案件を一つ。

若い頃買ったペンダント、ちょっとデザインがいかにも過ぎて
つけることはなく、タンスの中で眠っていた。
どうやらそれを盗まれていたらしい。
犯人はAママというのが、次に彼女と会った瞬間に分かった。
なんで分かったかというと、そのペンダント、私の名前が書いてあるから。

私「……それどうしたの?」
A「可愛いでしょ?こないだ買ったの!」
私「いや、可愛いって言うかその模様」
A「うん、この曲線が可愛いよね~。アラビアンって感じで」
私「まぁそれアラビア文字だからね。アラビアンだよね。
  で、そこに書いてるの私の名前なんだけど」
A「え」
私「てかそれ、うちのクローゼットの中にあったヤツだよね。何で持ってんの?」
A「……うそつき!」

そういいながらダッシュで逃げたので、アラビア文字をプリントアウトしたもの持って
A実家(同居している。旦那はマスオさん状態)に出向いた後は早かった。
間違いなく私の名前が彫金してあること、それをつけた私の写真が手元にあること。
本人以外のA家族全員に平謝りに謝られて、一件落着しましたとさ。
警察とか噛ませられなかったのが個人的にはすっきりしないが、まあいいんだ。
警察よりよっぽど恐ろしい村八分状態を味わうと良いよ。


843 :名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日) 01:23:56 ID:yWH
フェイク有り。ちょっと長いです。
他の人からすれば大した修羅場じゃないかもですが書かせて欲しい。


お世話になった上司の送別会に参加した日のこと。
私は近くに座っていた同僚から、Aさんという派遣社員を紹介された。
Aさんは30代半ばの女性.。以前私が所属していたチームに最近配属されたらしい。
そのような理由から共通の知人が多かったので、その場では同じ話の輪の中にいた。

Aさんは少し変わった人だった。
妙にギラギラした目をしておりテンションが高い。
口元は締まりが無くニタニタとずっと笑っているような印象だった。
なにより気になったのは会話中、時折スッと目の色を変えて真顔になり、
テーブルの下に隠したスマホをいじっていたこと。
あまりに頻繁だったので、何か急用を押して参加したのかと思うほどだったが、
初対面だし、わざわざそれについて声をかけることもなかった。

このページのトップヘ