通学


303 :名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金) 03:52:31 ID:8G9
知的障害者に付きまとわれた話しです、苦手な方はスルーして下さい。

私は高校までバス通学でした。
片道一時間バスに乗るんですが、途中に障害者の方が働くような施設ができで
その施設から駅まで、高2の始まり頃から、知的障害者の方が乗るようになりました。
主に3人で、1人は気の強い女性30くらい、もう一人はおっとりした女性30手前くらい、あと1人はフレンドリーな男性40くらいでした。
3人とも話し方に特徴が有り
「今日はいっぱい働きましょう。」
「はい、働きましょう。」
「○○さんは今日は元気ですか。」
「元気です。△△さんは元気ですか。」
「はい、元気です。」
こんな感じで、英語の教科書に載ってる日本語訳みたいな会話をしてました。
ある日この3人のうち、男性の方に声をかけられました。
「こんにちは、僕は○○です。貴方の名前はなんですか。」
悪い人たちではないと思ったので私は名前を教えました。
それからというもの、毎日毎日その男性は私に話しかけてきました。
おかしくなったのは話しかけてから一月ほどたったころです。
男性は「手をつなぎましょう。」と言って私の返事もきかずに手を取りました。
降りるまでずっと離してくれません。
それが毎日続きました。
次の段階はすぐに来ました。
「僕は貴方に抱きつきたいです。」
そう言うなりいきなり力任せに抱きしめられました。
男性の力任せの抱きつきに、苦しくて仕方なくて、思わず助けてと叫びました。
すると事態を察した運転手さんがバスを急停車させて、知的障害者の方に私から離れるように言って引き剥がしてくれました。
私は母に相談し母は施設に連絡をしましたが、施設の人は施設前のバス停まで迎えにくるだけで、他は何の対応もありませんでした。
手をつなぐ日々は続き、3日後に男性から
「キスしてください。」といきなり言われて、口を近づけられました。
思わず顔面をぶっ叩いてしまい、近くで見ていた会社員の方も男性の首元を掴んで引っ張っていました。
バスの運転手さんもバスを急停車させ、物凄い形相で男性を怒っていました。
施設前のバス停についた時、バスの運転手さんは施設の人にあったことを簡単に話してくれて、このままだとバスの利用を拒否すると伝えました。
そのバスの運転手さんとは小学校の頃から顔見知りで、本当に親身に対応してくださったので今でも感謝しています。
その後しばらく男性は見かけなかったのですが、かわりに女性2人から責め立てられました。
「あなたは○○さんの良さをわかっていません。」
「○○さんは素敵な人です。」
「どうして○○さんが傷つくことを言ったのですか。」
「あなたはタヒんだほうがいいです。」
「あなたは社会の役立たずです。」
「タヒんだほうがいいです。」
「役立たずです。」
これが延々と続きました。
運転手さんはその都度、言い続けるなら降りてもらうと車内アナウンスで言ってくれましたが、飽きることなくこのやり取りは毎日続きました。



587 :名無しさん@おーぷん 2015/03/21(土) 03:44:44 ID:5ps
何年か前、学生で電車通学をしていた。
学校が終わり帰るために電車に乗り、座った席の横にカバンが置いてあった。その時は「あー誰か席取ってんのかな?」って思ってたんだけど、席には誰も戻ってこない。
忘れ物だなーと思ったので取り敢えず持っておいて、車掌さんが通った時に声をかけて忘れ物みたいなんで預かってください的なことを言ったと思う。
そしたらその場でカバンの中身を確認し始めて、「何かいります?現金とか。一応こういうのは拾った人のものになるんですよね~。」と言われスレタイ。
当たり前のように「いや、忘れた人困ってるでしょうし結構です。」と断ると、後ろの席に座ってた男の子が友人のなんで僕が預かります。と。
車掌さんが免許証で持ち主であろう人の名前を聞いて合ってるかどうかのやつを確かめ関係性が確認できたので、男の子に引き渡していた。
落し物は拾った人のものになるっていうのも初めて知って衝撃だったし、「このカバンは他人のだから盗まれちゃいけない!」と必タヒに持っていたのに、後ろの席の人が持ち主の友人だったっていうのもちょっと衝撃だった。

このページのトップヘ