離婚願望


725: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/29(木) 13:03:35.31
ある程度ヒステリックになるのは、100歩譲って大目に見るとして、
そのヒステリックになった時に
「人生を返せ」「あなたといるから不幸」
「あの時あーだった」「結婚したくなかった」
とか無理難題めちゃくちゃを言い、
明らかに困らせよう・精神的に追い詰めようとする態度。
その態度をとったとしても、落ち着いたときに謝ればいいのに、それもしない。
それどころか、普段も感謝さえしていない、するつもりもない。

別れるよね…。




67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/12/06(日) 21:40:04.08
糞嫁、「ボーナスが近いから小遣いは?」って聞いただけなのに、罵倒かよ。
挙げ句のはてに「小さいな」だってよ。何様だ、コラ!



105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/12/10(木) 23:20:50.65
仕事(パート)で疲れた、って嫁をフォローし続けて1年近く。家事がほぼ俺の負担になってる。洗い物、洗濯、ゴミ出し、掃除、子供の保育園の準備、飯、買い物。
仕事で疲れてんのはこっちもだよ。
子供の寝かしつけで一眠りして、風呂で寝て、今もソファーで寝てる。
親権取れるように、取れるようになるまで頑張ろう。
もう、いらね。



867: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/15(金) 22:49:13.36
仕事から帰ったらみんな寝ていて、朝起きたらみんな出かけているのが、俺のサイクル。寂しいけど、仕事だし、仕方ないと思ってたんだよ。

嫁は赤字垂れ流しの趣味の教室で先生ごっこ。当たり前みたいに俺の稼ぎから赤字を補填。
娘は生まれつき足が悪くて、小学校に上がった今でも、送り迎えが必要で、俺の休日の午後は俺が学校に迎えに行く。休日は週一回だから、俺の休日は2時で終わる。娘との交流は、この週1日しかない。
娘は幼稚園児以下の大きさしかなくて、嫁は週3で娘と病院通いだ。自分の教室と娘の病院とで、嫁はほとんど家にいない。

今朝起きて誰もいない部屋を見たら、単身赴任してるような孤独に襲われて呆然とした。
俺の生活って何なんだろうって、虚しさがこみ上げてきて、漠然と離婚の文字がよぎった。
何か喧嘩して衝突したんだったら、解決策とか考えることもできたんだろうけど、理由の見えない、曖昧な不安感が拭えなくて気持ち悪い。
嫁が娘の病院通いやら頑張って、疲れて夜早く寝てしまうことも理解しているのに、この先2人と暮らしていくことに、希望とか喜びが今は見出せない。
会社の同僚に話したら「お前、鬱になりかけてないか?」とまで心配された。
なんか、離婚でも良いや。



452: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/24(日) 01:11:25.41
結婚5年目、レス2年。さっさと別れたい。
こっちは、相手のミスはフォローorスルーしているのに、
嫁は同じミス(トイレの電気つけっぱなし)でも、グチグチ言ってくる。

嫁の地元に転居・転職したのに、お義母さんとばかり遊びに行って、自分と遊びに行くのは、クルマでしか行けない買い物スポットのみ。ドライブに誘っても拒否。

嫁も働いているけど、小遣い5万円確保して、家計に入れるのは2万円。で、光熱費は嫁の荒使いで月3万円。
つか、手取りで10万以上あるのに、小遣い確保した残りが2万円とか、計算おかしいだろ。

おかげで、嫁は義母と旅行三昧。俺は自分の小遣い削って、支払い三昧。
しかも、旅行する月は、パートが少ない=給与が少ないってことで、家計に入れるお金なし。

生命保険の受け取りは、自分は嫁だが、嫁は義母。変える気はないらしい。

転居の際、プロパンは高いから嫌とか言っておきながら、嫁の希望で見つけてきた家は、プロパンww
実家まで徒歩圏内なのが決め手だとさ。つか、家賃9万とかアホかよ。

転居前に遊びに行った時のセックルが最後で、一緒になってからは、スキンシップすら嫌がる感じ。はーああorz



261: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/13(日) 22:57:44.86 .net
契約後にグレードアップで300万近く増、坪単価90程に
アホ嫁は無駄に追加追加しまくるし、もう家なんかどうでもよくなって離婚したくなってきた
嫁ぎではないが、糞嫁の実家近くで暮らすのも辛いし
子供ももはやアホ嫁との子と思うと可愛くもない



683: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/15(月) 16:22:01.54 .net
なんかもう離婚しようかな
離婚して好きな子と再婚できるとも思わないけど、好きな子みたいなあんないい子が存在してるって事実にめちゃくちゃショックを受ける毎日…
結婚前から今嫁に「あれ?」と思うことはまあまああったけど、100%理想通りの女性なんてそうそういないし、みんなこれくらいのことは目をつぶって妥協して結婚してるんだって自分に言い聞かせてた

でもほぼほぼ100%理想の女の子に出会ってしまって、上手く言えんが、『この子に限ったことではないが、可愛らしくて心があたたかくて理想通りの女の子というのは、自分が思ってる以上に身近なところに割といるんだ』ということに気が付いてしまった

結婚生活に不満があっても、これに気付かなければこんなに辛くなかったんだろうな


このページのトップヘ