高卒


181 :名無しさん@おーぷん 2017/04/12(水) 19:07:15 ID:8Ke
うちの兄貴は言っちゃ悪いが薄給。
高卒で4年ほどニートしてから親のコネで就職し、オバチャン事務員でもできそうな入力作業をしてる。
母が洩らした話によると手取り13万らしい。
ちなみに高卒なのは家の事情でなく本人の希望。家に金がなかったわけではない。
母が公務員で父は役職にあるので比較的裕福。

そんな兄貴が親戚の仲介で去年結婚した。
相手は日常生活に支障ない程度の、軽い障害がある女性。
女性は仕事を辞めて嫁ぎ、こっちで今パートに出てる。
しかし通院等の事情があり週3以上のパートはできず(前務めていた会社は障害者枠採用で色々融通がきいたらしい)
兄貴の給与と合わせても手取り18万ちょい。
結局暮らしていけず、兄夫婦は親から援助されて生きている。

…ここまでは親経由で知っていた。
しかし今春、久々に帰省して兄の暮らしぶりを見てモヤモヤした。
兄貴は趣味(詳しく言うと叩かれそうだから自粛。オタ系とだけ)をやめず、むしろ収集物は増えていた。
兄夫婦はアパート住まいなんだが、これらは実家に特設部屋があり現役だった。
また嫁さんは一応節約しようと、兄貴に弁当と水筒を持たせていた。
しかし俺の目の前で弁当の中身を捨てる兄貴。
おにぎりはアルミホイルに包まれたまま生ゴミへポイ。
母が俺の分と一緒にとった出前のラーメンを食い、煙草スパスパ吸ってた。
一日3箱吸うそうだ。
母に聞いたら今日だけじゃなく弁当はいつも捨てるらしい。冷たい食い物が嫌いだからだって。
月の小遣いは7万だとか。

「兄嫁さんはそれ知ってんの」
「趣味が続行してるのと、弁当捨ててるのは知らない」
「手取り18万で小遣い7万て有り得ないっしょ」
「向こうは傷もののオナゴだからそういうとこうるさく言ってこんのよ」
自分の親に対し、ここまで幻滅する日が来るとは思わんかった。
両親は小金持ちだか、こんなもん永遠に続くわけない。
いつかは破綻する。
以前から俺だけ進学したことをチクチク言われており兄弟仲は悪かった。
絶対兄貴の負担はかぶらんよう、縁切りを決心したわ。



941 :名無しさん@おーぷん 2016/08/30(火) 11:09:39 ID:AZq
上の学歴の話で俺も思い出した

高卒:大卒の割合が4:6ぐらいのわが社
成果主義なんで頑張ってれば待遇に差は無いが役職などの出世をしていくのはやはり大卒が多い

俺は事情があって高卒組なんで頑張って、何とか平より少し上の役職につけた

そんな時、とある後輩が中途で入ってきた
そいつも高卒らしく歳もそんなに離れてないので意気投合
会社の現状も話し、「高卒組でも頑張っていこうぜ!」とか酒の席で話していた
後輩も一緒に、今思えば曖昧に笑っていた

その後、後輩が実はそこそこの大学の中退だという事が分かった
何でも先の大震災で実家が大変な事になってしまったらしく、通えない状況になり四年次の始めにやむなく中退、となったらしい

俺は事情があって大学すら行けなかったのに…陰で大学行ってた癖に高卒組と同調してたのかよ!
と怒りに駆られた俺は、後輩に仕事を与えなかったり、わざと難しい仕事を丸投げしてミスさせて叱責したり、社内に悪口を吹き込んだりと色々してしまった

結局後輩は神経を病んで辞めていったが、俺自身でも気づいてなかった学歴コンプレックスの酷さに衝撃的だったし、大学歴を隠していた後輩には神経分からん話だった


898 :名無しさん@おーぷん 2017/02/03(金) 22:17:26 ID:vUu
ここはスレ違いかもしれない
離婚から再婚までが修羅場だったということで・・・

高校卒業してすぐに結婚、1年弱で妊娠したけど初期流産した
家で泣いてたらその翌日に元夫が養護施設から里親をあっせんしてもらうといって
そういう団体の資料をわんさか印刷して持ってきた
元夫の中では一度の流産で私が不妊女に認定されたらしくて
「もうどんなに頑張っても血のつながった子は抱けないんだ」と泣いて見せたり
「だったら世の中に貢献しようって思わない?」と里親制度のパンフレットを見せられたりした
初期流産はよくあることで、私はまだ二十歳だから希望はあるからといっても
「いいよ無理しなくて・・・」と弱々しい笑み
そのあと姑に「うちの嫁、不育症だって」とよくわからない電話をしてるのも聞いた

養子話には当然抵抗してたけど、NPOの面接に行くからきれいにしてきなって言われて
我慢できなくなって実家に逃げた
両親に「離婚なんてみっともない」と叩き出されて、当時まだ独身だった姉のところに泣きついた
姉が怒って弁護士探してくれて22歳で離婚
元夫に「学も職もない女が食っていけると思ってるのか」と嘲笑されたのを覚えてる

その後は姉の支援でアパートを借りて事務バイトを始めたけど、夫の言う通り私みたいなのが
一人で食っていくのは本当に大変で、最初の職場では漫画みたいな新人いびりを受けた
1年の契約満了まで頑張ってエクセルとワードを覚えて、辞めた後に簿記2級を取った
次の職場ではいきなり役員秘書(見習い)にしてもらって喜んでたら、実際は若い女を
セクハラジジイにあてがいたいだけだったみたいで、セクハラから強姦されかけて逃げた
事務仕事は向いてないのかもと思ってスナックみたいなところで働いていたら
お客さんに「うちにおいで」と誘ってもらってまた事務職を始めた
簿記を取ってたので「実務を経験しな」と経理をさせてもらって嬉しかった
そこで今の夫に出会って結婚、いきなり三つ子に恵まれてタヒにそうなくらい大変だったけど
義母がとてもいい人でサポートしてくれて、仕事にも復帰できて、子供たちは小学生になった

このページのトップヘ