CO


688 :名無しさん@おーぷん 2017/02/11(土) 23:24:46 ID:wsO
「衝撃的」になるのか「神経わからん」になるのか「友やめ」になるのか
投下するスレに悩むところだけど、全部ひっくるめてとりあえず「友やめ」で。

大学生の頃に、友達のA子(仮名)が3つ年上の私の兄と付き合っていた。
ふたりとも特撮ヲタでガメラだゴジラだと盛り上がってて
私にはさっぱり分からないが、デートといえば兄の部屋で同じ作品をDVD鑑賞したりフィギュアで遊んでた。
その兄が事故で急タヒ。A子は号泣し、私ももしかしたらお姉さんになってたかもしれないA子の涙に更に号泣。
そして四十九日が過ぎ納骨も終わった頃、A子が「私なんかがこんなことをお願いするのは失礼だと思うけど」と前置きしたうえで
「兄との思い出になるものを頂くわけにはいかないか」と言ってきた。
母も兄がA子と付き合ってたことは知ってたし、そんなに思ってくれていたのならと了承。
私が兄の部屋に案内して、A子自身で選んでもらった。
A子が選んだのは特撮フィギュアの未開封のものを5箱と、なんとかっていう造形作家(忘れた)の完成品1体。
なんで5箱も?形見分けなら完成品1体でよくね?と思ったものの
「ふたりで組み立てる約束してたもの。彼に変わって私が完成させたい」とか言って
母に一応、こんなふうに言ってるけど・・・と話したら「ならそうしてもらいなさい」と。
そして持って帰った。
後日、友人B子になにげにその話をしたところ、B子が冗談半分で「オクにでも出してるんじゃない?w」って言って
B子がA子のID知ってるからと検索かけてみたら、まさかのビンゴ。
結構ショックだった。なんか兄の思いを汚された気がして。
しかもどれも回転寿司状態で全然売れてねーしw
3周目で見かねて自分でID作って、質問欄からまず「まとめて落札できますか?」と聞いてみた。
「もちろんです!おいくら希望でしょうか?」と聞いてきたので、
「いくらなら即決できますか?」と聞いたら結構強気な値段で返事があった。
評価ゼロの初心者だと思って強気に設定したのかもしれない。
「了解しました。その金額で入札しますのでよろしくお願いします」、で、入札。
早速A子から取引の為のファーストメールが来た。(当時は取引ナビではなく、メールでやりとりしていた)
間違いなくA子の名前、住所、だった。
型通りに希望振込み先、希望発送方法、それに私の住所と名前を書いて返信した。
即、私は取り消された。
A子には大学内に同じ特撮ヲタの仲間がそこそこいたが、ことの顛末をB子が爆発的に触れ回ってくれたおかげで
仲間も友人も離れて行った。
もちろん私もA子とはそれを機にCOした。



121 :名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木) 20:00:47 ID:BMsfDTbgy
先週なんだけど、ネットの女叩きを信じ込んだ高校時代からの同級生の男友達と縁を切った。
大学近くの居酒屋にそいつともう一人一つ年下の後輩の女の子とで行ったんだけど、話と酒が進むうちに男友達が「一方的な理由で彼女に捨てられた」と恨めしそうに愚痴をこぼすので話を聞いた。
すると彼は彼女に「お互い卒業して就職したらすぐに結婚しよう。そしてすぐに子供作って出産3日前くらいまで仕事して産んで3日ぐらい経ったらまた仕事してほしい。社会で輝く君の姿を見たいんだ。育休や産休とか論外だから」
と愛の告白と未来設計図を同級生の彼女に言ったら即効で捨てられたらしい。
「意味がわからない」とか「寄生する気だったのかよ」とずっと言い続ける。
ちなみに私と男友達はともに大学三年生。学部は私だけ理系の学部で二人は文系の同じ学部。男友達の元カノは後輩の同期で私の友人。
誰も就職していない上に男友達は単位不足で進級すら危ぶまれている。
正直それで寄生はないだろと思っていると、男友達が「これだから女は」と女の前で言い出した。
後輩と適当に愚痴をスルーしながら資格試験の話でもしていると、急に「そうだレポート手伝えよお前ら。単位補うのにやんなきゃなんねえんだよ」と言われたので、後輩とお互い自分の分があるからと即断ったのだがとにかくしつこかった。
「そんなに急ぎなら帰ってやれよ」と言えば「こっちはどれだけ必タヒにやっても女様はすぐこう言うもんな」となぜか性別をネタに不満ばかり。
その後も「女はすぐに楽したがる」「悲劇のヒロインぶって休んでばっか」「ニワトリだって毎日卵産んでピンピンしてるのに女ときたら」
破局のショックで酷い酔い方してんのはわかるけど、愚痴の大半がブーメランかつ非常識なのと、ここまで言われ続けるとかなりイライラしたので、
「じゃあニワトリと結婚すればいいじゃない」と言って自分と後輩の分を会計して後輩と一緒に帰った。
以降ラインもツイッターもブロックして連絡を絶ってたら、昨日風の噂で元男友達が留年したことを知った。

このページのトップヘ